通常配送無料 詳細
残り13点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
天皇の影法師 (中公文庫) がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

天皇の影法師 (中公文庫) 文庫 – 2012/4/21

5つ星のうち 4.3 9件のカスタマーレビュー

その他(4)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,296 ¥ 538
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 720
¥ 720 ¥ 598

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 天皇の影法師 (中公文庫)
  • +
  • ミカドの肖像 (小学館文庫)
  • +
  • 昭和16年夏の敗戦 (中公文庫)
総額: ¥2,428
ポイントの合計: 232pt (10%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

天皇崩御そして代替わり。その時何が起こるのか。天皇という日本独自のシステムを〈元号〉を突破口に徹底取材。著者の処女作、待望の復刊。

内容(「BOOK」データベースより)

大正十五年十二月十五日未明、天皇崩御。その朝、東京日日新聞は新元号は「光文」と報じた…。世紀の誤報事件の顛末。歴代天皇の柩を担いできた八瀬童子とは?最晩年の森鴎外はなぜ「元号考」に執念を燃やしたのか?天皇というシステムに独自の切り口と徹底取材で迫る。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 309ページ
  • 出版社: 中央公論新社 (2012/4/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4122056314
  • ISBN-13: 978-4122056312
  • 発売日: 2012/4/21
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 12,316位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
 改めて猪瀬氏は東京都知事などをやらずに、ノンフイクション作家として生きればよかったのにと思わされます。昭和の元号の決定にまつわる誤報事件から始まり、天皇の崩御の度にその柩を担ぐ役目を果たした京都・八瀬の人々を取り上げ、乃木将軍夫妻の殉死にからめて森鴎外の元号への関与に言及し、その志を引き継いだ人物の太平洋戦争開戦の辞へのかかわり、そして最後には終戦にからんでのクーデターに触れます。その展開力は妙な推理小説を読むよりは、遥かに面白いことは確かです。
 その調査力と筆遣いは実に見事で読ませます。特に筆者の資料の読み込みの鋭さと推察力は、ここまで調べたのかと感心します。(森鴎外全集などの中には、こんなものまであったのかと初めて知りました。)「ミカドの肖像」「黒船の世紀」などと共に著者の最も脂の乗っている頃の作品の一つと言えます。こうしてみると良くも悪くも天皇制というものの重さというものを、改めてこの国に住む者として感じさせられる傑作です。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 天皇の影法師というタイトルを見て、本書手に取る方も多いのではないかと思わせるほど、印象的なタイトルの本書であるが、その内容も期待を裏切らないものである。
 大佛次郎が「天皇の世紀」という大著を顕しているが、明治、大正、昭和という時代は、非常に天皇の印象が強い時代であり、また、明治国家の運営者達が意図的に天皇を強調した時代でもあった。そして、その象徴は明治維新とそれに伴う明治国家の元首であり、また、時代精神そのものでもあった明治天皇であった。
 したがって、本書においても明治天皇とそれを取巻く廷臣達の宮廷絵巻が描かれていると思う方も居るのではないだろうか、しかし、本書は大正天皇についての記述から始まる。
 期待を裏切られたというよりは、視点を変えられたという方が正しいかもしれないが、本書はそのようなある種、変わった視点から(変わった視点か否かは個人の主観によるが)、明治国家の舞台裏を渡り歩く、そして、東京日日新聞がなぜ、昭和では無く「光文」を次の元号であると誤報したのか、天皇の葬儀とその棺を運ぶ八瀬童子の存在について、島根県でおきた大日本帝国最後のクーデターを取り上げ、日本人にとっての戦前の終わり、そして、天皇の存在がいかに変化して行ったのかを、実際にそこにいた人々からの聞き取り調査などを踏まえながら、緻密に描いている。
 読まれたことが無い
...続きを読む ›
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
この本は何回読んでも面白い。ノンフィクションを書くときは飽くまでも資料を探求し、それに基づいて書かなくては・・・。作家はこうあるべき。吉村 昭氏もそうだ。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2002/11/11
形式: 単行本
 ã"の作å"ãŒç™ºè¡¨ã•ã‚ŒãŸã®ã¯ã€æ˜­å'Œå¤©çš‡å'©å¾¡ã®3å¹'前(1986å¹')のã"とだった。それまでの「天皇制」に対するアãƒ-ローチとはまったく異なる手法、構成のダイナミズムに驚かされたのã‚'思い出す。あれから16å¹'。「æ-¥æœ¬ã®è¿'代 猪瀬ç›'樹è'-作集」とã-て再刊され読みç›'ã-、あらためてã"の作å"ã®è¿«åŠ›ã«åœ§å€'された。
『ミカドのè‚-像』は三部構成となってã
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2002/11/15
形式: 単行本
「æ-¥æœ¬å›½ã®ç "究」から猪瀬ç›'樹ã‚'読み始めた私にとって、è'-è€...の処女作とã-てã"の作å"ã‚'読み始めたときは驚いた。ã"のé-¢å¿ƒé ˜åŸŸã®åºƒã•ã¯ä½•ãªã®ã ã¨ã€‚ã-かã-読み進めるうちに、猪瀬のé-¢å¿ƒã®åŽŸç‚¹ã¯ã"ã"にあるのだ、という念ã‚'抱くにいたった。
ã"の作å"ã¯ã€æ˜Žæ²»ãƒ»å¤§æ­£ãƒ»æ˜­å'Œã®è¿'代天皇制ã‚'中心にç¹"り成されるæ-¥
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告