通常配送無料 詳細
残り12点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
奇界紀行 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ひいな文庫
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 初版・帯              qp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

奇界紀行 単行本 – 2015/12/25

5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 1,250

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 奇界紀行
  • +
  • 世界の廃墟
  • +
  • 奇界遺産
総額: ¥7,948
ポイントの合計: 241pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

見るもの、
出会う人、
みな奇妙。

タイの海中に石像を探し、インド最高の聖者を訪ね、廃墟チェルノブイリに彷徨い、澁澤龍彦の足跡を辿り、謎の古代遺跡に呪われ、アフリカの呪術師と対峙し、南米のUFO村で人々の優しさに触れる……そこには世にも奇妙な世界、「奇界」が広がっていた。
TBS系「クレイジージャーニー」の出演で注目を浴びる『奇界遺産』写真家・佐藤健寿、奇界なる旅の全貌を綴った本格フォトエッセイ! 未公開写真多数収録。
装丁:コズフィッシュ(祖父江慎+鯉沼恵一)

内容(「BOOK」データベースより)

TBS系「クレイジージャーニー」の出演で注目を浴びる『奇界遺産』写真家・佐藤健寿。奇界なる旅の全貌を綴った本格フォトエッセイ!未公開写真多数収録。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 320ページ
  • 出版社: KADOKAWA/角川学芸出版 (2015/12/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4046213442
  • ISBN-13: 978-4046213440
  • 発売日: 2015/12/25
  • 商品パッケージの寸法: 18.4 x 12.8 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 306,807位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
GWでどこにも行けない方にはうってつけの旅ガイド。
全世界の奇怪で珍奇なスポットをピンポイントで説明してくれます。(ФωФ)
奇界遺産の作者ですがあちらは写真集的な仕上がりでビジュアル中心でしたが、本書は写真はモノクロで紀行文中心ですので最初は少し物足りなく感じるかも知れません。
ですが自宅で異界に思いを馳せるにはなかなかこのスタイルも悪くなく昼酒を遣りながらちょっと読んではウトウトしたり庭の小鳥をウオッチしたりするには合います。たまにタブレットで本文のスポットを検索するとしっかり沢山の画像も見れたりして、さても現代には奇界はあっても秘境はないのだな、とちょっと淋しくなりました。
妙に心に残ったのは奇界では全然ないのですが幻のコーヒー、コピルアックのはなし。インドネシアの麝香猫が食べて実だけ消化して出してきたウンチのなかのコーヒーの種を収集して作るという超希少なもの。現地価格でも一杯三千円、日本ならその三倍という代物です。なんというか製法もさることながら値段もびっくりで、生きてるうちに是非一杯は飲んでみたいなあと、また一つ目標が増えてしまうのでした。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
著者の奇界遺産は写真中心でしたが、こちらは写真と文章が1対3ほどの割合。写真は白黒であるが文章を読みながらめくったページに写真がでてくるとぎょぎょっとするようなかなり怖い写真もある。著者の本は写真中心と思っていたが、文章もかなり面白い。最後の2つの章チェルノブイリとブータンについては印象がいつもとはことなり普通のジャーナリスト的な内容だが、指摘は的確、原発の放射能の話、幸せの国ブータンはただの普通の国。著者の文章をもっと読みたくなった。 
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック