Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 432
ポイント : 4pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[福本 伸行]の天-天和通りの快男児 18
Kindle App Ad

天-天和通りの快男児 18 Kindle版

5つ星のうち 4.9 15件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] 天-天和通りの快男児の18の第18巻

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 432
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 1


【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック



商品の説明

内容紹介

超心理麻雀漫画「アカギ」の主人公・赤木しげるが大人になって登場!主人公、天が率いる東代表のメンバーの一員として西代表との東西戦に臨む。老アカギ、カッコイイです。歳食った分いい感じに丸くなってます。ほとんど主役の存在感。スピンオフ作品として、「アカギ」が生まれたのも納得です。終盤、激アツです。心に響く名台詞の数々・・・。人生観変わります。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 128541 KB
  • 出版社: フクモトプロ/highstone, Inc. (2013/7/20)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00DU5L02E
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 15件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
麻雀漫画という枠を超えた本。

自分が何をしてどうなりたいのか?
人目や風評ばかり気にして自分の人生の道筋は?

こんなことを教えてくれる本でもあると感じます。

私は、今でもサラリーマンですが、
会社の為に働くことが自分の為になると信じて疑わなかった時があり、
ある日無理をし過ぎて、うつ病になってしまいました。
なにもやる気がおきず、携帯の電源を付けてるだけでも吐き気がするほど。
薬も飲んでいましたが効かず・・。

そんな所にこの本と出合い、自分の生き方について考えさせられ、
やりたいこと等が見つかってきました。
そして日が経つにつれ病気も治っていきました。

もう何回読んだかわかりません。
辛くなった時はこの本を読んで気力をもらいます。

影響されすぎるといわれてしまえばそうかもしれませんが、
自分にとっては「天」という本は本当に自分の人生を助けてくれた本です。
コメント 62人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
16巻あたりから始まったエピソード、そして「天」という物語も一応の幕を閉じます。

最後はとにかくすごかった。福本先生のすごさは読んでみないとわからない。

自分は「アカギ」も読んでいるのですが、あの赤木がこんな風に・・、

と特に僧我とのナインとの時は思いました。この「天」でも健在だったあの神がかった闘牌。

その赤木が病によってここまで・・と。

 でも最後まで読んで、やはり赤木という人物の魅力は自分の中で丸で衰えを知らず、

それどころかその最後が本当に本当に悲しかった。アルツハイマーによって赤木自らが幕を閉じた53年の生涯は、どうしようもなく魅了されてしまうのです。福本先生が描きたかったのは

赤木その人だったのではないか、と思ってしまうほどです。

 そして、主人公の天。どうも東西戦の途中までは赤木の凄さに潜んでしまった感じがあったのですが、最後の赤木に対する思いをぶちまけたあの言葉の数々。それまで何とか堪えていた涙をもはや止める事が出来ませんでした。あのシーンの彼は赤木に負けず劣らず本当に魅力的だった。赤木という天才にとってこの死は必然かもしれないと思いつつも、「自分の為に」と泣きながら家族になろうと説得する天。
...続きを読む ›
コメント 48人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
1人でも多く読んで欲しい作品
この作品を通じ赤木の言葉が心に響き、強くなれたもは数知れず。
ネットを徘徊していても、赤木が野郎共に「赤木さん」と、心の底から慕われているのが分かる。

脳が生死の区別すらつかなくなる寸前に選んだ「飛散」
それは決して自殺でない。
むしろ可能な限り生きて生きていかなければ、と思わせる飛散
赤木の言葉、生き様、死に様に救われた者は多いだろう。

「飛散」を選べるのは、神域な生き様を全うできた、ただ一名のみ。
その域に足元も及ばない我々凡人はズルズル・おめおめと生き続けるのみ。

早い話・・・赤木のように生きるのだ・・・可能な限り・・・!
人生の実は・・・ただ生きることの中に・・・!
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
本作品でアカギの生き様(死に様?)を描いた作者の「死生観」は、
養老孟司が「死の壁」「真っ赤なウソ」などに書いていた
生と死のあり方に関するメッセージとかなり近い。
ただし、養老孟司が科学者(というか医者)特有の「無機的な理」を、
強引な論理構成でねじ伏せるように伝えようとしているのに対し、
福本伸行は、養老孟司と極めて近いレベル(おそらくはこの種の問答の到達点)に達していながら、
養老孟司よりはるかに明快かつ感動的に伝えている。
養老孟司が注目を集めるようになった今(2004年10月)でこそ、
この種の考え方は我々の共通認識になりつつあるが、
2年以上も前にこのような作品があったことは驚愕に値する。
両氏の思考レベルはほぼ互角(というかどちらもほぼ到達点)ながら、
「メッセージ」という面で見ると、
福本伸行の方が圧倒的に明快で、優れている。
また、あいまいな表現によって、
作品から偶発的に生まれたメッセージではなく、
確信をもって、ひとつのメッセージを、
明確に伝えていることを考えると、福本伸行は「超」がつく天才。
特に「天」のラスト3巻(16~18巻)は秀逸だ。
ぜひみなさんも福本伸行、養老孟司両氏の作品を
自分なりに比較してほしい(養老孟司の本も突出して優れているので)。
コメント 53人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover