通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
太極拳が教えてくれた人生の宝物~中国・武当山90日... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

太極拳が教えてくれた人生の宝物~中国・武当山90日間修行の記 (講談社文庫) 文庫 – 2011/11/15

5つ星のうち 3.9 20件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫, 2011/11/15
"もう一度試してください。"
¥ 730
¥ 730 ¥ 8

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 太極拳が教えてくれた人生の宝物~中国・武当山90日間修行の記 (講談社文庫)
  • +
  • デュボワ思考法
総額: ¥2,273
ポイントの合計: 37pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容紹介

日本を代表するヨーガ行者・成瀬雅春さん 大絶賛!
「あなたの人生を変える一冊」

私より20歳も若い師匠は言った。
「自分が何者であるかも忘れるほどに稽古を積んだとき、きみは人生のすべてを手にいれることができる」

キャリア・マネジメント界の第一人者である在日フランス人デュボワ氏が、自分の人生をリセットすべくすべての仕事を中断し、太極拳発祥の山に90日間こもった。過酷な修行の末、師匠の教えについていけず失意のうちに帰国した彼の前に、ある日突然現れた“気づき”とは? 人生の真実とは?<文庫書下ろし>

内容(「BOOK」データベースより)

キャリア・マネジメント界の第一人者である在日フランス人デュボワ氏が、自分の人生をリセットすべくすべての仕事を中断し、太極拳発祥の山に90日間こもった。過酷な修行の末、師匠の教えについていけず失意のうちに帰国した彼の前に、ある日突然現れた“気づき”とは?人生の真実とは。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 260ページ
  • 出版社: 講談社 (2011/11/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062770644
  • ISBN-13: 978-4062770644
  • 発売日: 2011/11/15
  • 商品パッケージの寸法: 14.6 x 10.4 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 20件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 71,674位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

自分は、「負けない生き方」をテーマに、養生としての空手の修行や抗加齢医学の勉強を行っている医師です。
この本は、偶然書店で手にし一気に読んでしまい、いても立ってもいられなくなりレビューを書きます。
G師父の言葉の、「魂が疲れている」が自分の今の状況とまさに当たっており、自分の人生を振り返る事が出来、またG師父とのやり取りは、今後の人生を生きる上で大きなヒントが詰まっていると思います。また、中医学が、日常的に行われているシーンがあり、この場面だけでも東洋医学に興味のある方には、参考になると思います。
武当山から帰る時に、G師父との分かれる当たりのところでは、師弟の枠組みを超えた人間としてのつながりのすばらしさに涙が出てしまいました。
読み終わったばかりで、まだ自分の感情の整理が着いていませんが、今後、ことあるごとに再読するに足る書籍と感じます。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
45歳の情けない、弱い姿を見事にさらけだしています。
寺での生活にほとほと疲れ果てた様子、日本に帰ると泣きの連絡を入れる様子、
全て描かれています。
これが、師匠に可愛がられるお利口な弟子の姿しか描かれていないとしたら
興味も半減でした。
帰るといっても、今、そこでの稽古を止めてはダメだという周囲の声に
いらだちながら、結局、予定通り、そこで痛みに苦しみながら稽古をしつづける著者。
そして、日本に帰るときも、特に何かを掴めたと言う感慨もなく、
日本への帰路についた著者。
しかし、変わったのは間違いないようで、
だからこそ、この本を出しているのだと思います。
生臭くて、とてもいい本でした。
一気に読みました。
続けることが才能。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
 マリンバ奏者としても作曲家としても故国でも活躍
し、慶應義塾大学で教鞭をとるフランソワ・デュボワ
氏。疲れ果てた肉体と魂を引っ提げて45歳の年、道教
の聖地・武当山にて90日間修行した。その記録とその後。

 残念ながら90日間の修行の最中は期待していた変化
は訪れず、それどころか精神的にも肉体的にもそれ以
上に傷めつけられた感じで帰ったが、日本へ帰ってか
ら様々な気づきを得る。

 多少なりとも私が太極拳を始めて得てきたものと合
致。功夫(カンフー)とは、現代社会で失ってしまっ
た人間を本来の姿に戻して強さを得るものである。
そこには理屈も理論もいらない。

 くじけそうになった時、読み返したい本である。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
 私たちが現代社会の都会の生活の中で、知らないうちに、いかに 「外付けのラベル」と共に生きてしまっているかがよくわかりました。修業を通じて、そのラベルを1つ1つ取り去り、「素の魂」の状態になってくると、人間本来の力が呼び覚まされてくるということだと思いました。

 つまり、国籍、職業、収入、肩書き、資格、住所、所有物などで、私達は自らをラベルし、自らを制限しているのです。それを解き放つことで、自分に本来備わっている本当の力を発揮することができるはずです。無限のパワーを秘めている気がします。

カンフーと道教について、ますます興味が湧いてきました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 日本在住の親日・知日派というか、すっかり日本人になってしまった感じのフランス人が、湖北省にある武当山に出かけ、中国武術を修業するということが本書の内容である。マリンバ作曲等の音楽家として出発し、その方面の成功後、慶応大学で教え、若いときに出会った合気道の魅力を終生忘れず、中国武術を湖北省に修業に行き、やっと本書ができあがったようである。
 すでにすでに多数の著作を出している有名な人なので、あらためて説明の必要もないくらいだが、これまでの著作と違うところは、著者の青春彷徨から始まり、内面の発展を中国での武術修行と関連させて、かなり詳細に述べており、著者に一度でも会った人には是非お勧めしたい書物である。著者の洗練された物腰と知性の成り立ちを、本書を通じて一層深く理解することができる。本書の内容は、勿論、日本の合気道、中国武術(太極拳)、道教など多岐にわたっており、それらも大変興味深いが、何といっても一番惹きつけられるのは著者の内面の発展過程である。
 著者は基本的にコスモポリタンなので、修業の場となる武当山でも各国の人との活発な交流があり、それも非常に興味深い。ドイツ人グループがやたらと行動前に理由を追求するという場面には笑ってしまった。中国に偏見とかアレルギーをもたず、ありのままを見てみようという気持ちがあれば、本書はあっという間に釘付けになってしまう。海外在住が長い日本人の人達にとっても面白いくらいなので、外国生活をまだ未経験の人には一層面白いかもしれない。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー