¥ 724
通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
天皇家の“ふるさと"日向をゆく (新潮文庫) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

天皇家の“ふるさと"日向をゆく (新潮文庫) 文庫 – 2005/6/26

5つ星のうち 4.5 15件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,376 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 724
¥ 724 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 天皇家の“ふるさと"日向をゆく (新潮文庫)
  • +
  • 葬られた王朝―古代出雲の謎を解く (新潮文庫)
  • +
  • 神々の流竄(ルザン) (集英社文庫)
総額: ¥2,495
ポイントの合計: 125pt (5%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



村上春樹の最新作が発売開始!
新作長編「騎士団長殺し」が発売開始しました。「第1部 顕れるイデア編」「第2部 遷ろうメタファー編」の全2冊で構成。 第1部を今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

梅原猛が戦後歴史学最大の“タブー"に挑戦、南九州の旅で記紀の神話を実地検証。サルタヒコに導かれ天孫降臨の地を実感し、ニニギノミコトとコノハナサクヤヒメの物語に国際結婚の難しさを思い、神話は人間の姿をとって生き生きと甦る。そして国産み・国造り物語が解きほぐされ、天皇家誕生の隠れたドラマが明らかに……。梅原流アプローチが冴えわたる、知的興奮に満ちた大胆推理紀行。

内容(「BOOK」データベースより)

梅原猛が戦後歴史学最大の“タブー”に挑戦、南九州の旅で記紀の神話を実地検証。サルタヒコに導かれ天孫降臨の地を実感し、ニニギノミコトとコノハナサクヤヒメの物語に国際結婚の難しさを思い、神話は人間の姿をとって生き生きと甦る。そして国産み・国造り物語が解きほぐされ、天皇家誕生の隠れたドラマが明らかに…。梅原流アプローチが冴えわたる、知的興奮に満ちた大胆推理紀行。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 284ページ
  • 出版社: 新潮社 (2005/6/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101244111
  • ISBN-13: 978-4101244112
  • 発売日: 2005/6/26
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 15件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 102,063位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
圧倒的に面白かった.その点は文句のつけようもない.ただ私には一つだけ疑問が残った.それは天孫族が,その代々の名前に象徴されるようなすぐれた稲作技術を持って渡来し,まず日向を,さらには東征して大和を,征服・統治した,という著者の設定についてである.すでに弥生時代も長期にわたり,天孫族の稲作技術がそれまでの日本各地の種族に対し,それほど圧倒的な勢力の差を生むほどに,勝れたものでありえたであろうか.何処へ行っても結局最後は征服してしまうという,天孫族のサクセスストーリーは,鉄器の使用,という全く違った技術を有していたから,というのは多くの人が語っている.このような観点が全く欠落している.もしこのような視点を持って旅行をされていたら,また別な遺跡や伝承についても考察されていたであろうに,と思われ,いささか残念だ.
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
古事記、日本書紀ファンなら

現地を訪れたいという欲望を持つものです。(違う見解の方がいたらごめんなさい)

この本では

ニニギノミコトが鹿児島県に上陸してから

宮崎県高千穂へ行き

そこを拠点に勢力を南下させていく

という推測。

その推測を元に旅をする梅原氏。

写真付き、地図付きで、古事記関連の土地の紹介が続くので、

自分も旅をしているような、

そして、

自分もこの旅を実行したくなるような、

そんな本でした。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 mon8 投稿日 2011/11/7
形式: 単行本 Amazonで購入
この本は、芸術新著1999年1月号に「大特集・大胆推理紀行」として、書名通り掲載されたものをもとに、
追加取材・加筆・再構成されたものである。
古事記・日本書紀の記述を国学者本居宣長の解釈をもとに、推理し、梅原古代学の一翼をなすものとしていいのだろう。
『隠された十字架・法隆寺論』1972年『水底の歌・柿本人麻呂論』1973年と続く、
新解釈の梅原古代学は、梅原を、時代の寵児にしたのだ。
わたしは、梅原猛の本によって、日本古代史に魅せられた。
で、古代史ものを、読むうちに、もう一方の、古代史の寵児、古田武彦の古代史に出会ったのである。

古田の『「邪馬台国」はなかった』1971年『失われた九州王朝』1973年『盗まれた神話』1975年と読んでいくにつれ、
梅原は『記・紀』のみを元とし、古田は『魏志』を元とし、『記・紀』を従として、
古代を見ているのではないかと思われ、梅原の「哲学者としての疑問」が、
記紀の世界から脱しきれていないと思うもどかしさを感じたものだ。

で、梅原古代学を離れていたが、この『天皇家のふるさと日向をゆく』1999年で、
「私の旅は本居宣長のいうところに従って、なるべく「古事記」と「日本書紀」に書かれていることを素朴に信じ
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
黄泉の国から戻ったイザナギが禊をし穢れを払った阿波岐が原(シーガイアの近くにある)、高千穂への天孫降臨、コノハナサクヤ姫、海彦、山彦、美々津港からの神武天皇の東征など、宮崎は神話の里である。しかし、戦時中、神話が政策的に利用されたことと、二つの高千穂(高千穂峰と高千穂町)など複数の「ゆかりの地」が真偽を競うなどの点で、観光面でも「神話」をストレートに打ち出せないような状況がある。
その中で、日本の神話学の流れに触れつつ、現場でストレートに日向神話を読み解き、よさをアピールする姿勢は快いし、深い。
雰囲気のよい写真が豊富。文化人類学者レヴィ・ストロースがいたく高千穂に感激したというエピソードを紹介し、実は本人の勘違いで感激したのは鵜戸神宮ではないかと!しているのが興味深かった。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
著者が丹念に日向の神社などを訪れ、記紀の記載内容など筆者の広い見聞と対比しつつ、神武天皇とその祖先の足跡を推察した著作である。多数の写真も興味深い。推察は恐らく事実に近いことを予感させる故に面白いのだが、それを学問のレベルで証明することは勿論容易ではない。筆者も序文で「いずれ...資料を精読し、日向神話に関する精細な著書を書きたいと思う...」と述べている。それが待ち遠しいし、他の専門家の努力も期待したい。今はこの興味深い旅行記を楽しもう。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー