失われた週末 [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

失われた週末 [DVD]

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 1,620
価格: ¥ 919 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 701 (43%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、スマイルブックス ☆プライム商品は土日祝日も休まずに発送致します☆が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:3¥ 569より 中古品の出品:9¥ 296より

この商品には新しいモデルがあります:

失われた週末 [DVD]
¥ 1,800
(5)
在庫あり。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: レイ・ミランド, ジェーン・ワイマン, フィリップ・テリー, ドリス・ダウリング
  • 監督: ビリー・ワイルダー
  • 形式: Black & White, Limited Edition
  • 言語: 英語
  • 字幕: 英語, 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
  • 発売日 2004/10/27
  • 時間: 100 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0000QWWVY
  • JAN: 4560128829700
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 221,013位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   1945年度アカデミー賞作品 / 監督 / 脚本 / 主演男優賞を受賞。名匠ビリー・ワイルダー監督が、アルコール依存症に陥った男の不安心理をシリアスに描いた秀作である。売れない小説家のドン(レイ・ミランド)は、自分の恋人と兄を音楽会に行かせ、その隙に外に出て酒をのんだことから兄を怒らせ、週末をひとりで過ごすはめに。それでも懲りずに酒を求めて再び街に出てさまよう彼は、ふと気が付くとアル中収容所の中におり、恐怖のあまり脱出して家に帰るが、今度は幻覚を見るようになり…。
   当時としてはあまりの衝撃的内容に、300人の試写会が終わったら50人になるほど不評だったという。持ち前のコミカル色を一切排したワイルダー監督の意図が伝わるには少々時間がかかったようだが、結果としてはオスカーをもたらした。それまで大根役者と呼ばれていたレイ・ミランドは本作で認められるが、以後、アル中や精神異常、情緒不安定な役柄はオスカーを獲りやすいというジンクスも生まれた。(的田也寸志)

内容(「Oricon」データベースより)

名匠ビリー・ワイルダー監督が、主演にレイ・ミランドを迎え、アルコール依存症作家に迫りくる恐怖と苦悩をリアルなタッチで描いた衝撃の人間ドラマ。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
 主人公ドンのアルコール中毒からの回復を願い、主人公の兄は郷里での弟の病を根治させるため一緒に帰郷するように弟ドンを促す。ドンはこれまで何度も回復を願う兄の期待を叶えることができなかった。寛大な兄のはからいも今回が最後だと知りつつも、兄の目を盗んで酒を買いに行き、裏切ってしまう。兄への罪責もつのり再び、幻覚も見えるほどの中毒者となってしまう。主人公ドンは作家になるためにニューヨークへ上京し、作家として程々に認められ大学を中退した。しかしその後作品を書くことができずに、アルコールにのめり込む。作家になるという志の強さを知りつつも他の仕事で生活を立てることを兄は勧める。雑誌社に勤務する恋人グロリアはドンを救い、ドンの作家になるという夢をも叶えんと献身する。さて、主人公ドンの結末はいかになるのであろうか。その一週間の出来事を描いたのが本作である。
 現在から50年ほど以前に発表されたということが信じられない位、本作のテーマはむしろ現代的である。現代的というよりも普遍的といった言葉が適当であるかもしれない。全体を通じ、恋人グロリアの描写等、もうあと少しの細かい描写が欲しいと筆者は思うが、仮にこれだけの所謂おいしい話題の詰まった本作をリメイクしてオリジナルを越えられるであろうか。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す