¥ 1,404
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
夫のちんぽが入らない がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

夫のちんぽが入らない 単行本 – 2017/1/18

5つ星のうち 3.4 116件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,341 ¥ 1,081

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 夫のちんぽが入らない
  • +
  • うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち
  • +
  • 究極の男磨き道 ナンパ
総額: ¥4,212
ポイントの合計: 43pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【第156回芥川賞・直木賞】受賞作発表!
芥川賞は『しんせかい』 、直木賞は『蜜蜂と遠雷』に決定 受賞&候補作品一覧 へ

商品の説明

内容紹介

“夫のちんぽが入らない"衝撃の実話――彼女の生きてきたその道が物語になる。

2014年5月に開催された「文学フリマ」では、同人誌『なし水』を求める人々が異例の大行列を成し、同書は即完売。その中に収録され、大反響を呼んだのが主婦こだまの自伝『夫のちんぽが入らない』だ。

同じ大学に通う自由奔放な青年と交際を始めた18歳の「私」(こだま)。初めて体を重ねようとしたある夜、事件は起きた。彼の性器が全く入らなかったのだ。その後も二人は「入らない」一方で精神的な結びつきを強くしていき、結婚。しかし「いつか入る」という願いは叶わぬまま、「私」はさらなる悲劇の渦に飲み込まれていく……。

交際してから約20年、「入らない」女性がこれまでの自分と向き合い、ドライかつユーモア溢れる筆致で綴った“愛と堕落"の半生。“衝撃の実話"が大幅加筆修正のうえ、完全版としてついに書籍化!


いきなりだが、夫のちんぽが入らない。本気で言っている。交際期間も含めて二十余年、この「ちんぽが入らない」問題は、私たちをじわじわと苦しめてきた。周囲の人間に話したことはない。こんなこと軽々しく言えやしない。
何も知らない母は「結婚して何年も経つのに子供ができないのはおかしい。一度病院で診てもらいなさい。そういう夫婦は珍しくないし、恥ずかしいことじゃないんだから」と言う。けれど、私は「ちんぽが入らないのです」と嘆く夫婦をいまだかつて見たことがない。医師は私に言うのだろうか。「ちんぽが入らない? 奥さん、よくあることですよ」と。そんなことを相談するくらいなら、押し黙ったまま老いていきたい。子供もいらない。ちんぽが入らない私たちは、兄妹のように、あるいは植物のように、ひっそりと生きていくことを選んだ。(本文より抜粋)

内容(「BOOK」データベースより)

衝撃の実話。交際期間も含めて二十余年、好きなのに入らない。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 195ページ
  • 出版社: 扶桑社 (2017/1/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4594075894
  • ISBN-13: 978-4594075897
  • 発売日: 2017/1/18
  • 商品パッケージの寸法: 19.3 x 12.7 x 2.1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 116件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 98位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
タイトルがキャッチーで書店員のうけもよさそうな文体ですので多分売れるでしょうが、中身はタイトル倒れです。
夫のちんぽが入らないのは、夫のちんぽだけが入らない現象で、
何かを解決していくような内容ではなく、本人たちも医者に行こうとすら思いません。何故なのか、を知りたい人は消化不良を起こします。
もとより自己肯定感の低い主人公が性交できないことも含め自分が欠陥人間だという事を様々な事象を追って再確認し続ける暗澹たる気分になる私小説です。

精神の不調をもった母親に育てられ、
極度の内向性ながら教師になった彼女は
何故か夫との性交だけができない。
だが局部を医者に見せるという発想はなくローションを使い無理やり半分まで入れ血みどろになるを繰り返す。
そのような日々の中、勤め先の学校で学級崩壊を起こすが、性交の問題と同じように誰にも相談せず主犯生徒の問題行動を助長させたまま退職する。
途中、夫が風俗で性欲を発散させている事を知るがこれも内に秘める。
彼女自身も母親と同じく気分変調症の諸症状を発症していく中、行動力の間違った使い方だけは立派でネットの出会い系サイトに知らずとはいえ本名で日記を公開しコンタクトを取ってきた男性と性交を重ねる日々を過ごす。彼女は夫のものだけが入らない。。。<
...続きを読む ›
コメント 1,529人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Amazon カスタマー 投稿日 2017/2/14
形式: 単行本
タイトルで話題になって、じつはまったく同じ事で悩んでいたので気になって調べました。
するとネットでは絶賛されていたので書店で購入。読んでみると内容はKUSOでした。
あまりのKUSOさにアマゾンのレビューを見てみると同じような感想が多く、先にこちらのレビューを見ていれば・・・と思いました。でもそれでも買ったかもしれないけど。笑

内容は本当にKUSOでした。ただただ自分が悲しかったこと、辛かった事を聞かされるだけの内容。
人に面とむかって言えなかった事をここで顔を隠して公に吐き出すようなだけの内容。
なんて卑怯で卑屈で浅ましくておこがましい。
そんな自分を作者は自分で肯定して、他人にとやかく言われたくないと、この本を通して今まで面と向かって言えなかった人たちに言い返してるのです。
私はこの作者が嫌いです。本当にこんな顔も知らないような人をこんなに嫌いになれるなんて・・・

私も夫の物がはいりません。どうにかはいるように訓練中です。
でも自分が不能で不毛だなんて思った事はなかった。この作者によって気付かされたというか教え込まれました。
この作者が貴方は不能で不毛なんだよって教えてくれたけど、私は自分をそうは思いません。
この作者は自分で自分を不幸にするのが
...続きを読む ›
11 コメント 283人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
タイトルで、さぞご夫婦が性のお悩みを超えて幸せに生活されてるのだと思い購入しました。が、読んでびっくり。このご夫婦の組み合わせだけが性行為ができないのです。妻は夫以外はすべて大丈夫。夫も風俗で満たされてます。なんだこりゃ。この本が話題になってるのはタイトルが間違ってるからでは、ぜひ、タイトルを正しくしてください。
コメント 446人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
話題になってたので読んでみました。

なかなかすごい経歴をお持ちなので、
同じ経験をされた方は励まされるのかもしれません。
わたしも既婚子無しで内気な子供時代だったので、周囲の目や親の発言等そうそうと頷くところも多々ありました。
ただ、
病院も行かず原因も解らず仕舞いでそれでいいという姿勢、夫婦で話し合って解決しようという姿勢が全くないところには共感できず…
お互い外で鬱憤を晴らしてばかりで残念でした。
読んでいて全く前向きになれず悲しかったです。

本を読む際、成長が見られるのを期待してしまうタイプの本読みさんには向かない本だと思います。
コメント 269人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
一言で表すと、ガッカリでした。
読後感は、イライラとモヤモヤしか残りません。

タイトルにもなっている、「夫のものが入らない」という問題で夫と妻がそれぞれ悩みを抱え、その悩みを二人の間で共有し、お互いにどうすればいいのかを話し合い、夫と妻が二人で協力し乗り越えて行く、夫婦愛の形を描いた物語だろうと期待して読みました。
私自身、夫がいる立場として、今後の私と夫の人生を考えて行く上で参考にできれば、という思いで読みました。
が、実際の内容は全く違いました。
夫婦で協力して問題を乗り越えていこう、という姿勢が全く見られず、理解も、共感もできません。

多々あった疑問点のうち、本当に心の底から訳がわからないと思った点を以下に書き連ねます。
怒りのあまり、同じような内容の繰り返しになるかもしれません。

まず、なぜ問題を解決しようとしないのか。
夫のものが入らないという大変な事態で、病院に行くでもなしに、いつか入るだろうと、ただ痛いだけで流血すら伴う行為をし続ける。
しかも、交際当初からの問題を。
病院で症状について話すことがどれだけ嫌だったのか理解に苦しむが、その問題を一生引きずるのとどちらがマシだったのだろう。
かと思えば、不貞行為はあっさ
...続きを読む ›
コメント 113人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック