中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: ほぼ新品
コメント: ほぼ新品の本です中古品のため、検品には万全を期していますが、状態説明に錯誤・瑕疵等がある場合は、ご連絡頂ければ対応させていただきます。又迅速に対応し、発送いたします。簡易クリーニング済みです。発送月日ですが土日祝はお休みとなります月曜日と木曜日が発送予定日となります発送方法はゆうめーるになります
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

太陽の坐る場所 単行本 – 2008/12

5つ星のうち 3.5 27件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 648 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

高校卒業から10年。クラス会に集まった男女の話題は、女優になったクラスメートの「キョウコ」。彼女を次のクラス会へ呼び出そうともくろむが、「キョウコ」と向かい合うことで思い出される、高校時代の「幼く、罪深かった」出来事―。よみがえる「教室の悪意」。28歳、大人になってしまった男女の想いを描き、深い共感を呼び起こす傑作ミステリー。辻村深月の新境地。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

辻村/深月
1980年生まれ。千葉大学教育学部卒業。2004年『冷たい校舎の時は止まる』で、第31回メフィスト賞を受賞し、小説家としてデビューする(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 346ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2008/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 416327720X
  • ISBN-13: 978-4163277202
  • 発売日: 2008/12
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 27件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 458,515位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
毎年開かれるクラス会。今まで一度も出席することのなかった「キョウコ」。女優になった
彼女を何とか呼び出そうと、かつてのクラスメートたちは画策する。高校卒業から10年。
28歳になった彼らは、高校時代のほろ苦いできごとを思い出していた・・・。

時には、人を傷つけてしまうようなことを平気でやってしまう残酷さを持つことがある。
学校生活は、決して楽しいことばかりではない。月日がたったとき、つらかったことや
苦しかったことも、懐かしい思い出にすることができるのか?この作品に登場する人たちの
胸に去来するさまざまな思い。「キョウコ」との関わり。大人になった彼らが直面する問題。
それらを作者はていねいに描写しているつもりなのだろうが、理屈っぽくくどさを感じる。
すんなりと入ってこない。それどころか、読めば読むほどイライラが募っていく。話の組み立て
方や展開の仕方がいまいちだ。「トリック」もありふれたもので、それが分かったときも
「なるほど!」とは思わなかった。意外性のないトリックほどつまらないものはない。この
作品の中で作者が言いたかったのは何か?分からない・・・。作者の自己陶酔型の作品と
いった印象だった。
コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ringmoo トップ1000レビュアー 投稿日 2014/8/21
形式: 文庫
思春期の少年少女たちの心理が良く描かれています。
そして、その思春期の感情を引きずって生きている大人もいると言う事でしょう。
成熟しきっていない思春期の行動は、いろんな形で個々人に影響を残してしまいます。
それを乗り越えられる人もいれば、乗り越えられず、そのまま引きずって生きている人もいます。
そんな個々人の心理状況を、五人の人生ドラマとして描いています。
作者の精緻な描写が、読者を思春期に引き戻します。

私自身のかつての同級生も、少年時代にいじめをしたことへの悔恨から、一度も出席をしないのに会費だけを払っている人がいます。
幼い行動と感情が、大人になっても影響を残している例だと思います。
今も多くのいじめのニュースが、報道をにぎわせていますが、いじめられた側だけでなく、いじめた方も後々に影響を残してしまうケースがあります。
こうしたことに、学校等での適切な対応を望んでやみません。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
女の邪悪さがひしひしと伝わってくる。
嫌やなぁーと思ったのにはまりました。

自慢したいのに、愚痴っぽくいう。
相手を批判する目的で、自分を卑下する。
そんなことをついついやっているのかもしれない。あなたより、私の方が幸せだから。勝ってるから。っていうやりとり…。

女同士って素直に自慢したり、がんばったんだよーってなぜか言えない…。

悪いことを知る、自覚する意味で読んでよかったのかもしれない。

実際はこんなにも悪意に満ちてはいないけど、登場人物たちのストーリーがすごくありえそうで面白い。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 読んでいる途中から、いまいちな感じがしていたけど、最後まで読めばきっとなにかあると思って読み続けたけど、感想が変わることはなく終了した。

 理由は、いくつかあると思うけど、自分が感じたのは、タイトルにある『太陽』が、この作品には存在しなかったからだと思う。

 登場人物たちは、口を開けば愚痴ばかり。
 読んでいて気がめいってしょうがなかった。
 
 一人でもいい、『太陽』の存在がいれば、もう少し良い印象を持てたのではないかと思う。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
とにかく、怖かったです。人間が!
いや、みんな考えすぎなんじゃないの、裏読みすぎと思って読んでいたら、それ以上に裏があったりして。恐ろしい。でも、思えば教室って、たぶん、そうだった。通過した多くの人にとっては、今となっては、なんでそんなことに囚われてるの?と思うような、昔の出来事かもしれない。でも、何ものにも全く囚われてない人っているんだろうか。気づいていないだけで、きっと今もそれに代わる何か、一歩外の世界から眺めればちっぽけで些細な何かに、やっぱり囚われてるんじゃないかと思う。
その息苦しさが、生々しくて、本当に怖かったです。
ミステリと呼べるかどうかとか、専門家じゃないのでわからないですが、わたしはとてもドキドキハラハラしましたよ。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック