無料のKindleアプリをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで今すぐKindle本を読むことができます。Kindleデバイスは必要ありません 詳細はこちら

Kindle Cloud Readerを使い、ブラウザですぐに読むことができます。

携帯電話のカメラを使用する - 以下のコードをスキャンし、Kindleアプリをダウンロードしてください。

KindleアプリをダウンロードするためのQRコード

携帯電話またはEメールアドレスを入力する

リクエストを処理しています...

「リンクを送信」を押すと、Amazonの利用規約に同意したことになります。

お客様は、AmazonまたはAmazonの代理業者からのKindleアプリに関する自動テキストメッセージを、上記の携帯電話番号に受信することに同意するものとします。同意は購入の条件ではありません。メッセージおよびデータ料金が適用される場合があります。

裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


失敗の予防学―人は、なぜ“同じ間違い”を繰り返すのか 単行本 – 2007/10/1

5つ星のうち4.1 10個の評価

価格
新品 中古品
単行本
¥500

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「まさか!」「またか!」―誰でも「頭の中が真っ白」になったり、「顔から火が出た」りした経験があるはず。しかし、失敗は「事前の対応」しだいで、必ず防げるものなのだ。では、どうしたら防げるのか―?「失敗学」の第一人者が、過去の失敗例を「科学の目」で徹底的に解剖し、その予防策を体系的にわかりやすくまとめた画期的な本。個人の成功でも、また会社の発展においても、今、一番必要とされる「考え方」がここにある。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

中尾/政之
東京大学大学院工学系研究科教授・博士(工学)。1983年、東京大学大学院工学系研究科修士課程修了後、日立金属(株)に入社、磁性材料研究所に勤務。1989年、H M T Technology Corp.(米国カリフォルニア州)に出向し、磁気ディスク生産設備の立ち上げに従事。1992年より東京大学工学部助教授、2001年より現職。ナノ・マイクロ加工、加工の知能化、科学器械の微細化などの生産技術に関する研究に従事すると同時に、失敗学のエキスパートとしてテレビや新聞などのメディアでも活躍している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ 三笠書房 (2007/10/1)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2007/10/1
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 単行本 ‏ : ‎ 238ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4837922414
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4837922414
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.1 10個の評価

著者について

著者をフォローして、新作のアップデートや改善されたおすすめを入手してください。
Brief content visible, double tap to read full content.
Full content visible, double tap to read brief content.

著者の本をもっと発見したり、よく似た著者を見つけたり、著者のブログを読んだりしましょう

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.1
星5つ中の4.1
10 件のグローバル評価
星5つ
37%
星4つ
37%
星3つ
26%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2015年1月16日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2015年5月27日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2008年6月21日に日本でレビュー済み
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2007年10月3日に日本でレビュー済み
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2011年1月22日に日本でレビュー済み
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2007年10月13日に日本でレビュー済み
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2010年1月4日に日本でレビュー済み
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 失敗は成功に至る道筋のひとつだとわかれば、
ユーザー名: AURON、日付: 2010年1月4日
致命的な失敗でなければ、どんどんこなすことが成功に到達するための道筋となる。目的、目標を適切に設定できれば、手段の失敗は、迂回するなり改善していけば良い。
この本は工学的な失敗でなく、事業経営、管理、意思決定の失敗と成功にひかりをあてている所が特徴である。
其の分、読み易いが応用が難しい。
同じ”ような”失敗を避けるには、強力な意思と有効なデータが折り良く予防策にむすびついていかないといけない。
組織不良とまではいわないが、カリスマ的経営者、管理者、リーダーが言い出した事を、批判的に検証するような事が、明示的にできる環境は稀だろう。
またマニュアルの抜け道、裏技の開発をどう捌くのか、これも難しいポイントだと思われる。
ナレッジマネジメントが明確に廻せる分野だが、これもまたハードルが低くはない。
失敗を活かす、あるいは失敗を乗り越えるための、予行演習として読むのがよいであろう『予防学』である。
八甲田山の事例の考察は秀逸。今後の随筆などで、より詳しい分析や感想など、ぜひ読んでみたい。
畑村先生の作品とはひと味ちがう、失敗学のビジネス書。
トヨタ式生産方式のさらに一歩ふみこんだ分析など、今後失敗学の視点からやってみると、成功学としての層の厚みが増すのだろうと思われる。
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する