通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
太陽の棘(とげ) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品のため、多少スレキズ、日焼け等の使用感がありますのでご了承下さい。■店舗併用販売のため、売切れの場合は注文をキャンセルさせて頂きます。■クリーニング後、丁寧に梱包し迅速に発送致します。 38286
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

太陽の棘(とげ) 単行本 – 2014/4/21

5つ星のうち 3.9 9件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 139

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 太陽の棘(とげ)
  • +
  • ジヴェルニーの食卓 (集英社文庫)
総額: ¥2,117
ポイントの合計: 66pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

サンフランシスコにある医院のオフィスで、老精神科医は、壁に掛けられた穏やかな海の絵を見ながら、光と情熱にあふれた彼らとの美しき日々を懐かしく思い出していた……。
結婚を直前に控え、太平洋戦争終結直後の沖縄へ軍医として派遣された若き医師エド・ウィルソン。
幼いころから美術を愛し、自らも絵筆をとる心優しき男の赴任地での唯一の楽しみは、父にねだって赴任地に送ってもらった真っ赤なポンティアックを操り、同僚の友人たちと荒廃の地をドライブすること。
だが、ある日、エドは「美術の楽園」とでも言うべき、不思議な場所へと辿り着く。
そこで出会ったのは、セザンヌや、ゴーギャンのごとく、誇り高い沖縄の若き画家たちであった。
「互いに、巡り合うとは夢にも思っていなかった」その出会いは、彼らの運命を大きく変えていく。

太平洋戦争で地上戦が行われ、荒土と化した沖縄。首里城の北に存在した「ニシムイ美術村」そこでは、のちに沖縄画壇を代表することになる画家たちが、肖像画や風景画などを売って生計を立てながら、同時に独自の創作活動をしていた。その若手画家たちと、交流を深めていく、若き米軍軍医の目を通して描かれる、美しき芸術と友情の日々。史実をもとに描かれた沖縄とアメリカをつなぐ、海を越えた二枚の肖像画を巡る感動の物語。

内容(「BOOK」データベースより)

私は、出会ってしまった。誇り高き画家たちと。太陽の、息子たちと―。終戦直後の沖縄。ひとりの青年米軍医が迷い込んだのは、光に満ちた若き画家たちの「美術の楽園」だった。奇跡の邂逅がもたらす、二枚の肖像画を巡る感動の物語。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 238ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2014/4/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4163900535
  • ISBN-13: 978-4163900537
  • 発売日: 2014/4/21
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 110,282位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
こういういい話をマハさんはどうやって知ったのだろう。そしてそれを小説にできるなんですごいです。出会えてよかった本です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
通勤電車の中で、むさぼるように読みました。
これほど魂をゆさぶられる作品には、いままで出会ったことがありません。
困難な時代に絵に命をかけていく人々の熱い想い、そして行動。
様々な困難に出会っても絶対に夢への希望を持つんだと、心から思えました。
大きな夢に向かって心が折れそうになっている人、そしてなにより、芸術に命をかけている人に読んでもらいたい作品です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
史実を元に描いた感動作品ですね。ニシムイという小さな美術村がかつて存在していたらしく、そこで暮らし生計を立てていた画家たちと、戦後の沖縄にきた軍医との交流を描いています。戦後の日本であって日本でない沖縄、敵国同士のアメリカと日本という複雑な状況下で、いろいろなアメリカを美化しているようにも見えますが、世界基準の絵画をベースに人と人が純粋に共感できるということはあり得る気がします。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
1948年、占領下の沖縄。
軍医として赴任してきた若い精神科医エドが出会ったのは、戦争に
負けても誇りを失わず、したたかに生きる芸術家たちだった。
本国から送られてきた真っ赤なポンティアックのオープンカーに乗って
すっ飛ばしていて見つけた「ニシムイ・アート・ヴィレッジ」の看板。
自らも画を描くエドが、好奇心の赴くまま入って行くと待っていたのは
そこにはあるはずもない物だった…。

本書で描かれるのは、逆境にあっても希望を捨てず、挫けずに生きる
人びとの姿だが、そこには外からは見えない心の傷に懊悩する人びとも
散りばめられている。
占領という状態の理不尽さと虐げられている人びとの姿にも、著者は目を
逸らさない。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 nannari-to トップ100レビュアー 投稿日 2014/5/27
形式: 単行本
すらすらサクサクと読み進めることできたけど、何か軽いなーという印象。
柱はちゃんと立ってるけどそれは決して大黒柱ではない、という感じ。
そしてもっと血肉をつけてほしかった。画家の自画像のように。
やっつけ仕事なのだろうか。

軍医エドの後日の姿とともに画家たちの後日談も知りたかった。
描かれた作品群は近年地元の沖縄県立美術館で日の目を見たとのことだが、美術村や画家たちそのものの後日を・・。
その後エドと彼らとの交流はあったのだろうか。

絵画作品を中心に据えた原田マハさんの作風は素晴らしいと思ってる。
つい60〜70年前の沖縄を描いたこの作品では人物たちのこともあと少し深く描けてたら題材・着想がもっと生きると思った。
絵画を中心に据えたら似たようなパターン化は仕方ないのか。
しかし、もったいない、とても。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告