通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
太平記 ビギナーズ・クラシックス 日本の古典 (... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 ゆずの木書店
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに多少のスレ、キズがございます。天、地、小口、紙面の焼けは少なめですが、多少の使用感がございます。帯、応募券などの封入物は原則付属致しません。特に記載のない場合、付録、CDなどは付いていません。中古商品の為、気をつけてはおりますが、多少の傷み、焼け、書き込み等はご容赦下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

太平記 ビギナーズ・クラシックス 日本の古典 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス 日本の古典) 文庫 – 2009/12/25

5つ星のうち 4.0 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1,080
¥ 1,080 ¥ 535

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 太平記  ビギナーズ・クラシックス 日本の古典 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス 日本の古典)
  • +
  • 平家物語 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス)
  • +
  • 徒然草 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス)
総額: ¥2,636
ポイントの合計: 175pt (7%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

後醍醐天皇即位から室町幕府細川頼之管領就任までの、史上かつてない抗争の時代約50年間を描く軍記物語。新田・足利・楠木らの強烈な個性の人間たちの凄まじいドラマが錯綜・展開する南北朝の歴史をダイジェスト。

内容(「BOOK」データベースより)

『平家物語』と並ぶ軍記物語の傑作。後醍醐天皇の即位から、討幕計画、鎌倉幕府の滅亡、天皇親政による建武中興と崩壊、足利幕府の成立と朝廷の南北分裂、足利家の内紛を経て、細川頼之管領就任までの、約50年間にわたる史上かつてない動乱の時代を描く。強烈な個性の後醍醐天皇をはじめ、大義名分のもとに翻弄される新田・足利・楠木など、多くの人たちの壮絶な人間群像と南北朝という時代をダイジェストで紹介。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 425ページ
  • 出版社: 角川学芸出版 (2009/12/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4044072108
  • ISBN-13: 978-4044072100
  • 発売日: 2009/12/25
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 127,527位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
構成としては、各巻ごとに、場面ごとのあらすじみたいのがあって、その巻の中でもクライマックスといえるような重要な部分について原文と訳文が書かれてるような感じです。
だからかなり端折られてる部分もあったりします。
一方で通常足利尊氏が死ぬところまでで終わってしまうケースが多いので、そこから細川頼之の執事就任までの間が書かれてるのは最近の太平記本では珍しいかな、って感じです。

まあこういう構成ですから、ざっと読むにはいいのかな、って感じです。ある程度は分かる印象でしょうか。

ただ気になったのは、誤植の多さ。特に人名ルビに誤植が多いように思います。
あとあらすじ文に妙に感情がかった部分があること。小説ならともかく古典文学の本でこれはちょっとまずいかな…って思いました。

太平記を最初に読むならこれが一番いいと思うんですが、あくまでも入門編って感じですね。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 羽田シルバー VINE メンバー 投稿日 2012/4/18
形式: 文庫 Amazonで購入
角川の古典解説シリーズです。太平記との名とは裏腹に、南朝・北朝の争いを描いた戦記ものです。ところどころ、妖怪や霊威のようなものも出てきます。同じ戦記ものとしては、慣れ親しんでいるせいか、平家物語んの方が、面白かったと思います。長くて、やや冗長な印象を受けましたが、古典と歴史の学習にはなるでしょう。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
いや、どんな内容なのか、興味津々であった古典が、こんな「トンデモ」本だったとは、いい意味で驚いた。やはり中世では、神や怨霊、鬼、天狗などが跳梁跋扈し、人間世界と渾然一体となっていたのである。こういう世界観にどっぷり浸かっていた人々は、当然、今の我々とは発想もものの味方もまったく違う。改めて歴史をみる視点について考えさせられた。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
本書は、「全40巻の全体像を展望する」ことを目指しているそうです。
各巻ごとに、編者が「太平記らしさ」を伝える場面を抜き出し、「通釈文」と「本文」を並べ、
その前後を「あらすじ」で繋いでいるため、全体像は掴めます。
所々に解説もありますが、不足気味です。
もっと解説があれば良かったと思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告