¥ 3,456
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
失われてゆく、我々の内なる細菌 がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

失われてゆく、我々の内なる細菌 単行本 – 2015/7/2

5つ星のうち 4.9 20件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2015/7/2
"もう一度試してください。"
¥ 3,456
¥ 3,456 ¥ 4,400

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 失われてゆく、我々の内なる細菌
  • +
  • あなたの体は9割が細菌: 微生物の生態系が崩れはじめた
  • +
  • 土と内臓 (微生物がつくる世界)
総額: ¥8,532
ポイントの合計: 257pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

19世紀に始まる細菌学によって、人類は微生物が病原になりうることを知った。
そしてカビに殺菌力が見出される。抗生物質の発見である。以来この薬は無数の
命を救う一方、「念のため」「一応」と過剰使用されてきた。これは、抗生物質は
仮に治療に役立たなくても「害」は及ぼさない、という前提に基づいている。しかし、
それが間違いだとしたらどうなのか――。

人体にはヒト細胞の3倍以上に相当する100兆個もの細菌が常在している。つまり
我々を構成する細胞の70-90%がヒトに由来しない。こうした細菌は地球上の微生物の
無作為集合体ではなく、ヒトと共進化してきた独自の群れであり、我々の生存に不可欠だ。
構成は3歳くらいまでにほぼ決まり、指紋のように個々人で異なる。その最も重要な役割は
先天性、後天性に次ぐ第三の免疫である。しかしこの〈我々の内なる細菌〉は抗生剤の導入
以来、攪乱され続けてきた。帝王切開も、母親から細菌を受け継ぐ機会を奪う。その結果生じ
る健康問題や、薬剤耐性がもたらす「害」の深刻さに、我々は今ようやく気づきつつある。

マイクロバイオーム研究の第一人者である著者は、この問題に対して実証的に警鐘を鳴らすとともに、
興奮に満ちた実験生活、忘れがたい症例や自身の腸チフス感染などを通じて、興味深いが複雑な
マイクロバイオームへの理解を一気に深めてくれる。その案内人とも言えるのがピロリ菌だ。
19世紀にはほぼ全ての人の胃にありながら、21世紀の今は消えつつある。そのピロリ菌の
本態に迫ることは、マイクロバイオーム全貌解明への指標となりうるかもしれない。

著者について

マーティン・J・ブレイザー
Martin J. Blaser
ニューヨーク大学トランスレーショナル・メディシン教授(Muriel and George Singer Professor)。微生物学教授。米国感染症学会元会長。2013年、米国芸術科学アカデミー会員に選出。 30年以上にわたってヒトの健康と細菌の関係について研究を行い、現在はニューヨーク大学のヒト・マイクロバイオーム計画を率いている。本書が抗生物質の過剰使用に対して鳴らした警鐘の影響は大きく、『タイム』誌は2015年、著者を「世界で最も影響力のある100人」のひとりに選んだ。
主要な著作にJohn E. Bennett, Raphael Dolinとの共編による感染症のロングセラー教科書 Mandell, Douglas, and Bennett’s Principles and Practice of Infectious Diseases (Saunders, 8th edition, 2014)がある。一般向け著作は本書が初。


山本太郎
やまもと・たろう
長崎大学熱帯医学研究所・国際保健分野主任教授。1990年長崎大学医学部卒業。長崎大学大学院博士課程病理学系専攻修了(博士医学)。東京大学大学院医学系研究科博士課程国際保健学専攻修了(博士国際保健学)。 京都大学、ハーヴァード大学、コーネル大学、及び外務省勤務等を経て現職。
著書に『ハイチ――いのちとの闘い』(昭和堂)『感染症と文明』(岩波新書)『新型インフルエンザ』(岩波新書)ほか。翻訳書にジャック・ペパン『エイズの起源』(みすず書房)ほか。


登録情報

  • 単行本: 304ページ
  • 出版社: みすず書房 (2015/7/2)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4622079100
  • ISBN-13: 978-4622079101
  • 発売日: 2015/7/2
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.5 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 20件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 5,099位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
一般的に、細菌はなにか悪い事をしているように受け止められてきた。本書を読めば、そういう認識が完全に間違いであることがわかる。胃潰瘍、胃がんの原因となるピロリ菌でさえ、その機序ははっきりとしないが、胃食道逆流症、食道腺癌や喘息の発症を抑えているらしい事がわかる。また、多くの家畜に対して、総量とするとヒトに投与されるよりもかなり大量の抗生物質が、「感染予防目的ではなく」「体重増加目的」で投与されているとの事だった。初耳である。そして、そういう食肉を食べると残留する抗生物質も食べることになる。それがどれくらい影響するかは不明だ。ほとんどの食肉は焼くか、ボイルするからである。焼いたり、ボイルすると抗生物質はどうなるのだろう。
 それ以上に、ただの風邪(ウイルスで生じる)に対しての抗生物質の不必要な投与をはじめとした、不要かつ過量かつ、不適切な抗生物質の投与による人体、動物の正常細菌叢への影響が、人類にどういう影響をこれから与えていくか?についても著者は憂慮している。帝王切開の問題も初耳だった。帝王切開と細菌叢の関係など、考えた事も無かった。とにかく、感染とか細菌に興味がある方には是非読んで欲しい。そういうモノに興味が無くても、大げさに言えば、人類の未来に興味がある人にも読んで欲しい。10年後、20年後の感染症事情を考える縁にして欲しいと思う。良い本でした。。広く読まれて欲しい。
コメント 52人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
本書は、長年にわたり細菌の研究に携わってきた著者が、抗生物質の過剰使用によって人間内外に存在する常在細菌が<動揺>していることに、警鐘を鳴らしたものである。

文体の妙(と、訳者の力)か、衝撃的なエピソードと具体的なデータを交えつつ淡々と語る著者の文章は、専門知識の全くない私をもぐいぐいと引き込んでいく。それと同時に、無批判にこれほど多くの抗生物質が身の回りで使用されている事実に、改めて背筋が寒くなる感覚を覚えた。

薬剤耐性菌による死者は、日本国内ではあまり報じられることがないように思う(時折テレビのバラエティーで扇情的に『薬剤耐性菌の恐怖!』などと報じられている程度か)。心情的には、日本ではそれほど抗生物質の過剰使用がされていないからなのだ、と思いたい。しかし医療行為によらずとも、食肉の残留物質や飲料水など、我々は日々微量の抗生物質によって内なる細菌を<動揺>させている。しかも困ったことに、それがどのような影響を及ぼすかはまだ分かっていないのである。

著者の言うように抗生物質が必要な状況というのは確実に存在する。だが問題なのは、「必要かどうかわからないのでとりあえず抗生物質を使う」という医療の現実と、「抗生物質の好か範囲はあまりに広く、病原と無関係な細菌をも死滅させてしまう」というその強力さなのだ。
...続きを読む ›
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
腑に落ちることだらけである。なんでも除菌、殺菌、消臭するのがあたりまえになったいまの社会で、逆に増えている病気の典型が、小麦アレルギー、花粉症、潰瘍性大腸炎、胃食道逆流症、そして肥満。これらの病気は私たちを宿主としている常在細菌の多様性とバランスが、抗生物質という「大量破壊兵器」によって失われていることと関係がある、というのが本書の主張するところだ。抗生物質によって内側から常在菌が無差別攻撃をくらっている一方で、私たちは身体や生活環境をせっせと殺菌、除菌している。本書によれば、私たち一人ひとりがヒト細胞の3倍以上の細菌を住まわせている――これには衝撃を受けた。まるで私たちの体は細菌の銀河系のようなものだ。本を読んだ直後に品川駅に行く用事があり、下りエスカレーターに乗って、向かってくる上りエスカレーターの人たちのことを眺めながら、まるで駅全体がたくさんの銀河からできている宇宙のように見えた。私たち一人一人が細菌の集合体であるという感覚を得てからというもの、自分自身がその統治者であり管理人であるような気持ちで過ごしている。お腹がすいたら「わが王国に食料を補給せねば」と思うし、お風呂に入ると「王国の民(細菌)たちが喜んでいる」などと思う。そしてなにより、民を傷つける抗生物質のような薬物は極力避けなければ、と思う。考えてみれば過去3年のあいだにも、副鼻腔胃炎症、肺炎でジスロマックなどのかな...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 これまでさまざまな感染症の治療や予防において絶大なる役割を果たしてきた抗生物質。しかしいま、その抗生物質を過剰に使用することによって、わたしたちの健康に新たな問題が生じているという。本書は、ピロリ菌の研究でも知られる微生物学者による、医療と社会に対する問題提起の書である。
 著者の基本的なメッセージは明快だ。抗生物質は、病原菌のはたらきを抑制することによって、わたしたちの健康に貢献する。しかしそれは同時に、わたしたちの体内に常在する細菌たちにも大きなダメージを与えてしまう。周知のように、わたしたちの体内には数えきれないほど多くの細菌が存在するが、そのなかにはわたしたちの免疫系や病気への抵抗性において重要な役割を果たしているものもある。それゆえ、抗生物質を過剰なまでに使用していると、そうした体内の貴重な細菌が失われ、却ってわたしたちに不健康がもたらされることになる。具体的には、胃食道逆流症、喘息、肥満、さらには若年性糖尿病やセリアック病などの、いわゆる「現代の疫病」の増加がまさにその結果ではないか、とそういうのである。
 本書は、以上のアイデアが生まれた経緯と、そのアイデアが実証される過程を丹念に述べていく。従来「悪者」とされてきたピロリ菌の好ましい面を指摘するなど、そのアイデアはある意味で「異色」でもあるため、それが実証されていくさまは読んでいて爽快だ。また著
...続きを読む ›
コメント 49人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック