通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 OLD PADDY
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【帯無し】カバーにいたみが少しありますが、その他に使用感は少なく概ね良好な状態です。◆Amazon専用在庫につきキャンセルはありません。 ◆全品簡易クリーニング済み。◆ビニール梱包+茶封筒で発送。◆ゆうメールで通常ポスト投函なので、不在時でも受けとれます。(但し商品の大きさやポストの大きさによって一部例外あり)◆付属品がある場合には、その旨を明記しております。説明にないものは付属しないものとお考え下さい。◆Amazonの登録状況によってカバーデザインが異なる場合があります。その他に◆クリスタルパックに入れ商品を保管していますので、保管中のイタミはありません。◆不具合がありましたら対応いたしますのでご連絡ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫) 文庫 – 1991/8/1

5つ星のうち 4.4 320件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 3,041 ¥ 1,080
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 823
¥ 820 ¥ 409

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

--このテキストは、単行本版に関連付けられています。
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
  • +
  • 「超」入門 失敗の本質 日本軍と現代日本に共通する23の組織的ジレンマ
  • +
  • 組織の不条理 - 日本軍の失敗に学ぶ (中公文庫)
総額: ¥3,221
ポイントの合計: 100pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ビジネス書大賞2017 大賞作品決定!
大賞は『サピエンス全史(上)(下)』、準大賞『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』 他 >> 今すぐチェック

登録情報

  • 文庫: 413ページ
  • 出版社: 中央公論社 (1991/8/1)
  • ISBN-10: 4122018331
  • ISBN-13: 978-4122018334
  • 発売日: 1991/8/1
  • 梱包サイズ: 15.2 x 10.7 x 1.7 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 320件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 124位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
1984年、つまり失われた20年の前に、日本の組織の弱点を指摘している良書。

第二次大戦の日本軍の失敗を題材に、今日にも十分通用する教訓を得られた。日本軍の弱点は、全てでは無いにしろ官庁や企業に引き継がれている。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
WW2の局地戦のCase Studyを通じて、
日本人がやりがちな組織的失敗を論じた良書。
組織で働いている人なら、似たような場面に
何度も出くわしているのでは無かろうか?
いや、日常の中でも、TVの中でもあふれてるのではないか?
我々の先祖が尊い血を流し得た教訓を生かすことが、
歴史を学ぶということである。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
旧日本軍がいかにひどかったかをよく分析している。間違った愛国心から、失敗を分析しない人が多いが、その点で本書は貴重に思える
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
組織的な「必然的」失敗を学術的に炙り出す良書。

組織にマネジメント層として関わる人間は必読。
自分の会社に当てはめて考えると、ほとんど全ての失敗の類型がこの本に現れている。
この失敗を避けることでいきなり大きく成功するわけでもないが、失敗を回避するためにはこういった大きな失敗を(座学であっても)学ぶ必要がある。

本作をまだ読んでいない、上司や部下にプレゼントしてみてはいかがでしょうか。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
前大戦で無残な失敗を喫した6つの作戦(ノモンハン事件は大戦前だが)を題材に、当時の日本軍組織、ひいては日本型組織の弱点、問題点を炙り出そうとする試みには強く共感するところであり、またこの様な試みを今を遡る事30年以上前に行った事だけでも、大きな評価に値するし、後世に与えた影響もまた大きなものであろう。

その上で敢えて厳しく見て行くなら;
1. 第一章の6つの作戦概要は、既に大戦史に通じている者には冗長に感じ、流し読みとなるだろう
しかし逆に言えば、この書は戦史に通じていない多くの人に門戸を開いており、大きな欠点とはならない。

2. あくまでも学術的、理論的であろうとする故に、若干組織論のミクロな部分に入り過ぎているきらいが有る。
勿論、この本の趣旨は「日本軍の組織論的研究」であるので、そうなる事は避けられないし、その理論の中にも大いに参考になり、示唆に富むものが有る。

ただ、前大戦の大きな失敗を、全て組織論で論じようとする事には若干の無理も有るだろう。
日露戦争以降の流れで、物量・科学力等の総合国力の隔絶した強豪国と全面戦争を行う事になった時点で、当時の知性ある日本人はそれが無謀である事に気が付いていたのではないだろうか。数十年前にこの国には今の日本人と別の人種 -無謀な愚か者
...続きを読む ›
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
よく日本は他国と戦争前に自国で戦いをしていると言われますが正に自国同師で戦争してて此れでは勝利しません。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 やべ 投稿日 2017/1/31
形式: Kindle版 Amazonで購入
日本的組織を的確に分析した、よい本だと思います。名著と言われるのもわかります。
ただ、いかんせん題材が軍隊なので、実感するのがなかなか難しかったですね。平和に感謝。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 VTSTORM 投稿日 2017/1/26
形式: 文庫 Amazonで購入
戦争を実にさまざまな視点で分析しており楽しめた。読売新聞社の「検証 戦争責任」を読んでから読んだため、史実の裏にこうすべきだったという肉付けができてより理解が深まった。。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
当時の軍組織や日本人の特質がよく現れている本だと思いました。
この本により、今までの片面だけの歴史が解消された気がします。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
もともと日露戦争に奇跡的に勝利した成功体験が尾を引いている、という解釈は「なるほど」と思わせた。それは大艦巨砲主義だけでなく、「苦境にたっても諦めなければ道は開ける」という精神論的で安易な未来予測になりたっていた、というように読み取れた。諦めない精神力で当時まで日本は発展を遂げていた、と自己肯定し、未来にもそのままそれが当てはまると信じたかったというところだと思う。確かにそんなうまくいかないし、コンティンジェンシープランがなければ一つ破綻すればすべてが終わり、というのも理解できる。しかし、当時の日本にコンティンジェンシープランを用意する力はあっただろうか。たとえば「補給は敵から奪う」という戦略に対してコンティンジェンシープランを用意できたのだろうか。あるとすれば、「攻撃しない」とか「撤退する」しかなく、それではおそらく戦争に負けてしまう、という現実がありコンティンジェンシープランなんか考えず成功だけを信じて突き進もうよ、という戦略しか取れなかったのだと思う。どちらにせよ既に90%の敗北が確定しているところでは、起死回生の一打にかけるしかなかったのだろう。

またこれは人の命を扱う戦争という極めて特殊な状態でのことで、それは現在の企業活動と同じレベルの責任感や重大度では考えるべきではない。著者たちも「現代の組織はこの書籍から失敗しないことを学び取るべきだ」とは言っ
...続きを読む ›
1 コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー