Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 100

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[吉田祐二]の天皇財閥 皇室による経済支配の構造
Kindle App Ad

天皇財閥 皇室による経済支配の構造 Kindle版

5つ星のうち 3.9 16件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 100
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 864

商品の説明

内容紹介

明治維新以降、天皇家は三井や三菱をはるかにしのぐ大財閥として、日本経済を牛耳ってきた。しかも、戦後、財閥が解体される中、天皇家だけは形を変え、今も日本経済を支配しているという。日銀の大株主・皇室による経済支配から日本の経済構造の真相に迫る。

内容(「BOOK」データベースより)

明治維新以降、天皇家は三井や三菱をはるかにしのぐ大財閥として、日本経済を“支配”してきた。しかも、戦後、すべての財閥が解体されるなか、天皇家だけは財閥解体されず、形を変えて、今も日本経済を支配しているという。日銀の大株主・皇室による経済支配の痕を綿密に追い、現代日本の経済構造の真相に迫る。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 826 KB
  • 紙の本の長さ: 73 ページ
  • 出版社: 学研プラス (2011/2/25)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00DUVC158
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 16件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 3,737位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
今でこそ、その存在を疑問視されることもなく、特に関心の外にいる存在であるが、うまいこと関心を逸らすように隠されてきた歴史を知るには良い機会となる。市場経済という仕組みが自由競争である、という幻想を取り払う上では、こうした確度からの分析も有効。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
これまで誰もこのようなものの見方は公に口にしなかった。
しかしこのように整理するととてもすっきりすることがあるのも事実である。

終戦時15億円。今で65兆円くらい(5万倍というのがまたインフレのすごさであるが)
の財産だった。

江戸時代は禁裏10万石だから50億円くらいの収入だった。

明治になり、大地主となるだけでなく、日銀や横浜正銀の大株主になった。
山縣はその財産に手を付けようとして抹殺された。
明治には形式だった天皇の権力は蓄財により昭和になると形式的なものでは
なくなっていった。

日本郵船も。なるほど。日本鉄道も。いうまでもなく満鉄も。
東インド会社をモデルとしている。

日本興業銀行、北海道拓殖銀行(なつかしい)も。

国家総動員法により1937年の22%から42%
まで寡占化が進む。

満州での通貨発行権をめぐる争い。
そして米英系浙江財閥とのマネー戦争。

シュンペーターはデビッドロックフェラーの家庭教師だった。

戦前の宮内省の独立性

西園寺、牧野、、、
から
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
第二次世界大戦に負けて米国主導で作られた日本の戦後のシステムは、冷戦という枠組みがあってこそ、有効に機能したのであって、その前提が崩れてしまった以上、冷戦構造の上に成立していた日本の行政、政治、経済の仕組みが、ある意味うまくいかないのは、当然のことだと我々は、考えるべき時期を迎えたのではないかと言うことだ。
 
事実、米国は、冷戦終了間際から、「ジャパンアズナンバーワン」と言われる程の経済大国になった日本を「プラザ合意」、その前後には、中国の元の大幅切り下げを認め、「ジャパンパッシング」と称する日本経済封じ込め戦略を着々と実行し、結果、現在の中国経済の成長を演出することとなった。目先の利くユニクロの経営者のような人々はおそらく、米国のその戦略を事前に知っていたのであろう。
 
 兎も角、現在、機能しなくなった日本の戦後システムすべてを見直す時代に入ったことは、間違いない。米国に呪縛された「永久占領」状態を脱しない限り、本当の意味で日本の未来を切り拓くことは、できないことをある程度の人々が共通の認識として持てるようにすべきではないかと思われる。
 戦後、半世紀以上にわたって、米国の実質上、占領下にある日本では、あらゆる処に米国のソフトパワーの網の目が張り巡らされている。もう、そろそろ心ある日本人は、「帝国以後」の時代(米国の覇権が終焉
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 「天皇財閥」とは聞きなれない言葉である。これは、戦前において、天皇家を財閥家族に、宮内省を本社機構に、日本銀行や横浜正金銀行、満鉄、日本郵船など、天皇家が株式保有していた企業グループを、民間の財閥になぞらえたものである。その資産規模は、三井財閥、三菱財閥などの数倍を上回る。本書は、この天皇財閥を、膨大な文献を用いて丹念に追い、その全貌を明らかにした、類のない本である。明治から現代に至る日本の裏の支配構造を解き明かした本としてお奨めできる。

 明治初期から、天皇家には多額の予算が付けられていたが、その経費の一部が国債や株式に投資され、財産蓄積が行われた。伊藤博文や山縣有朋などの元老たちからは、全面的支援の全面的な支援が行われた。天皇の権力強化は、すなわち元老たちの権力強化につながるためである。国家総動員体制に至ると、天皇財閥が、日本銀行を通じてすべての財閥を支配するピラミッド構造が完成する。この事実は、これまで余り注目されてこなかった、日本の裏の支配構造として重要である。特に、西園寺公望に育てられた木戸幸一・近衛文麿・原田熊雄の「西園寺チルドレン」は天皇財閥の経営グループとして、敗戦前後の国政を実質的に支配した。

 敗戦で、天皇財閥の資産は大部分が没収された。このため、戦後は天皇財閥による企業支配は消滅した。しかし、政財界人脈や閨閥などを
...続きを読む ›
1 コメント 46人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover