通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
天空の蜂 (講談社文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: ほぼ新品
コメント: ほぼ新品の本です
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

天空の蜂 (講談社文庫) 文庫 – 1998/11/13

5つ星のうち 4.1 160件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 455
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 918
¥ 918 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 天空の蜂 (講談社文庫)
  • +
  • 秘密 (文春文庫)
  • +
  • 悪意 (講談社文庫)
総額: ¥2,343
ポイントの合計: 72pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

奪取された超大型特殊ヘリコプターには爆薬が満載されていた。無人操縦でホバリングしているのは、稼働中の原子力発電所の真上。日本国民すべてを人質にしたテロリストの脅迫に対し、政府が下した非情の決断とは。そしてヘリの燃料が尽きるとき……。驚愕のクライシス、圧倒的な緊追感で魅了する傑作サスペンス。

内容(「BOOK」データベースより)

奪取された超大型特殊ヘリコプターには爆薬が満載されていた。無人操縦でホバリングしているのは、稼働中の原子力発電所の真上。日本国民すべてを人質にしたテロリストの脅迫に対し、政府が下した非情の決断とは。そしてヘリの燃料が尽きるとき…。驚愕のクライシス、圧倒的な緊迫感で魅了する傑作サスペンス。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 634ページ
  • 出版社: 講談社 (1998/11/13)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062639149
  • ISBN-13: 978-4062639149
  • 発売日: 1998/11/13
  • 梱包サイズ: 14.8 x 10.6 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 160件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 8,118位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
今の問題な気がしました。
怖かったです。
○○のゼロよりも私はこちら派かな・・・って比べる次元が違うかな^^;
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 電電虫 投稿日 2011/2/26
形式: 文庫 Amazonで購入
東野作品の中では最もおもしろい作品の一つだ。
事件解決までの時間が早すぎる点を除けば素晴らしい設定と内容だ。同一会社内の人間が他事業所のヘリに細工をして、無人で飛ばす設定に難はあるものの緊張の連続が心地よい。
一般文学通算660作品目の感想。2011/02/09
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
高速増殖炉もんじゅを舞台にした小説。

原子力の素人からすれば、ここに書かれたことが正確がどうかは分からないが、なかなか細かい設定がなされており、その点も楽しめる。

原子力エネルギーの存在感の強さを感じる一冊である。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
原発は必要なのかどうなのか?
必要だとすれば、どう安全を考えるのか?
他人事でいることが問題だと指摘する本作は非常に興味深い。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 インテ乗り 投稿日 2016/10/8
形式: 文庫 Amazonで購入
映画化もされていますが、私は原作の方が好きです。読む価値あり。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
東野さんの作品の中で最も良い作品だと思っています。
ご本人も自信作とおっしゃっていました。

ただ、どんな理由からか、「わざと黙殺された」作品でした。(これも本人談)

それが発行から20年経って、東日本大震災から4年経って、今映画化とは。

もうずっと映像化は無理だと思っていました。
映画そのものにそれほど期待はしていないのですが、これが映画化して、たくさんの人に見てもらえるきっかけになる、というのは嬉しいです。

でも今映像化するとなると、あの最後のセリフはどうなるのかな。

「それに気づく」

気づかなかったから、東日本大震災での悲劇は起こったのではないでしょうか。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
この作品の最も素晴らしい点は、震災以前に書かれたことである。
「事故」以前の原発に対する日本人の感覚や境遇を、様々な登場人物を通しバイアス無く記しているが、
しかし以前の感覚を失ったのは読者にも言えることだ。
例えば、原発の安全を訴える作中人物と危険を訴える作中人物、蓋然性で考えて、
安全神話側がより説得力を持つように思えた読者はかなり多数派だったはず。
原発反対派がその危険性を訴えても、真には迫らない。
しかし現実に「事故」は起こった。
これはフィクションのアプローチが現実の壁を突き抜けてしまったということでもある。
この圧倒的な感覚に襲われることは滅多なことではないだろう。
つまり、現実の方が作品をある部分で踏襲してしまったことによって、
作者すら確信を持って意図した訳ではないメタ的で圧倒的なテーゼが読者の心に迫る。
この説得力は震災以後に記されたものでは得難いものだと思う。
作者は、それに更に幾層ものテーマを重ねてエンタテインメントとして結実させている。
しかしそのエンタメ性故に正当な評価を得られにくいかも知れないが、後世に残すべき作品であると思う。
読者はこれが震災以前に書かれたものであることはしっかり認識すべき。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
面白かったです。高速増殖炉など、ある程度仕組みを知っている人でないと、イメージが湧かないかも知れませんので、評価も別れるかも知れません。
終始、情景を想像しながら読むことが出来ました。日本の原子力政策や危機管理に一石を投じるものではないかと思います。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
映画化されたことによる文庫本増刷のようです。
読んでいて電話やパソコンなどアイテムが古いなと思いました。携帯電話はでてきますが、ノートパソコンはなし。巻末には1995年の作品とあり、なるほどなと思いました。本書は当然、福島第一原発の事故の前に書かれているので、それに関する言及はありません。でもこの時代に原発テロ(もどき)を描いた小説があることは知りませんでした。
でも展開はハラハラわくわく、一気に読み進みめした。
ただこれが映画化されると言います。だぶん設定とストーリー展開は大幅に変更する必要があるでしょう。単にハラハラアクション映画になるか、「沈黙する群衆」という まさに都会に住む私に関する文中の指摘が映画で表現されるかは、原作と映画のギャップが多すぎそうなので、映画を見る気になれないからわかりません。
ただ映画に感化されて見ると古色蒼然とした20年前のローテク本になることは確かです。
30才以下の方が映画を見て原作を読もうというには、理解できないシチュエーションがありそうで、やめたほうがいいでしょう。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー