通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
夫婦で年収600万円をめざす! 二人で時代を生き抜... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに薄い汚れがあります。小口に薄い汚れがあります。他はきれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

夫婦で年収600万円をめざす! 二人で時代を生き抜くお金管理術 単行本(ソフトカバー) – 2010/6/16

5つ星のうち 3.9 33件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 夫婦で年収600万円をめざす! 二人で時代を生き抜くお金管理術
  • +
  • 結婚一年生 (Sanctuary books)
総額: ¥2,592
ポイントの合計: 79pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

こんな時代だからこそ、ひとりの収入にたよっていては危険です!

不況でお給料が下がっても、増税で手取りが減っても、年金や政府が頼りにならなくても、
時代に合わせて工夫をし、二人で力を合わせて年収600万円以上を確保し、この先行きの見えない厳しい時代を生き抜いていきましょう!

年収600万円あれば、家賃の高い都市の中心部でも、子どもを育て、自己投資や二人の将来への貯金もすることができます。
けれども、年収600万円は多くもあり少なくもある金額。昭和の時代遅れなライフスタイルのマネープランでは、破たんする可能性もあります。

時代遅れのライフスタイルとは「家と車を買いなさい。生命保険にたくさん入りなさい」。
「夫が外で働き、妻は家庭を守る。年金はお国と会社に守ってもらう」というもの。
年金すらも自己責任になっている現代で、昔と同じようなライフスタイルは御法度です。

これからは、夫婦二人の腕が試される時代です。発想を180度変えて、二人で稼ぎ、何にどうやってお金を使うかを真剣に考えていく必要があります。
本書では、夫婦で年収600万円を稼ぎ、豊かに暮らすためのお金の管理術を豊富なケーススタディーとともに解説。
二人のお給料の上手な管理方法をはじめ、支出カットの目のつけどころ、貯金や投資の方法、保険や住宅に対する戦略、
教育費や老後資金のつくりかたなど、すぐに実行できる二人のお金のコツをたくさんご紹介します。

そして、本書を使って二人にピッタリのマネープランを計画し、「この先何が起きても大丈夫!」と安心できるようなお金の体制をつくっていきましょう。

内容(「BOOK」データベースより)

年収600万円稼ぐ男を見つけるより、2人で年収600万円稼ぐほうが断然近道!リーマンショックで夫婦同時失業した経験を持つファイナンシャルプランナーが教える、ダブルインカムでかしこく生き抜くためのお金術。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 216ページ
  • 出版社: ディスカヴァー・トゥエンティワン (2010/6/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4887598165
  • ISBN-13: 978-4887598164
  • 発売日: 2010/6/16
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 15 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 33件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 119,428位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
二人で年収600万円とのタイトルだが、書かれている内容は、
高給取りだった筆者が転職をし「これを止めたらいくら減った」という話が主。

根本的に何々をやめたらいくらという話ばかりなので、
二人で年収600万円を目指そうとしている人には無関係なものばかり。

外資系金融機関出身の筆者、ブランドものや化粧品を買いまっくって
カード借金が200万円あったということなので、かなりの高給取りだったのでしょう。
一般の人とは程遠い生活です。

タイトルのターゲット(収入少なくても二人で合算して頑張ろうとしている人)が
読んだらがっかりする内容。

内容も他の節約本、資産本に書かれているものばかりで、「ビジネス書として売りたい」がためだけなのが
見え見えで残念でした。
1 コメント 161人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 みう 投稿日 2010/8/17
形式: 単行本(ソフトカバー)
死亡保険を定期保険500万で良いと言い切るのはどうかと思う。妻が手取り17万で働き続けられる確率は低い。夫が病気で働けなくなったり、末期ガンが見つかったりしたら妻が仕事を続けるのは精神的にも困難。また、妻も働いているから妻の死亡後のシュミレーションも必要だと思うが、その事は触れていない。ひとつの考え方としては理解出来るが、このまま鵜呑みにしてしまうのは危険です。全体的に著者の考え方や都合を押し付けているなと感じました。
コメント 74人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
結論:良書です。資産形成のために必要なポイントがほぼ網羅されており、はじめの一冊としては適切でしょう。ただし同様の類書を読む事をお勧めします。また記述範囲が広く総花的な内容になっているため、この一冊にとどめずに個々の項目に関する入門書を読んだ方が良いでしょう。

星2つの理由について:
良書としておきながらも星は2つです。以下の理由によります。
・マネープラン本のいいとこ取り(二番煎じ)である。
 著者は共稼ぎ600万で暮らしているとは断言していません。つまり自分の経験に基づくものではありません(失職を機会として自分の生活をガラリと切り替えたのは事実ですが、600万で暮らしているとは書いていませんし、高収入でなければたかだか数年の節約で数千万円の資産は築けません)。FPとしての指導経験に基づいて書かれているわけでもないようです(出てくる家庭は全て架空のものと思われます)。つまり数々のマネープラン本を読んで、そのエッセンスをまとめた本のようにしか、私には思えないのです。現実味がありません。初心者としてはありがたい存在なのですが。
・題名と内容の不一致(年収600万ではやっていけない)
 内容はどれも正論で年収600万で暮らしていくには必須のことばかりです。しかし、この本の内容で「年収600万生活」が成立するとは思え
...続きを読む ›
コメント 89人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
他の方が書かれているようにお金の入門書だと思います。
この内容くらいは、この手の本をちょっと読めばすぐにわかることが多いですが
絵や実例もついていてわかりやすいです。
ただライフネットは本当にお得でしょうか?ちょっとここではコメントしかねますが。。

また、子供をもって働くのは、著者が思っているほど容易でないといいたいです。
もちろん著者は、その時々にあわせて自分にあった行政システムに引っ越せる賃貸をすすめていますが。
子供が二人以上になった場合、親元が近くない、夫が忙しすぎる、
子供が持病を抱えていて呼び出しばかりになってしまう、という状況の自分は
働きたくてもなかなか働けず、この本を読むと希望どころか正直ストレスを感じました。
また読んでいるとどことなく感じとれるのですが、
著者は専業主婦のことを
旦那の給料を浪費したり、働かずして楽している、
ということを前提に書いているような気がしてなりません。

旦那さまを大切に、パートナーとして女性も自立、っていうのもよくわかるんですが
実際子供を産んで働いてみようとすると、そういう精神はこの国にあってないと思いますよ。
別に私は批判しているだけではなく、実際自分も同じ
...続きを読む ›
コメント 42人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック