太陽の帝国 特別版 [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品によってはわずかな汚れやキズがある場合がございます。(管理ラベルは簡単に取れます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

太陽の帝国 特別版 [DVD]

5つ星のうち 4.3 82件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,218
価格: ¥ 2,480 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 738 (23%)
ポイント: 5pt  (0%)  詳細はこちら
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Blooom 本店が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:5¥ 1,680より 中古品の出品:18¥ 282より

Prime Instant Video

今すぐプライム・ビデオ太陽の帝国 (字幕版)¥ 0で観る

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。


  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 太陽の帝国 特別版 [DVD]
  • +
  • プライベート・ライアン [DVD]
総額: ¥3,407
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: クリスチャン・ベール, ジョン・マルコビッチ, 伊武雅刀
  • 監督: スティーヴン・スピルバーグ
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 英語, フランス語
  • 字幕: 英語, スペイン語, 日本語, フランス語, ポルトガル語, 中国語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • 発売日 2002/03/08
  • 時間: 152 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 82件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00005V2VP
  • JAN: 4988135534125
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 43,026位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   第2次世界大戦下の中国で、両親と生き別れた11歳のイギリス人少年ジム(クリスチャン・ベイル)が、日本軍の捕虜収容所の中で日米さまざまな人々との交流を経て成長していく姿を描いた、スティーヴン・スピルバーグ監督の戦争超大作。
   派手な戦闘シーンなどを売りにするのではなく、あくまでも少年の視点で見つめた人間関係の中から戦争の本質を浮かび上がらせていく構成になっている。日本からも伊武雅刀、ガッツ石松、片岡孝太郎が出演。
   また、敵味方の別を超えて飛行機への愛情を如実に描く零戦の出撃シーンなどに、スピルバーグ自身の少年期への想いも見事に反映されている。原作はJ・G・バラードの自伝的要素の強い小説だが、C・ベイルはバラードの少年時代にそっくりの風貌だったとか。(的田也寸志)

内容(「Oricon」データベースより)

第2次世界大戦下の上海を舞台に、ひとりの少年の成長を描いた、スティーブン・スピルバーグ監督が贈る珠玉の戦争ドラマ。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Amazonビデオ Amazonで購入
そんな感じが良く伝わってくる反面教師みたいな映画でした。
他の映画に比べればまだマシな方という気もします。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 kjz 投稿日 2015/4/14
形式: DVD Amazonで購入
以前VHSで見たが、再度見るとやはり映画に出て来る日本兵は中国人らしく、変な日本語を喋っていた。内容も、以前見ているのて゛細かい点はさけるが、懸命に生きる少年に感動!!
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
この言葉は、主人公の少年が唯一覚えた日本語で、間違いとは「戦争」そのものである。大人が犯した「間違い」の為、子供たちが孤児になり、飢え、病気になり、死んでゆく、その不条理に監督が挑んだのは凄い。また、アメリカの映画監督が違和感はあるが「神風特別攻撃」を描いたことも注目したい。印象にのこるのは、ジェイミーが特攻隊を敬礼し歌いながら送り出す。その時、朝日に照らされた敵味方の人々横顔が写し出される、どの顔も穏やかな顔をしている。このシーンは私が一番「恐怖」を感じる。なぜならば、この人たちのほとんどは死ぬ運命にあるからだ。「死」を目前にした静寂ともいえる中で、鎮魂歌が歌い続けられる・・・・・・突然P51の襲来、監督のレベルも凄いが戦争に対する「怒り」が全面に出ていた。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
公開時映画館で観て、その後VHSで購入した。今DVDで購入しようか迷っている。中国で戦争に巻き込まれた少年が、何とか生き抜き終戦を迎えるまでが描かれる。
上海に住む富豪の息子が日本軍の侵入から逃げ遅れ、一人中国に残される。少年は大人相手に渡り合い、収容所に収容された後もしたたかに生き延びる。彼は飛行機好き少年で零戦のカッコよさに憧れ、日本軍の整備兵と仲良くなったりする。が形勢が逆転しP-51ムスタングが進出し、零戦はこてんぱんにやられる。自分が攻撃されそうになりながらP-51に「P-51! Sky of Cadillac!」と熱狂的なエールを送る。子供に戦争とか政治は関係なく、単純にカッコイイ飛行機が好きなんだ。この映画は政治などの難しいことに関係なく、そんな気持ちを含めた少年の姿を描きたかったのだろう。スピルバーグは自分の少年時代をこの少年に込めているのかもしれない。
この映画の一番のお勧めは主人公の少年が歌う賛美歌(?)。美しいボーイソプラノのアカペラが心に残る。これを聞くためだけでもこのDVDを買う価値がある。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
この戦争映画はただの戦争映画ではない。最初頼りなさそうな少年が日本軍の捕虜収容所で生きていくにつれて大人以上に成長し、日本軍にも対応できる少年に成長したところにすごく感動した。
人は変わることができると改めて知った映画だ
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
1987年に公開されたこの映画は、同年のアカデミー賞最優秀作「ラストエンペラー」の陰に完全に隠れてしまったがために、スピルバーグ作品の中でも最も知名度の低いものの一つに挙げられます。ですが、私はこの映画こそ同監督の最高傑作に数えられるべきものであると思いたい。

この映画はJ・G・バラードの自伝的小説EMPIRE OF THE SUNをもとに作られており、焦点があまりあてられることのない、太平洋戦争時の捕虜収容所での生活が描かれています。

反戦映画は数あれど、子供視点で描く作品は、本作と「火垂るの墓」くらいでしょうか。しかし、この作品の特筆すべき点は、戦争の悲劇の描き方にあります。「子供が戦争で辛い思いをした」のではなく、「戦争で大人にならざるを得なかった、子供時代との決別をなさねばならなかった子供の生き様」に、戦争の悲劇を見出すのです。また、中には、史実や原作とは違う、脚色されている、時代考証が正確になされていない等の批判もあるでしょう、ですが、あくまで少年の視点から描き出そうとする映画だとの理解で足りるのではないかと思います。

本作で主役を演じるクリスチャンベイルは、大日本帝国の戦闘機「ゼロ戦」に憧れるボンボンのイギリス人少年を見事に演じています。彼こそまさに天才子役そのものであり、観るものの心を揺さぶる巧みな演技
...続きを読む ›
1 コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
大陸では陸軍機が多かったと思う、それと陸海軍が混在してるので戸惑います。
細部まで史実を再現している訳ではなさそうで、もっと脚本を煮詰めるべきだった。
敬礼のシーンは海軍のエリートパイロットなら現実にあってもおかしくない場面。
戦争映画というより冒険物に近い。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー