通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
太陽と風のダンス[改訂版] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【状態等】書込み無く、全体的に使用感の少ない本です。※海外発送対応※アマゾン倉庫より迅速に発送します。各種決済対応。各種サービス(コンビニ受取、プレゼント包装等)対応。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

太陽と風のダンス[改訂版] 単行本 – 2009/5/21

5つ星のうち 4.3 17件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 626
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 太陽と風のダンス[改訂版]
  • +
  • 世界のレイヴの歩き方 準備、行き方、楽しみ方まで あたらしい自分に出会う旅
  • +
  • 大好きに会いに行こう! 世界のお祭り(フェス)&イベントガイド
総額: ¥5,616
ポイントの合計: 120pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

46年ぶりの皆既日食 in Japan 記念
つまらない日常をぶちこわす、旅とレイヴのバイブルがここに復活!

ドーパミン全開、ドラッグ&セックス満載のレイヴ巡礼の旅。その後日談、待ちきれずに訪れた皆既日食の舞台、トカラ列島での日々を大幅加筆! 目からウロコが300枚は落ちる圧倒的旅行記。
同じくレイヴァーの写真家、半沢健氏が旅の途中で撮影した写真を多数収録。レイヴを巡る旅がさらに鮮やかに!

内容(「BOOK」データベースより)

ドーパミン全開、ドラッグ&セックス満載のレイヴ巡礼の旅。その後日談、待ちきれずに訪れた皆既日食の舞台、トカラ列島での日々を大幅加筆!目からウロコが300枚は落ちる圧倒的旅行記。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 368ページ
  • 出版社: 太田出版; 改訂版 (2009/5/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4778311787
  • ISBN-13: 978-4778311780
  • 発売日: 2009/5/21
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 17件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 364,030位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 カスタマー 投稿日 2004/2/11
形式: 単行本(ソフトカバー)
読みはじめたら止まらない! ベッドの中で読みはじめ、どんどん目が冴えてゆき、気がついたら窓の外は明るくなっていた。こんなの久しぶりの経験だ。
文字を追っていくだけで、主人公とともにその場に居合わせたような気分になる。感情移入して、体験を共有できる。登場するのは一見、だらしのない不適格者ばかりだ。けれど偏見や先入観から開放されれば、彼らの中にこそ我々が失くしてしまった純粋で真摯で野蛮で愛らしい感情や感性が残されているのだと気付くはず。
これを読んで単純にジャンキー日記としか感じられないとは……。ま、一般的にはそうなのかねぇ。
とにかく読んでよかった。友達にもじゃんじゃん勧めてます。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
まず話のスケールが大きい。茅ヶ崎からタイ、インドへ行くあたりは「深夜特急」レベルだけれど、あっという間に「地球は裏庭」くらいのスケールまで話が進んでしまう。65億人の人口を抱えたネット時代はここまで世界が狭くなり、コミュニケーションも可能になっているのかと驚いた。

自転車で7年半も世界中を旅した石田ゆうすけ氏の「行かずに死ねるか」でも感じた「世界の狭さ」を感じさせる本であると同時に、ダンスを生き甲斐にする人々が世界中にたくさんいることを教えてくれる本でもあった。彼らは共通の価値観を持っているためか、コミュニケーションが容易でどんどん友達になっていく。イスラエル人に悪印象を持っていたけど、この本を読んで少し考えが変わったし。

マケドニアに行くまではひたすら痛快。何度も大声で笑った。日常になんらかの生きづらさを感じている人は読む価値があると思う。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
とにかく痛快!パーティー初心者の人って、周りの雰囲気に飲まれることよくありますよね!これ読んでみてくださいよ。僕は、思い切ってパーティーが楽しめるようになりましたね!気後れして尻込みすることなんてなくなるんです!ダサい俺でも、踊っていれば他の誰よりかっこいいんだ!って思えてくる!ちまちましたアホな悩みは全部ぶった斬りです!ゴルゴ博士に感謝!!
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
「東京で起これば良かったのに」。
阪神大震災が起こったときに鶴見済が書いた言葉だ。
不謹慎だ。
でも、これは別の解釈をすべきだ。
ぼくらは何かを待っている。
かわりばえのしない日々を──「終わりなき日常」を──おくるぼくたちにとって、生への歓喜へ続くような何かを。
自分の存在さえもリアルに感じない時代にあっては生命の危機すらその対象となってしまう。
確かに世の中は生きづらいし、馬鹿馬鹿しいことだらけだ。
でも「旅バカ」ゴルゴ内藤が体験しているとおり、それだけではないんだ。
世の中を見渡してみれば楽しいこと(トキメキ!)は結構ころがっているんだぜ!
この本からそんな言葉が聞こえてきた。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/9/28
形式: 単行本(ソフトカバー)
本当に面白かった! 
スラスラと読み進められるだけじゃなく、言葉のひとつひとつから主人公や著者の、レイヴやダンスに対する熱い想いが伝わってくる。ダンスフロアで大汗かきながら大地を踏みしめるこの感覚。レイヴでしか味わえないと思っていたこの感覚が、文章に引き込まれていくうちにいつの間にか自分の中に沸き起こっていた。
法律や世間体や常識ではなく、自分が正しいと思ったことをどこまでも信じ続ける潔さ。知識ではなく経験を、思考ではなく感性を拠りどころとしてどこまでもフルオンで立ち向かっていく主人公に拍手をおくりたい。
これは単なる物語じゃない。ふにゃけた時代に生きるぼくたちに、あるひとつの生き方を提示する名著だと思う。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
読んでいて、10年くらい前?に流行った「意味より強度」なんて言葉がアタマに浮かんだ。学生時代に読んでいたら、もっと影響を受けていたかもしれない。いま読むと、うらやましいと思う反面、「それが全てではない」と反発する気持ちも芽生えてしまう。

お祭りは、終わりがあるから楽しいのであって。自分は、仕事ちゃんとして、大切な息抜きとしてたまに踊りに行くぐらいがちょうどいいのだなぁ、と再確認。

「終わり」が来る前の「強い一瞬」を余すことなく描いている、という意味では非常に貴重な一冊だと思う。それとも、「(お祭りの)終わりが来ない」、ずっと踊り続けるという新しい生き方を実践する人々が今後増えていくのかしら。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー