この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

太陽はひとりぼっち [DVD]

5つ星のうち 4.0 4件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:4¥ 5,480より 中古品の出品:2¥ 4,332より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: アラン・ドロン, モニカ・ヴィッティ, フランシスコ・ラバル, リッラ・ブリグノン, ルイ・セニエ
  • 監督: ミケランジェロ・アントニオーニ
  • 形式: Black & White, Dolby, Widescreen
  • 言語: フランス語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 紀伊國屋書店
  • 発売日 2011/12/22
  • 時間: 126 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 4件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B005UIRE2Y
  • JAN: 4523215060974
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 13,597位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

『情事』(60)、『夜』(61)と共にアントニオーニ絶頂期の三部作を形成する一本にして、その最終章にあたる本作は、三部作の中最も前衛的な趣きをたたえ、ほとんど実験映画を思わせる大胆な表現によって観る者を前代未聞の映画体験へと誘う。

現代のローマ。婚約を解消し空疎な毎日を送る若い女ヴィットリアと、証券取引所勤めの青年ピエロ。二人は素人投機家であるヴィットリアの母を介して知り合い、急速に恋愛関係に陥る。もっとも、ピエロはヴィットリアを愛したいと思っているが、ヴィットリアは彼の愛に応えることを怖れている…。
原題は、天文用語で「食」(たとえば「日食」や「月食」のようにある天体が背後にある他の天体を隠す現象)の意。アントニオーニによれば、原題は日食の間に訪れる独特の沈黙、光、闇、静けさ、そこから生じる感情の停止状態を示唆している。
主演はアントニオーニ映画の女神モニカ・ヴィッティ、フランス映画界を代表する伊達男アラン・ドロン、共演はルイス・ブニュエルとの名コンビで知られるスペイン人俳優フランシスコ・ラバル。また、女性歌手ミーナが歌った主題歌(ジョヴァンニ・フスコ作曲、アントニオーニ作詞)は、日本でも大ヒットした。アントニオーニは本作で、1962年度カンヌ映画祭審査員賞を受賞した。
収録:フォトギャラリー
封入:解説リーフレット(執筆:遠山純生 36頁)

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

ミケランジェロ・アントニオーニ監督が劇映画の在り方を刷新した傑作。婚約を解消し空疎な毎日を送る若い女と、証券取引所勤めの青年が恋愛関係に陥るが、女は次第に上昇志向の青年を疎ましく感じ始める。モニカ・ヴィッティとアラン・ドロンが共演。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: DVD Amazonで購入
全編に流れる空しさ。夏の風が、或るときは蒸し暑く、或るときは開放的に、或るときはとても虚しく虚ろに描かれています。
わたしにとっては、アランドロンの代表作に思って居ます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
形式: DVD
このタイトルは、アランドロンの「太陽がいっぱい」の成功にあやかったもので、アントーニーニの愛の不毛の三部作の一つです。今見ても、この近代的なアパート群は、イタリア?フランス?いずれにせよ戦後、ボロボロだったわが国との彼我の差は大きく、とても旧市街と比較して、新しい都市計画に沿ったアパート群をむなしいものの象徴という風には見えないのが観た日本人の感性でしょう。
アランドロンのセールス・トレーダーは見ててほほえましい。レトロな株式市場の現場も今わ懐かしい。とても、近代的ではないのだが、唯一母親が昔住んでいた小屋の住居はみすぼらしく、それからみればお金に固執しないという、このハスキーな声で、美人といえば美人の、大柄のスタイルの良いモニカが演ずる女性は、少しノイローゼなのだろう。「あえて、金銭欲を否定する。」監督のお好みのこの女性は、何をやっても空しいのだ。
それを現代の人の抱える空しさを先駆けて、監督は表現した。投資に失敗してひまわりの絵をかく、太った老人像、工事現場の水溜りに浮かぶ木片。人間何をやっても空しいときははあるものですね。この頃の映画はエンターテイメントよりも観た人に何かをメッセージとして伝えることが重要だったと思う。
そういう意味では、この翻訳業につかれ、抗うつ剤のお世話になるべきモニカにふりまわされるこの物語は今から思えば現代病を示唆している
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
形式: DVD
アントニオーニの作品、初めて観ました。『愛の不毛』というようなことは何となく耳にしていましたが…。想像していたよりうんと面白かったのです。

一組の男女(モニカ・ヴィッティとフランシスコ・ラバル)が言葉も交さず、閉め切った部屋にいるという、息の詰まるようなシーンから始まり、ほとんどセリフのない最初の何分間かで、二人の関係をほぼ描ききってしまう。そこからは、吸い寄せられたように画面から目が離せない。そんな凄い力のある映画です。

「婚約中」の二人は、出会ってから年月が経ち、「愛」に翳りが見え始めた…。

男女の「愛(恋)」などというものは、「好き!」と気づいた瞬間が至高のときであり、あとは手垢にまみれつまらない日常に埋没してゆくだけ。ときを経て劣化こそすれ育つものではない。ましてや何かを生み出したり、明るい未来を約束したりはしない…。多分これが『愛の不毛』ということなのでしょう。

と…(落ち着いて考えてみれば)、決して判らないことではありません。
しかし、モニカ・ヴィッティ演じるヴィットリアはただ者ではない。このあと、若き美貌のやり手証券マン、ピエロ(アラン・ドロン)と恋に落ちますが、瞬時に、『愛の不毛』が見えてしまう人なのです。(ふつうは恋に落ちたら、しばらくは何も見えなくなるものです。)<
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
形式: DVD
当時は、評価され受賞されたようだが、
自分が率直に言わせてもらえば駄作も駄作。
恋愛映画を社会問題と絡ませ同じ範疇でまとめようとした一般大衆には難し過ぎる哲学的フランス映画。
映画は楽しみたい所謂娯楽なので、勉強する所ではない。まさに勘違い作品。
監督や作者の自己主張が強すぎる失敗例。
ただアランドロンの証券取引所で働いている
シーンの演技だけは、若くハツラツとしている。女優の使い方は、良くないむしろ下手。
注目度、個性、意外性を求める余り、
エンディングはこれまた尻切れトンボ。
映画界の華やかさと相反する暗い虚無感のある社会問題に着目したのは、大失敗だと思う。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告

同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。腕時計 デジタル