中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

太陽の謎とフォトンベルト (ムー・スーパー・ミステリー・ブックス) 単行本 – 2008/9

5つ星のうち 4.8 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 心理学| ビジネス向けの自己啓発から引き寄せの法則など、幅広いジャンルの本をラインアップ。心理学の本ページへ。


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

地球の温暖化を引き起こしている本当の原因は、二酸化炭素による温室効果ではない!!太陽そのものの輻射熱が高まっているのだ!!しかも、太陽は一般に思われているようなガス天体ではない!!想像を絶する大陸や海をもった超弩級地殻天体であり、NASAはコードネーム「SOL」と名づけているという。巷で噂される超電磁波帯「フォトンベルト」の真相とその裏に隠された「プラズマ・フィラメント」の正体を暴く。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

飛鳥/昭雄
1950年4月16日、大阪府藤井寺市生まれ。アニメーションやイラスト、シルクプリントの企画制作にたずさわるかたわら漫画を描き、1982年、小学館「藤子不二雄賞」の入選をきっかけに、漫画家としてデビューする。現在、サイエンス・エンターテイナーとして、「ムー」などで作品を発表している

三神/たける
1968年9月、青森県生まれ。筑波大学自然学類卒。“素朴な疑問から大胆な仮説へ”をモットーに、その研究にいそしみ、作品を「ムー」誌上で発表する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 352ページ
  • 出版社: 学習研究社 (2008/09)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4054038581
  • ISBN-13: 978-4054038585
  • 発売日: 2008/09
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11.2 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 582,164位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 本格派 トップ500レビュアー 投稿日 2008/10/19
形式: 単行本 Amazonで購入
太陽を始めとし、太陽系の巨大ガス惑星とされる木星や土星などが、実は地球と同じ地殻天体であるという説を、多くの証拠写真とともに提示する。
冥王星の外側を公転する太陽系第10番惑星NOX、地球から見て太陽の真裏の位置に存在する惑星ヤハウェ。
それと、宇宙の99.99%がプラズマで占められており、プラズマが宇宙を支配しているとする「プラズマ宇宙論」。
これらを組み合わせることによって、太陽系の生成過程を巧妙に説明する。

太陽や木星・土星が地殻天体だとか、惑星ヤハウェの存在などは公式に認められていない。それどころかほとんどの人は聞いたこともないので眉唾ものの話だとあっさり切り捨ててしまいがちだろう。しかし、NASAがこれまでに調査してきた惑星の写真をほとんど公表してこなかったことや、一旦発表した火星の写真を、色を赤く直して発表し直すなど、多くの事実を隠している様子から見て、これらの発見を発表しないとしても何ら不思議はない。

政治的産物とされる地球温暖化CO2犯人説を太陽活動の活発化が主要因である、として切り捨てる一方で、今進行しつつある太陽活動の変化が地球に甚大な被害をもたらす可能性があると警告する。NASAはそのことを知っており、秘密裏に開発した兵器によりその被害を防ごうとしてるのではないかと予測する。
...続きを読む ›
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
詳しい内容は他の方のレビューなどを見ていただけば分かると思うので、
単純に本自体の感想や所感的な事を書きます。

1.情報記述の間に挟まれているマンガが古臭くページ稼ぎに感じた、
 作風は汚さを差し引いても70〜80年代風。
 単純な情報ページは約半分・・・

2.上記を除けば、非常に客観的な情報の羅列なので、
 あとは読む方の所感次第、多少作者の話の持って行き方はあるが、
 強引ではない(部分的にはあるが)、
 拙い知識を持って「トンデモ本」と言ってしまう方が暴言である。
 
3.この世の中は、自分の知っている「常識」が必ずしも正解とは限らない。
 昔の「天動説」と「地動説」しかり、「ウイルス」が見えない頃の医療の常識しかり・・・
 そういった自分の知らない情報の一部と捉えれば良い事であり、
 学校で教わった事、マスコミが垂れ流す情報を鵜呑みにしている人は、
 真剣にこの内容を捉えてほしいと思う。
 まあ頭の固い人は、こういう本をそもそも読まないだろうが(笑)。

最後に、この本に書かれている情報が公開されると(まあ簡単に公開されないだろうが)、
宇宙物理学に関する研究の大半が無駄な徒労に終わりますね・・・
だって相対性理論が間違っているんだから(笑)。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
タイトルにフォトンベルトとあるが、それは外国の女学生による作り話だそうである。
筆者はフォトンベルトは存在しないが、それと似たようなものとして、プラズマ理論を紹介しており、これは説得力があると感じた。

著者に秘密の情報をもたらしている謎の人物たちというエピソードやそれらの情報が本物であるかどうかは私にはわからないが、プラズマについての科学的か根拠を示した説明にはなるほどと思わせるものがあった。

太陽が核融合ではなく、プラズマで発光していて、太陽には地殻があるというのも、うなずける科学的な説明があり、とても参考になった。

ただ、地球の内部のプラズマがだんだん上昇してきて・・云々のあたりは、本のラストシーンを盛り上げてはいるが、これは科学的な裏付けがない秘密情報のみの話なので、いくら聖書の描写と結びつくとしても、著者お得意のサイエンス・エンターテイメントの要素のほうが強く感じた。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告