この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

天皇と赤十字―日本の人道主義100年 単行本 – 2002/11


その他(4)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
¥ 18,646 ¥ 3,396
ペーパーバック
¥ 108,499 ¥ 46,833
click to open popover


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

Japan's reputation for humanitarianism rests on the generous behaviour accorded to 70,000 Russian prisoners of war in Japan during the Russo-Japanese War (1904-05). This contrasts sharply with the brutality displayed during the Pacific War (1941-45) towards 200,000 Allied prisoners of war. The power of the State to coerce the people, by using the reverence felt for the Emperor, enabled the Japanese to switch humanitarianism on, or off, apparently at will. This extraordinary volte-face is explored in this fascinating book. --このテキストは、ペーパーバック版に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

日本赤十字の草創期から、日露戦争、太平洋戦争における同社の栄誉と屈辱の歴史をたどり、第二次世界大戦時の非人道的行為によって固定化された残忍なイメージの裏に隠された、日本の人道的活動の実態とその国際的評価を、天皇との関わりにおいて明らかにする。豊富な欧文資料をもとに綴られる、英国の日本史研究者の眼をもってなしえた、日本近代のヒュマニテリアニズム・レポ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 340ページ
  • 出版社: 法政大学出版局 (2002/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4588364111
  • ISBN-13: 978-4588364112
  • 発売日: 2002/11
  • 梱包サイズ: 19 x 13.6 x 2.6 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,305,113位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。プレゼント 1000円