中古品の出品:10¥ 18,500より

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

太陽と月に背いて [DVD]

5つ星のうち 4.7 22件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:10¥ 18,500より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。

  • 【50%OFF以上多数】DVD・ブルーレイ冬の大セール開催中(2017年1月31日まで)バーゲンコーナーを今すぐチェック


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: レオナルド・ディカプリオ, デイヴィッド・シューリス, ロマーヌ・ボーランジェ, ドミニク・ブラン, アンジェイ・セヴェリン
  • 監督: アグニエシュカ・ホラント
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 英語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 紀伊國屋書店
  • 発売日 2007/01/27
  • 時間: 112 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 22件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000K7VIP4
  • EAN: 4523215021760
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 90,897位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

TOTAL ECLIPSE 1995年/イギリス 特典:フォト・ギャラリー
COLOR 112分 英語ステレオ 日本語字幕 16:9 ビスタサイズ ドルビーデジタル 片面1層

私は妻の カラダよりも ランボーの才能に 欲情した。
19世紀のフランス象徴主義の代表的詩人、アルチュール・ランボーとポール・ヴェルレーヌの軌跡を描いた人間ドラマ。物語は、若く美しく才気溢れるランボーと、酒に溺れ狂暴な感情の爆発と内気な優しさという矛盾を孕むヴェルレーヌの奇跡的な出会いから、2年間に渡る同性愛の日々、その果てに来る別離と破滅、そしてランボーがアフリカを初めとする放浪の旅に出て孤独な死を迎えるまでを、壮大なスケールで描いてゆく。ランボーとヴェルレーヌの愛と残酷さ、インスピレーションと敵対心、そして決別と和解を、暴力的でエロティックで挑発的な愛の物語として情感溢れるタッチで描き、2人の心情を繊細な描写で捉えた傑作ドラマ。物語の秀逸さは勿論の事、若く天才的才能を持つ無節操で残酷なランボーを体現したL・ディカプリオと、彼に引き込まれながら芸術家の内面における創造と破壊の葛藤に揺れるヴェルレーヌを演じたD・シューリスの演技も絶品。(ALL CINEMA ONLINEより)

監督:アグニエシュカ・ホランド 製作:ジャン=ピエール・ラムゼイ・レヴィ 製作総指揮:スタファン・アーレンベルグ 脚本:クリストファー・ハンプトン 撮影:ヨルゴス・アルヴァニティス 音楽:ジャン・A・P・カズマレック 出演:レオナルド・ディカプリオ、デヴィッド・シューリス、ロマーヌ・ボーランジェ、ドミニク・ブラン、フェリシー・パソティ・カバルベイ、ニタ・クライン、ジェームズ・シエリー、エマニュエル・オッポ、デニス・チャレム

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『タイタニック』のレオナルド・ディカプリオが19世紀に生きたフランスの詩人、アルチュール・ランボーを演じた壮大な人間ドラマ。新進気鋭の詩人・ヴェルレーヌは、自分を頼って田舎からやって来た美しく奔放な青年・ランボーと禁断の恋に落ちる。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
詩についてほとんど触れられていない点や、
蛇足の感のあるランボーの後半生の描き方、配役等々賛否両論ありますが、
そんなことはこの際どうでもいいと思えるほどに
この映画のレオナルド・ディカプリオは美しく魅力的。

美少年と言われたこの頃のレオですが、
一つ前の映画も、一つ後の映画も、この時の美しさにはかなわない。
ファンが口を揃えるように、まさしく「レオの最も美しい一時期をとらえた奇跡の映像」です。
この一瞬をここまで綺麗に撮っておいてくれた監督に感謝したくなります。

美しいだけではなく、レオの演技は「ランボーはこうだった」と思わせてしまう見事なもの。
若く自由奔放な激情をぶつけてヴェルレーヌを翻弄しつつも
誰よりも愛していると自分に言いながら奥さんと別れられないヴェルレーヌの弱さに苦しむ。
ランボーは紛れもなくヴェルレーヌを愛していたということが、
そして、ヴェルレーヌとの別離、詩との決別の必然がよく伝わってきて、とても切なくなります。

シューリスも相変わらず上手いし(醜悪な容姿の役作りも過剰なほど)、
ボーランジェの若妻の清楚な美貌と女の意地が宿る肉体美、
三人が描き出す愛憎の世界がとても素晴らしい
...続きを読む ›
コメント 69人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
レオの美しさ、抗えない魅力そしてシューリスの鬼気迫る演技力
これらについては皆さんに譲るとして、
この作品は「愛」についてではなく、
原題「皆既日食」のように「完全に重なり合う感性」を暗示した作品だと考える。

人は「自分の面白いと思うもの、美しいと思うもの」に共感を求める生き物で
その共感を他人から100%得ることは残念ながら無いはずだ
けれどこの2人には、ある期間、一瞬、確かにそれがあった

そういう視点から見るととてつもなく切なく、胸がかき乱され、鑑賞後
自分自身のランボーを、ヴェルレーヌを欲する気持ちが心を揺らす。
「どこかに行きたい!」「どこに?」「どこかだ!」
この会話だけで、自分すらわからなかった「どこか」をこれ以上なく完全に具現化し
満たされる景色を見せに連れて行ってくれるひと
難解な言葉の底のほんとうの意味をすくい上げ、評価してくれるひと
そういうひとに、出会えた幸福、これ以上ない幸福。
そしてやはり、すれ違ってしまう
「皆既日食」がいつか終わって、月は太陽に重なるのをやめてしまうように。

凶器のような感情を抱える2人の詩人を、こんなに心震わせる映像でとらえた
音楽
...続きを読む ›
3 コメント 46人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 サル 投稿日 2007/1/16
この作品はディカプリオが主演している作品の中で一番と言っていい作品だと思う。
あとこの頃が一番演技にキレがあったのではないでしょうか?
この作品は賛否わかれますが個人的には好きです。 観終わる頃にはランボーの詩に惚れてしまいました。 次の日には図書館でランボーの書籍を探したほどです。
個人的に気に入ってるシーンはラストの「見つけたよー永遠をー太陽を溶かしこんだー海だ」っと語り海が映るところです。 まさに溶かしこんだ海に見えました。
また劇中の音楽が素敵です。
観て良かったと思えた作品でした。
コメント 50人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
「タイタニック」で大ブレイクする寸前の一作。
やはり「時代の寵児」だったのだろうな…と思ってしまう。このディカプリオの美しさと言ったら!
しかも、その瞳の光はまさしくランボーそのもの。
するどく相手を見つめ、曖昧なことを許さない。
「ボクを愛しているか?」と問いかけ、目線を外せない相手を破滅させていく。
その演技と表現は10代の役者なんて思えない。
ルックスも感性も、天から選ばれ時代に愛された者にしか許されないもの。
これを観ると・・・
「タイタニック」の大成功は、彼にとってプラスだったのか?なんて思ってしまう。

ディカプリオ・ファンでなくてもぜひご覧あれ。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す


フィードバック