天空の蜂 [DVD] がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

天空の蜂 [DVD]

5つ星のうち 2.4 27件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,564
価格: ¥ 2,663 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 901 (25%)
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:6¥ 2,663より 中古品の出品:12¥ 999より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 天空の蜂 [DVD]
  • +
  • HERO DVD スタンダード・エディション(2015)
総額: ¥5,550
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 江口洋介
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 松竹
  • 発売日 2016/02/03
  • 時間: 138 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.4 27件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B017QXDVTK
  • JAN: 4988105071278
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 10,347位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

史上最悪の原発テロ発生。
超巨大ヘリが原発に墜落するまで、タイムリミットは8時間!


■東野圭吾×堤幸彦、夢のコラボが初実現。
映像化多数のヒットメーカー東野圭吾と多彩な作品を手掛けてきた堤監督が初タッグ!壮大なエンターテインメント超大作の誕生。
■高度800m上空の子供をどう救い出すのか! ?ヘリ墜落を阻止できるのか?犯人の目的とは! ?タイムリミット8時間のなかで繰り広げられる、手に汗握るストーリー!
■大迫力・大スケールのヘリ描写、スリル満点の救出シーンなど、息もつかせぬアクション


【ストーリー】
1995年8月8日。最新鋭の超巨大ヘリ《ビッグB》が、突然乗っ取られ、福井県にある原子力発電所「新陽」の上空に静止した!
遠隔操縦によるハイジャックという驚愕の手口を使った犯人は〈天空の蜂〉と名乗り、“日本全土の原発の破棄"を要求。
従わなければ、大量の爆発物を搭載した≪ビッグB≫を原子炉に墜落させると宣言する。
機内に取り残された子供の父親であり《ビッグB》を開発したヘリ設計士・湯原(江口洋介)と、原発の設計士・三島(本木雅弘)は、上空の子供の救出とヘリ墜落の阻止をするべく奔走するが、政府は原発破棄を回避しようとする。
その頃、《ビッグB》と原発を開発した錦重工業の総務課に勤める赤嶺(仲間由紀恵)は、周囲に家宅捜査の手が伸びる中、密かに恋人・三島の無事を祈っていた。
一方、事件現場付近で捜査にあたる刑事たちは、《ビッグB》を奪った謎の男(綾野剛)の行方を追跡。聞き込みを続けるうちに、衝撃の真相へと辿り着いていく――。


【キャスト】
江口洋介 本木雅弘 仲間由紀恵 綾野剛 國村隼 柄本明
光石研 佐藤二朗 やべきょうすけ 手塚とおる
松島花 石橋けい 前川泰之 松田悟志 森岡豊 カゴシマジロー
竹中直人 落合モトキ 向井理 永瀬匡 石橋蓮司


【特典映像】
・特報、予告篇


特典仕様、ジャケット画像等は変更になる可能性がございます。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

東野圭吾の同名小説を、堤幸彦監督が映像化したアクションサスペンス。最新鋭の超巨大ヘリ“ビッグB”を遠隔操作したテロが発生。犯人の要求は“日本全土の原発の破棄”。ヘリ設計士と原発設計士が、日本消失の危機を止めるべく奔走する。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

なんで日本映画は「お涙ちょうだい」を入れたがるのだろう?この作品に親子愛とか、仕事への情熱とか、そんなセリフやシーンは不要だと思う。そんな場面が出てくると、例のごとく「泣かせてやろうBGM」がうるさく流れて白けてしまう。本作品は本当は人(社会)にとって必要だが、それには関わりたくはないという矛盾を指摘し、提唱するところにあると思うのだが。そこでの政府や公的機関との交渉、やり合いを鬼気迫る演技で見せてくれたら、もっと面白くなったと思う。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
最新型ヘリ「ビッグビー」を無線で乗っ取り稼働中の原発に落下させる。回避したければ、日本中全ての原発を停止しろ。これが犯人の要求。

設定も面白く、原発というテーマにも興味が有るので鑑賞したが、消化不良感が残った。
日本映画にしては、ヘリを使ったアクションシーンなど頑張ってた点は評価するが、最後まで主人公にも真犯人にも今ひとつ共感出来ず、ドラマに入り込めないまま終わった。

このストーリーの肝は、家族よりもビッグビー開発を優先し家庭不和を起こした江口洋介演じる技術者と、そのビッグビーを悪用した犯人との攻防のはず。

この攻防を最大に盛り上げるには、クライマックスまでに視聴者が江口洋介に充分共感している必要があり、また、犯人の犯行動機についても、犯罪は良くないが気持ちは分かるなど、視聴者も複雑な心境に至っていることが必至のはず。

ところが、肝心の二人の描写が中途半端な上に、原発の所長とか老獪な刑事とか脇役を描写する時間も長く、散漫な人物描写が延々続く。
しかも、事件解決ですっきり終わらずに、なぜか江口洋介の息子が成人した後の父子のシーンなどが入っている。爽やかに終わらせたかったのか、監督の意図が今ひとつ不明なシーン。

ストーリーの縦軸が原発ジャックという未曾有の大
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
原作はたぶんもっと内容が濃いんだろうけど映画だと抜粋して纏めないといけないため所々の説明が不十分だしそれはないわってとこが多い。

役者陣は豪華だし頑張ってたと思うんだけど無理があるなって感じ。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 牧 史郎 トップ500レビュアー 投稿日 2016/3/21
検問所でのID確認の厳しさを強調しておきながら、当のビッグビーの周囲は誰も警備していません。あれよあれよと思う間もなく、子供が乗り込んでしまいます。そしてするするするとビッグビーが倉庫からでてきてしまいます。
 冒頭から期待を裏切られてしまいました。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
途中まで楽しく見てましたが、最後の20分くらいからファンタジー要素が強すぎ、評価が急降下。
 ・拘留した重要参考人を撃ち殺そうとした主人公にお咎めなし。というか発砲してるし・・・。
 ・民間人の主人公に、他の誰でもできるビックビーのヘリローターの最後のコンロールを任す。
 ・電波式のコントローラーの感度?(感度といっていましたが、電波強度のこと?)を高めるといって、ヘリから身を乗り出す。
  (何かのギャグかと思いました。そんなことするなら、電波強度を強くする改造すればと思いました)
まあ、そんなファンタジー要素も、最後、ビックビーがちゃんと原子炉に突っ込んでくれれば、言うことなしで、
☆4点くらいはつけましたが、結局世はことも無しという終わり方。
陳腐な映画に仕上がってます。
東野 圭吾 さんの原作は読んでないのですが、邦画特有の「原作のいいところを上手い感じに台無しにしている感」がしっかり出ていました。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
登場人物の誰にも、共感も感情移入もできない、見続けるのが困難な映画だ。すべてが非現実的で馬鹿馬鹿しい、観る価値なし。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
日本人監督はどうして説明捕捉が好きなんだろ😓

俳優の演技力が足りないのもあるけど、陳腐なんだよね~色々と
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
天空の蜂

なんか有名で人気の映画らしいというのと、佐藤二朗さん(ギャグを期待)が出ているというのでDVDを見たが、はっきり言って、つまらなくて最悪の映画だった。視聴したオレの時間を返せ。(佐藤さんはマジメな演技です)
見ると不愉快となり、気分が悪くなるので視聴しないことをオススメします。
以下、ネタバレあり。

1.ホバリングする高さが高すぎる
犯人が確実に目標に落下させることを目的とするならば、この高度(数字は忘れたが、かなり高度が高い)設定は高すぎる。私が犯人であれば、せいぜい50mか100m程度の上空をホバリングさせる。これは映画が始まった当初からおかいと思っていた。
この高い高度は、子どもが落下して助けるために時間的余裕を作るのと、ヘリが落下しても目標をズラして大参事になることを防げるクライマックスを盛り上げる理由として、作家があらかじめ設定したものと推測し、ストーリー進行を劇的にするための強引な設定であるということで興ざめする。

2.江口洋一の子どもが航空自衛隊のUH-1のパイロットになる
子どもが小さい時、UH-50J(架空)という大型ヘリを完成させている設定になっていて、10年後くらいでしょうか、東日本大震災でUH-1のパイロットとして仕事をしているが、こ
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー