通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
天才 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 古書 松竹庵
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯あり。キレイです。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

天才 単行本 – 2016/1/22

5つ星のうち 3.5 286件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 430

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 天才
  • +
  • 田中角栄 100の言葉 ~日本人に贈る人生と仕事の心得
  • +
  • 田中角栄 心をつかむ3分間スピーチ
総額: ¥3,672
ポイントの合計: 112pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

高等小学校卒という学歴ながら『日本列島改造論』を引っ提げて総理大臣に就任。比類なき決断力と実行力で大計の日中国交正常化を実現し、関越自動車道や上越新幹線を整備、生涯に30以上の議員立法を成立させるなど、激動の戦後政治を牽引した田中角栄。
その経歴から総理就任時には「庶民宰相」「今太閤」と国民に持てはやされ、戦後では最高の内閣支持率を得たが、常識を超える金権体質を糾弾され、総理を辞任。その後、ロッキード事件で受託収賄罪に問われて有罪判決を受けるも、100名以上の国会議員が所属する派閥を率い、大平・鈴木・中曽根内閣の誕生に影響力を行使。長らく「闇将軍」「キングメーカー」として政界に君臨した。
そんな希代の政治家・田中角栄といえば、類まれな権謀術数と人心掌握術に注目が集まるが、実はスケールが大きいわりに人一倍デリケートな一面があった。浪花節と映画をこよなく愛する、家族思いの人情家だったという。
強烈な個性をもったリーダーが不在の今、自らも政治家として田中角栄と相まみえた著者が、毀誉褒貶半ばするその真の姿を「田中角栄」のモノローグで描く意欲作。

数字に強い、駆け引きが上手い、義理人情を欠かさない。
それが高等小学校出の男が伸し上がる武器だった――。

内容(「BOOK」データベースより)

反田中の急先鋒だった石原が、今なぜ「田中角栄」に惹かれるのか。幼少期のコンプレックス、政界入りのきっかけ、角福戦争の内幕、ロッキード事件の真相、田中派分裂の舞台裏、家族との軋轢…。毀誉褒貶相半ばする男の汗と涙で彩られた生涯!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 226ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2016/1/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4344028775
  • ISBN-13: 978-4344028777
  • 発売日: 2016/1/22
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 286件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 899位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
月刊文藝春秋2016年5月号に、石原慎太郎自身による「本書を書いた動機」が述べられていたので、多少の期待を持って読んだ。とにかく、内容がうすい、文字が少ない、すかすかの内容。しかも、「俺」と一人称で記述している。とても違和感がある。イタコの口寄せの様な小説である(口寄せの方がましだとおもう)。本書で無ければ読めない事実が書かれているかと期待したが、それもない。田中角栄と石原慎太郎は政治的に遠い位置にあり、石原慎太郎だけが知り得た事実など無いからだと思う。死せる人を冒涜するような小説?だと思う(これを小説と言うのは躊躇われる)。今、なぜ田中角栄について書いたのだろう。月刊文藝春秋にはそれらしいことが書かれているが、意味不明であった。生前の田中角栄を、私は一度だけ、見たことがある。生の演説を聴いたときである。一発で聴衆を虜にする「力」が彼にはあった。そういう「田中角栄」を描ける能力を持った小説家はいないだろうと思う。石原慎太郎にも、残念ながら、無理だった。そう思って読了した。
コメント 96人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
薄っぺらな内容。
本人への取材は一切ないのに、いかにも本人がしゃべった風に書いているところに違和感しか感じられない。
読みやすくて面白いと感想が書いてあったが、そいつはサクラか?
コメント 88人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 そのだ 投稿日 2016/9/27
形式: 単行本
まったくの駄作。
田中角栄がいかに卓越した能力の持ち主だったのか、この本には何も描けていない。
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「君。国売り給うことなかれ」と田中角栄を常に批判していた石原慎太郎さん。
でも、田中角栄再評価の流れに見事に乗って、田中角栄の本を書く、その無節操ぶりも、さすが、石原慎太郎さん。
仕掛け人は、どうせ幻冬舎のお荷物社長見城徹さんでしょう。

売れるなら
何でもするのが
石原さん 
アアこりゃこりゃ

お粗末様でした。

と、石原慎太郎さんの本についてはこれで終わりなのですが、それでは余りにも実りがないレビューなので、私が薦める田中角栄本は、
早野透著「田中角栄」(中公新書)
です。
今年もまだ4月ですが、先日読み終えて、2016年の私のベスト書籍候補に早くも挙がっている名著。
ただ、この本は既に、2013年新書大賞2位になっているので、折り紙付きです。
内容は、田中角栄の番記者として、それ以降も、彼が亡くなるまで交流のあった早野透さんが、田中角栄への深い愛情を込めて書かれた早野さんの「田中角栄集大成本」だと思います。
だから、分厚いです。
普通の新書の倍のページ数。
田中角栄の生い立ちから死までを、「出征」「政界進出」「大臣就任」「総理大臣へ」「日中国交正常化」「ロッキード」と誰もが知っている事柄
...続きを読む ›
1 コメント 131人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
 新聞広告に、「金権政治を批判していた石原慎太郎氏が田中角栄の自伝を書いた」と載っていたので興味を持ってすぐにキンドルで買って読んだ。私の住んでいる南スーダンでは、キンドルは大変便利である。思いついたその時にすぐにダウンロードして読むことが出来る、そしてこの本は読み易くて面白かったので、夕方にダウンロードして寝る前には読み終えた。

 私は石原慎太郎氏の著作をよく読むが、田中角栄の金権政治を批判して、時には一顧だに値しないような記述があったことを覚えている。しかし最近は、誉めることもあることに気がついていた。このあいだ読んだ同氏の著作、「歴史の十字路に立って 戦後七十年の回顧」の中で、さんざん田中角栄を批判した最後に、「物書きの私としては、田中角栄という未曾有の人物にいまだにある魅力を感じざるを得ない。」と述べていたのが印象的である。

 さて、内容である。石原氏は、「俺」という一人称を使って田中角栄が独白しているような形でこの本を書いている。そのために、時には田中角栄ではなくて石原慎太郎が言っているのではないか、と思わせるような箇所や、青春時代の初恋の思い出を語る場面では、なんとも石原慎太郎が独白しているような奇妙な感じを受けたものだ。

 例えば、新潟の柏崎の役所に勤めている時に知り合って恋心を抱いた女性に、選挙運動の
...続きを読む ›
コメント 389人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 shima 投稿日 2016/9/30
形式: Kindle版 Amazonで購入
セールで半額だったので買ってみた。
まさか石原慎太郎が田中角栄を一人称で書くとは思ってませんでした。
50歳以下の人は田中角栄をあまり覚えてないでしょうからこんなのでも
いいかもしれません。とても軽くて。
そもそも石原慎太郎は田中角栄と相反する立場だし。
そこら辺は本人も後書きで書いてますが。。。。
角栄本が流行っているのでちゃんと選んだ方がいい。
漫画の大宰相の方がいい。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック