中古品
¥ 77
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 ふわふわ天国
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ▼お読みください▼発送はゆうメールとなります。土日祝日は休業日の為、発送を行っておりません。1~2営業日で発送させて頂きます。 ※帯や付属品(CD・DVD・特典)の欠品、色あせ、キズ、ヨレ、書き込み等がある場合がございます。神経質な方は事前に状態確認をお願い致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

夫婦力―夫の「話し方」で夫婦はこんなに変わる 単行本 – 2008/8/30

5つ星のうち 4.6 12件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 77
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

夫婦関係が子どもの成長に与える影響は重大。会話がない、セックスレスでは、夫婦関係どころが子育てもうまくいかない!?汐見先生が編み出した方程式に基づき、妻や家族との円滑なコミュニケーションの術を学べる本。 コミュニケーションが苦手な男性、特にお父さん必見。ちょっとした心配りとコツを知っていれば、夫婦関係はグッとよくなる。家庭のみならず、職場での人間関係もきっとスムーズになるはず。たくさんの実例も提示。

内容(「BOOK」データベースより)

コミュニケーションが下手なお父さんへ。読めば、身につく妻との「話し方」。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 175ページ
  • 出版社: 岩崎書店 (2008/8/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4265801722
  • ISBN-13: 978-4265801725
  • 発売日: 2008/8/30
  • 商品パッケージの寸法: 1.2 x 13 x 19 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 45,410位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
日本人の夫婦にありがちな、夫のコミュニケーション能力のなさの理由を解説している前半がとてもよかった。
妻から「わけわかんない」「怖い」などといわれてしまう夫は、夫婦で読むと「そういうことだったのか。。。」と頭で理解できるかも。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
夫とケンカをして、「なんでわかってくれないの。もう、本当に嫌だ!」と思うことがときどきあったので、手にとってみました。

男性向けに書かれた本ですが、妻の心の機微がよく書かれていて「そうそう、そのとおり!」と思うことがいっぱいありました。

なかでも、「夫婦の心のズレは、コミュニケーションのズレが原因」という話に、目からうろこが落ちました。夫と妻では、コミュニケーションのやり方が違った結果、「どうしてわかってくれないの!」と思ってしまうわけなんですね。

そこで、夫にも読んでもらいたいなと、朝、リビングテーブルにそっと置いておきました。
どうやら読んでもらえたみたいで、少し妻に対する心遣いが増えた気がします。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
汐見 稔幸(しおみ としゆき、1947年7月25日-)
日本の教育学者、白梅学園大学・同短期大学学長、東京大学名誉教授。
による著作。

題名にあるように夫婦の絆を良くする鍵は夫の会話力を
改善することにあるのだという。
性格や人柄と違い、コミュニケーションはいつからでも変えていくことができる。
まず、男性が会社や職場で慣れてしまっている
指導型、アドバイス型のコミュニケーションを改める必要がある。
妻に対して偉そうにしてはいけない、話しをさえぎらない、面倒な顔をしない
そんな当たり前にするべきことをした上で気をつける点を列挙したい。

何かあれば「ごめんな、助かったよ。ありがとう」という一言を忘れない。
相手の良い点を意識して探しほめる。
人と比べない。
目を見ておはよう、食卓でこれおいしいねと言う。目を見て会話する
夫婦の会話時間はテレビを消して20~30分あててみる。
KKKH式のコミュニケーションを心がける
1聞く 相手の話をまずはよく聞く
2共感する 「そうか」「なるほど」とひとまず共感する
3考える 「どうしたらいいと思う?」と一緒に考える
4励ます 「応援するか
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 EL トップ1000レビュアー 投稿日 2008/10/11
形式: 単行本
家事だけの専業主婦を妻に持つ私にとって、会話というのは
十分気をつけているつもりでも、実は相手のことをわかっていなかった
ということを気づかせて頂きました。
結構、「ああ、あるある」と思える点が多く、本書に書かれてあることを
気をつけて会話するようになり、少し関係が良くなった気がします。

男性向けの本ですが、表紙がかわいいのでちょっと抵抗があるかも
しれませんが、とても参考になるので妻帯者の方へお奨めです。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この本はとても実務的でとてもわかりやすかったです。自分の話し方がいかに間違っていたかわかりました。話し方のルール 聞く、共感する、考える、励ますはすぐ使えるしとても効果的です。妻の為にどうにかしたいけどどう接していいかわからないとか、どう話していいかわからない人はいっぱいいると思います。実例も載っているしこんな時どうしたらいいかが良くわかります。自分がどうしていいか悩んでいたのがこの本に書いてあることを実践すればいいと思えたので、夫婦関係で悩んでいましたが光が見えました。女性の考えとか、心理もなんとなくわかったような気がしました。
とても役に立ちます。夫婦関係で悩んでいる人だけでなく、人間関係でも悩んでいる人にぜひ読んで頂きたい本です。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
家事育児でいっぱいいっぱいになってる気持ちを夫にも分かって欲しいのに
どんなに言葉を尽くしても伝わらない!とずっと悩んでいました。
自分は精神的におかしいのかな、とかわがまますぎるのかな、とか…

でも女性にとって「ただ聞いて欲しい、共感して欲しい」という気持ちは
ごく自然なことなのだと知り、ホッとしています。
自分でもうまく言葉にできなかった気持ちが分かりやすく書かれていて、
「そうそう、私もこれが言いたかった!」と感激すると同時に
思わず涙が出てきてしまいました。

夫にも読んでもらいました。
なるほど、と思ってくれたのかな?
でも常に論理的に考える習慣がついている人にとって
「じっくり話を聞いて共感し、励ます」ことはハードルが高いように感じています。
(この本のせいでは全くありませんが)
時間をかけて話し合って行くことが必要ですね。

この本を読んで本当に心が救われたので★5つです。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告