太陽にほえろ!1983 DVD-BOX がカートに入りました
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 付属品は全て揃っています。 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。デジタルコピー、ダウンロード等は使用できません。記載ない限り予約特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

太陽にほえろ!1983 DVD-BOX

5つ星のうち 3.8 5件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 79,999
価格: ¥ 60,000 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 19,999 (25%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、リブヒールが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:7¥ 60,000より 中古品の出品:8¥ 45,399より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 太陽にほえろ!1983 DVD-BOX
  • +
  • 太陽にほえろ!  1984 DVD-BOX
総額: ¥121,806
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 石原裕次郎, 神田正輝, 世良公則, 三田村邦彦, 長谷直美
  • 形式: Color, Dolby
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 13
  • 販売元: バップ
  • 発売日 2012/03/21
  • 時間: 2082 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 5件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B006Y46NI4
  • EAN: 4988021149617
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 89,381位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

1983年に放送された 第538話~第583話を収録予定
※第538話~第583話(第571話を除く・全45話)
※第571話「誘拐」は制作の都合により収録できません。

太陽にほえろ! 1983 DVD-BOX
(本編ディスク+特典ディスク13枚組)
3月21日発売!

◆収録内容◆
・PHOTOデータ集(DISC-013に収録):初公開も含むカラー11点+モノクロ140点収録!
・特典映像:アンソロジーメイキング「再会のミワカントリオ、七曲署1983の記憶」(DISC-013に収録)
出演:神田正輝・三田村邦彦・渡辺 徹  岡田晋吉・服部比佐夫(当時日本テレビプロデューサー) ★特別収録 長谷直美 ビデオ通信インタビュー
ファン待望!ミワカントリオが再会して1982年のカナダロケでのエピソードも含めてあの頃を語ります。
また岡田晋吉と服部比佐夫、二人のプロデューサーへのインタビューも交えて、マミー刑事、ブルース刑事の登場時の思い出、四国ロケ編のエピソードなどを披露します。
・ブックレット:豪華64Pブックレット「太陽にほえろ!名場面集1983」を封入(当時の貴重なスチール写真、番宣資料などを掲載)
・オーディオコメンタリー:第545話「さらば!ジプシー」
出演:三田村邦彦、服部比佐夫(当時日本テレビプロデューサー) 聞き手:高島幹雄
映像を見ながら語る、ジプシー刑事転勤とその周辺のエピソードも交えたコメンタリーを収録

◆初回封入特典◆
台本復刻版プレゼント応募ハガキ
封入の応募専用ハガキでご応募の方にもれなく第545話「さらば!ジプシー」(予定)の  台本復刻版をプレゼント!!
◆仕様◆
カラー/モノラル/片面2層/ドルビーデジタル

脚本:小川英、長野洋、尾西兼一、峯尾基三、古内一成、金子裕、大川俊道、亜槍文代、塩田千種
監督:竹林進、鈴木一平、山本迪夫、堀内泰治、澤田幸弘、櫻井一孝、高瀬昌弘、木下亮
音楽:大野克夫 製作:東宝 ビデオ原版制作者:日本テレビ
  ビデオ原版制作協力:東宝映像制作部 発売元・販売元:バップ

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

多くのスターを輩出した刑事ドラマシリーズの83年放映分を収録したBOX。“ボス”こと藤堂係長率いる七曲署・捜査係の活躍を、刑事たちの人間模様を織り交ぜながら描く。第538話から第583話を収録。特典ディスク付きの13枚組。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 やさしい気持ち VINE メンバー 投稿日 2012/1/21
Amazonで購入
 ゴリさんの殉職以来、それまで欠かさず見ていた「太陽」を時々見逃すようになっていった。この年の放送は結構見逃した作品が多くて、そういう意味では発売日を心待ちにしている。この時期は番組開始から既に10年が経過し、娯楽の多様化、強力な裏番組の存在など番組を取り巻く状況は決して明るくなかったが、そんな逆風をはねかえそうという意気込みは十分うかがえる。この年から番組は緩やかに下り坂に入っていくのだけど、根っからの「太陽」ファンにとっては思い入れが強い。今から、見逃した作品を楽しむべく発売を楽しみにしている。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
いや〜、いきなりこの金額は正直つらいです。
でも、でも、「太陽−」DVD化計画が
中断しなくて本当に良かった!
このまま永遠に中断したら泣くに泣けませんからね。
欠番も痛い所ですが、仕方無いでしょう。
こうなれば“PART2BOX”まで行って、
最後のBOXは“欠番BOX”にして
「太陽−」DVD化計画・完結にして頂ければと思います。
・・・って、まだ1984、1985、1986分もあるんですよね。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
スニーカー・スコッチが活躍した80年以降分から、無理をしながら(^_^;)購入を続けています。(何しろ高額なので辛い)

何度か見ているはずなのに、今見ても新鮮であり、見応えがあります。
ちょうど番組が転換期だったこともあり、出演者の息の合ったノリの良さが画面からも感じられます。

一番の楽しみは、当時の関係者のインタビューやオーディオコメンタリーなのですが、今回のいわゆる「ミワカントリオ」の座談会は今まで以上に最高に面白かった!30年を経て、人間としても役者としても年齢を重ねてきた3人が(赤裸々に?!)当時を語っていて、番組を見ていた人間としては裏話が楽しくて、楽しくて。
話を聞いていると、不思議なことに、当時の役柄がそのまま歳をとったような三者三様のキャラで、それも楽しみながら見ました。

その後加入したボギーを入れて、4人の若手の活躍を楽しみにしていましたが、83年早々にジプシーが去り、また新しい展開を迎える「太陽〜」。
最終回まで見続けたものの、正直、自分の盛り上がり度も次第に下がっていきました(ジプシーがあと半年いたらもう少し違っていたかも?)

とにかく、何とか、最終回までこのDVD-BOXの企画が続いてほしいものです。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ういっ。 投稿日 2012/1/29
Amazonで購入
571話「誘拐」も入れてくれ。
権利上の問題というのはわかるが、太陽ファンは全話を望んでいるのだよ。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
一連の大異動はまだ続いており、ジプシーこと原昌之刑事の転属でようやくひと段落。
不本意であったが、演じる三田村邦彦が『必殺仕事人』なども抱え多忙を極める以上致し方なかった。「もう一度、帰ってきてほしい」という思いを込めた転属だった。

救いだったのは、その後任が『太陽』のDNAを引き継いでいた存在といえた、故ロッキー刑事の夫人・マミー刑事であったこと。

ファン離れを恐れ、前年のボギーこと春日部一刑事の加入を機に番組テーマを元に戻し、さらにボギーのキャラもマカロニを意識し、配役もショーケンのことを意識して、ロックの大スターだった世良公則を迎えた。
さらに、その後輩となる(もとはボギー殉職後の後任となるはずだったが)又野誠治扮するブルースこと澤村誠刑事も、ジーパン刑事を意識したキャラクターとなった。

が、その原点回帰の動きも、それを受けられるキャラが事実上、ボスと山さんしかいないのでは難しかった。

ドックが引き継いだゴリさんのポジションはもう一人の教え子・マミーがいなければとても支えきれず、トシさんもどっちつかずで長さんのポジションに専念できなかった。
初めて後輩を迎えるラガーはそれだけで手一杯で、やがて体型にまで大きく影響してしまった。

長寿番組が抱えなければならないジレンマが、この頃に強く出ている。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック