中古品
¥ 328
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【必ず最後までお読みください】■中古品のため多少の使用感・経年劣化(折れ、ヤケ、シミ、古書特有の匂いなど)がある場合がございます。帯をお付けできる保証はございません(商品の一部とみなしておりません)。カバーが商品詳細ページの画像と異なる場合がございます。また、中古品の特性上、ギフトには適しておりません。詳細についてはAmazonマーケットプレイスコンディションガイドラインをご覧ください。■弊社から注文確認・発送完了メールはお送りいたしません。商品の状態に不備が見つかった場合のみ、確認のメールをお送りいたします。発送完了後、Amazonから発送をお知らせするメールが届きます(追跡番号も記載されています)。■返品・交換の際は弊社指定の方法でのご返送が必要となる場合がございます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

天駆ける騎士 (ハーレクイン文庫) 文庫 – 2009/5/1

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(4)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫, 2009/5/1
¥ 328
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

時はヘンリー王の御代。ウィルモント男爵の末弟スティーヴンは、大空をかける隼のように、自由と冒険をこよなく愛していた。イングランドでも名高い財力と魅力的な顔立ちのおかげで、女性たちにも親しまれ、宮廷でも楽しい日々を謳歌している。そんなある夜、目当ての女性の寝所を探して忍びこんだ部屋で、なんと若き日に夢中で愛を語り合ったマリアンと出くわした!あのときは別れの言葉も告げぬまま去ったが、相変わらず美しい。その姿がどこか悲しげに見え、スティーヴンは思わず手を伸べたが、マリアンはぴしゃりとはねつけた。「謝罪するには遅すぎるわ」 --このテキストは、オンデマンド (ペーパーバック)版に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

時はヘンリー王の御代。ウィルモント男爵の末弟スティーヴンは、大空をかける隼のように、自由と冒険をこよなく愛していた。イングランドでも名高い財力と魅力的な顔立ちのおかげで、女性たちにも親しまれ、宮廷でも楽しい日々を謳歌している。そんなある夜、目当ての女性の寝所を探して忍びこんだ部屋で、なんと若き日に夢中で愛を語り合ったマリアンと出くわした!あのときは別れの言葉も告げぬまま去ったが、相変わらず美しい。その姿がどこか悲しげに見え、スティーヴンは思わず手を伸べたが、マリアンはぴしゃりとはねつけた。「謝罪するには遅すぎるわ」。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 394ページ
  • 出版社: ハーレクイン (2009/5/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4596932247
  • ISBN-13: 978-4596932242
  • 発売日: 2009/5/1
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,084,104位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
遺産相続人キャロリンに求婚中の、ウィルモント男爵の末弟スティーヴンと、
キャロリンの従妹で、スティーヴンの子ども(双子の娘たち)を秘かに産んで育てている、マリアンのお話。

物語の冒頭で、キャロリンに夜這いをかけにいったスティーヴンが、寝室でいきなりマリアンと鉢合わせしたときには
「え?コイツ、もしかしていいかげんな女たらし?」と不信感を持ちましたが、
読み進めていくうちにスティーヴン、マリアン、キャロリン、それぞれが抱える事情が見えてきます。

「夫に口出しされずに自分の土地を監督したい」「愛する男性とだけは結婚できない」という理由から、スティーヴンとの結婚を望む、キャロリン
「結婚に愛情を介在させたくない」との思いから、敢えてキャロリンとの、愛も束縛もない政略結婚を選んだ、スティーヴン
子どもの父親の名前を誰にも告げなかったせいで家族に絶縁され、伯父の領地に身を寄せ、双子の娘たちとつつましく暮らす、マリアン
そんな3人を病床から静かに見守る、マリアンの伯父(キャロリンの父親)、ウィリアム

もっと自分の結婚相手にふさわしい人間がすぐそばにいるのに、心の奥底ではそれをちゃんとわかっているのに、
自分の気持ちに蓋をして、強引に愛のない結婚話を推し進めよう
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告