¥ 700
通常配送無料 詳細
残り14点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
太陽の子 (角川文庫) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

太陽の子 (角川文庫) 文庫 – 1998/6

5つ星のうち 4.6 57件のカスタマーレビュー

その他(8)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512 ¥ 91
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 700
¥ 700 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 太陽の子 (角川文庫)
  • +
  • 兎の眼 (角川文庫)
  • +
  • 西の魔女が死んだ (新潮文庫)
総額: ¥1,845
ポイントの合計: 58pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容紹介

ふうちゃんが六年生になった頃、お父さんが心の病気にかかった。お父さんの病気は、どうやら「沖縄と戦争」に原因があるらしい。なぜ、お父さんの心の中だけ戦争は続くのだろう? 著者渾身の長編小説!

内容(「BOOK」データベースより)

ふうちゃんは、神戸生まれの女の子。おとうさんとおかあさんは沖縄出身で、神戸の下町で琉球料理の店「てだのふあ・おきなわ亭」を営んでいる。やさしい常連さんたちに囲まれて明るく育ったふうちゃんだが、六年生になった頃、おとうさんが心の病気で苦しむようになる。おとうさんの病気の原因は何なのか?ふうちゃんは、「沖縄と戦争」にその鍵があることに気づきはじめる…。戦争は本当に終わっているのだろうか。なぜおとうさんの心の中でだけ戦争は続くのか?今、日本人が本当に知らなくてはならないことがここにある。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 430ページ
  • 出版社: 角川書店 (1998/06)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4043520107
  • ISBN-13: 978-4043520107
  • 発売日: 1998/06
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 57件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 12,309位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
『兎の眼』を読み、灰谷さんの他の作品も読みたいと思って、この作品に

辿り着きました、素晴らしい作品でした。多くの人に読んでもらいたいと

思いました。

こころの病気、戦争、沖縄、こころのやさしさなどについて考える機会と

なり、また心から感動しました。「痛み,辛さを知った人こそ、真のこころ

のやさしさを育むことができる」、ふうちゃんが苦しみ、悲しみながらも

成長してゆく姿に胸打たれ、これまでの自分を恥じました。日本人として

知っておかなければならない過去の事実を学び、また相手の気持ちをより

一層考えられるひととなれるよう努力したいです。
コメント 47人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ほんの九歳の頃、この小説を読んで泣けて仕方なかったのを憶えている。本土からの視線では無視あるいは劣視される沖縄というマイノリティ文化を軸に、そのオキナワと戦争を引きずっって本土で生きる父の苦しみ、それを支える母の苦しみ、その狭間で世界の無惨さに目を開かれずにはいられなくなる思春期の入り口に立った少女ふうちゃんの物語に、本州の北部で何不自由のない生活をしていた子供の私が、その無力さに泣かされたというのは、今考えればこの作品の力を物語りはしないか。
あれからほぼ二十年がたち、現在合衆国在住。人間と人間の間にはあたかも差違も葛藤もないかのような、さながら「目を閉じたままのドライブ」のような日本社会の「人間」のあしらいも、数々の問題で終焉を迎えつつあるのは良いことでもあるが、今後の目安が立たぬままいたずらに、なお混乱を引き起こしはせぬか、半ば恐れながら遠方より見守る今、思い出すのは「太陽の子」である。この本を子供若者のみならず大人にこそ読んでもらえたら、と思い読み返した。人と人の間は、黙って目をつむってさえいれば丸く納まるというような、「優しさ」の仮面を被る無関心無責任怠惰で納まるほど甘くない、ということをおそらく私の人生で一番初めに教えてくれた本である。真のやさしさとは、人間がそもそも具え持った筈の善意を破壊するものとの命懸けの争いであり、それは個々人一生かけて取り組まねばなら
...続きを読む ›
コメント 56人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
最初はなんとなく読み始めた作品。
話のテンポもよく大阪弁もおもしろい。
少し読み始めるとドキッとするような展開になる。
そのドキッは自分の心の弱いところを誰かに見られたような感じである。
そしてもう読み終えるまで一気に最後まで読んでしまう。
最初はなんとなく読み始めた作品が最後は背筋を伸ばしてきちんと一文字一文字読んでいる自分に気がつく。
ドキッがドキドキになっている自分に気がつく。
登場人物のやさしい言葉が読者の心を裸にする。
作者のやさしいまなざしが読者をせめる。
最初に読み終えてショックを受ける。
二度目に読み終えて大事なものを受け取ったような気分になる。
そんな作品がこれ。
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
高校の教室にあった一冊の本、それが「太陽の子」でした。
何気なく手にとり、読み始め、その世界に引き込まれた時の事を今でも忘れません。
読んでから大分時が経っているので内容は詳しく思い出せませんが、その感動は今も心の中に生き続け、
時折私の心を内側から温かくしてくれます。
人間の悲しさ、悲しさを背負いながらも生きていく人間。

私の高校は規律が厳しく、また「善人であれ」ということを強く生徒に説く学校でした。
しかし人間である限り、完全に「善」であり続ける事ができるでしょうか。
また、人間である先生がいつも完全に『善』であることもありえるでしょうか。
言わずもがなですが、それにもかかわらず、学校では先生は常に「善」と決まっていました。
私の心は、知らないうちに傷ついていました。

灰谷健次郎という人は、そんなとき、喜びも悲しみも、失敗も成功もあるのが人間だよ、と
優しく本の中から手を差し伸べてくれました。てだのふぁの物語を通して。
そして、先生も生徒も、その前に人間なんだよ、と。

学校では先生が、美辞麗句を並べ良き人であれ、とまくしたて、細かい校則を押し付けてきます。
理由を聞いても、それが常識だ、としか言わず。
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー