中古品
¥ 1,250
中古品: 良い | 詳細
発売元 三日月堂.
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに若干キズがありますが、中は書き込みも無く綺麗です。帯付き。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

天皇のスパイ 単行本 – 2009/8

5つ星のうち 4.6 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,000
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

“天皇のスパイ”と呼ばれる男がいた。第二次大戦中、二重三重スパイとして、世界を股にかけた男、アンヘル・アルカッサル・デ・ベラスコだ。なぜ、大日本帝国は、アジア各地から莫大な財宝「黄金の百合」を収奪したのか?なぜ、ドイツと日本は戦争に“負けなければならなかった”のか?そして、天皇とはいったい何者なのか?ベラスコが生前、筆者だけに語った驚くべき情報をもとに、現代日本と世界を覆うタブーを抉り出す。前作『天皇の金塊』、『天皇の金塊とヒロシマ原爆』の原点ともいえる衝撃の一冊。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

高橋/五郎
1940年生まれ。第2次世界大戦から現代まで、「原爆神話」に見られる“正しい近現代史”作りに精を出した、各国情報機関の情報官僚たちと、1960年代以降、独自のルートから、あまたの個人交流を重ねてきた。そうした交流を通して得た情報をベースに多くの映像企画作品や著作を発表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 434ページ
  • 出版社: 学習研究社 (2009/08)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4054041892
  • ISBN-13: 978-4054041899
  • 発売日: 2009/08
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.8 x 4.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 287,718位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
この手の本を買うというのは,世の中で起きることに疑問を持った人なのでしょう.それにしても,まえがきを読むだけで本の内容に期待が高まるという珍しい感覚を覚えました.
ヒロヒトとベラスコ.第2次大戦そのものがヤラセだったのでしょうか?これからちょっとずつ読み進めて行きます.
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
戦時中にこんなスパイ行為があったなんて、知らないことが一杯書いてあって圧倒されました。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
高橋五郎氏による一書だが、大東亜戦争を巡る中での日本が陥った数々の謀略による詳細が綴られます。
高橋五郎氏の取材に応じる形となるのは特殊スパイとなり日本のスパイとして活躍したベラスコの証言。ベラスコ自身も日本のスパイだけではなくバチカンを通じた闇の支配権力と枢軸三カ国を股にかけるによる三重スパイである。本書で綴られる内容は大東亜戦争におけるスパイ活動の裏側だが、その実態は、悉く日本側が自軍に有利な情報をわざと破棄し、無理な作戦により多くの兵士が犠牲になり敗戦に導かれたことが色濃く綴られる。ベラスコによる証言、日本側の特殊諜報機関として活動した内容も貴重なものだが、併行して綴られるナチスの脱出計画にベラスコ自身が携わっている記述やヒットラーの影武者についての詳細な証言も大変貴重だ。中盤ではベラスコの証言の他にも野口雄一郎の論文であったり国際政経学会を創立しユダヤ勢力を監視した渡部悌治、山本五十六生存を実証した川尻徹らの書籍における記述からも構成される。

本文からの抜粋
「日本の対アメリカ戦はとうに終わっていたのに、とベラスコは振り返る。ベラスコが西海岸から発信したアメリカ艦隊情報を日本の戦争指導部は無視した。それどころか、決定的な勝利情報を日本は受け取らなかったのだ。開戦初期に須磨公使はベラスコと契約して英米連合軍情報の入手を懇願したというの
...続きを読む ›
コメント 53人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ぽんぽこ 投稿日 2016/7/31
形式: 単行本
動画を観て、即買しましたが、歴史感の低いレベルでの私には、難しい内容です。男性的内容が、中に入りにくいのかもしれません。
しかし、内容が濃いので、すこしずつ読み進めて活きたいと思っています。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ベルリンでエバ・ブラウンと服毒自殺したとされるヒットラーは直前に影武者と入れ替わってノルウェー経由でアルゼンチンに逃亡したという。 ベラスコは本人に後に南極で会っている。 ロンメルはドイツ製の原子爆弾をアイゼンハワーに手渡したという。 彼はヒットラー暗殺ではなくドイツ国家への反逆罪で処刑されたのだという。 広島はウラン型で米国は事前に実験を行っていない。 長崎はプルトニウム型で事前にロスアラモスで実験を成功させている。 広島はドイツ製だと著者は推測する。 戦後にペッパー・クリップ作戦で大量のゲシュタボを米国にレクルートしたアメリカはナチスの後継者だという。 ヒットラーを支援したのもブッシュ一家であり、アウシュビッツ収容所も彼らの持ち物である。 ナチスは中国の国民党を武器、人材で支援して日本と対峙している。 ナチスの紋章はチベット仏教の逆卍である。 チベット人はベルリンに派兵してソ連と戦っている。 日本は孤立無縁で世界中の国と戦ったことになる。 ベラスコは日本が米国に勝てる機会が4回あったという。 しかし山本以下に勝つ気がなかったという。 著者は山本達をフリー・メイソンに洗脳された親米派の売国奴と呼ぶ。 真珠湾攻撃を天皇は破れかぶれ作戦と揶揄した。 ハル・ノートを無視して米空母が日本領マーシャル、トラック島に出撃してくるのを待って迎撃すべきでなかったか。 攻撃は最大の防御と言うがこの...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告