通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
天童木工 (家具の教科書シリーズ) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバー傷み、ハガシ傷など、やや劣化や使用感がございますが、中古品としては並程度、概ね良好です。細かな劣化は予めご了承くださいませ。中が見えない封筒で、主にゆうメールで発送予定です。迅速対応を心掛けています。万一不備がございましたら対応いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

天童木工 (家具の教科書シリーズ) 単行本 – 2008/3/22

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,268
¥ 2,268 ¥ 1,403

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 天童木工 (家具の教科書シリーズ)
  • +
  • 椅子―人間工学・製図・意匠登録まで
  • +
  • 世界で一番やさしい家具設計 増補改訂カラー版 (エクスナレッジムック 世界で一番やさしい建築シリーズ 35)
総額: ¥8,532
ポイントの合計: 258pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

日本近代デザインの金字塔とも評される柳宗理の「バタフライスツール」。この名作の製造を担当したのが山形県のメーカー、天童木工である。柳をはじめ、剣持勇、ブルーノ・マットソンらが多くの巨匠が、この地方の一メーカーにこぞって協働を求めた理由とは? 本書では、天童木工開発部に40年近く勤めた菅澤光政(現東北芸術工科大学非常勤講師)が、メーカーの歴史と本質的な魅力を綿密に綴っている。技術者でもある菅澤が、名作家具それぞれの工法について記した技術解説も読み応えあり。天童木工に関する初の体系的な書籍であり、日本の家具デザインの真髄を堪能できる、ファン待望の一冊だ。

内容(「BOOK」データベースより)

名作ジャパニーズモダンファニチャーはどのようにして生まれたのか?世界中にファンを持つ「天童木工」の技術と歴史を語る初の著作。開発の現場に40年近く関わった筆者による詳細な技術解説付き。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 208ページ
  • 出版社: 美術出版社 (2008/3/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4568503450
  • ISBN-13: 978-4568503456
  • 発売日: 2008/3/22
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 15 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 299,462位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
天童木工は山形の主に公共施設向けの特注家具を制作している会社です。本書で述べられている同社の特徴は以下のようなものが考えられます。

①大規模公共施設向けに一括で家具を制作するため、建築家やデザイナーなどと太いコネクションがある。この繋がりは海外の建築家にも及んでおり、建築家デザインの家具も多数制作している。

②どの角度から見ても美しく見える徹底したものづくりへのこだわり

③戦後まもなくから高価な成形機械を導入するなど先端技術への投資、開発に熱心

④木工に限らずプラスチック、発泡スチロール、金属など様々な素材に挑戦。これらは収益に結びつかないものもあったが、デザインの幅を広げる意味では役立った。

⑤「作れないものはない」という言葉に象徴されるあくなき挑戦心。コンサートホール向けの巨大音響板など大規模かつ一点物の難しい注文を数々こなしてきた。

本書を執筆したのは同社の元開発部長。自らも家具のデザインや渉外に当たってきた人の開発の苦労や工夫した点などが聞けるのは大変貴重です。会社経営に立った記述も多く、これらも同社を理解する助けになるはずです。文章も技術者らしい簡素な言葉でわかりやすく、ものづくり、経営両方において教えられることが多い本です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す