中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバー等僅かないたみございます。概ね良好なコンディションです。【通常24時間以内に発送いたします。土、日、休日にかけてのご注文は翌営業日の発送になる場合がございます。予めご了承ください。2016.01】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

天才脳は「発達障害」から生まれる (PHP新書) 新書 – 2009/6/16

5つ星のうち 1.6 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

キレやすかった信長、段どりできない北斎、浪費グセの野口英世。
だからこそ彼らは偉人になった。かけがえのない才能を殺さないために
キレやすく執拗だった織田信長、段どり・あとかたづけができなかった葛飾北斎、
異常なまでにものを書きまくった南方熊楠、お金にだらしがなかった野口英世、
際限のない欲望に駆られ働きつづけた中内功。彼らの伝記や日記を読み解くと、
コミュニケーションや日常生活に独自の困難を抱えていたことは明らか。
脳になんらかの機能障害があったのではないかと筆者は推測する。
大切なのは、だからこそ彼らは「天才」たりえたのだ。「障害」の負の側面ばかりにとらわれ、
才能を殺しがちの日本社会に必要な発想の転換。
【特異な生涯を送った5人の天才たち】
CASE1 キレやすい信長
CASE2 かたづけられない北斎
CASE3 てんかんもちの熊楠
CASE4 野口英世の放蕩癖
CASE5 サバイバーとしての中内功

内容(「BOOK」データベースより)

キレやすく執拗だった織田信長、段どり・あとかたづけができなかった葛飾北斎、異常なまでにものを書きまくった南方熊楠、お金にだらしがなかった野口英世、際限のない欲望に駆られ働きつづけた中内功。彼らの伝記や日記を読み解くと、コミュニケーションや日常生活に独自の困難を抱えていたことは明らか。脳になんらかの機能障害があったのではないかと筆者は推測する。大切なのは、だからこそ彼らは「天才」たりえたのだ。「障害」の負の側面ばかりにとらわれ、才能を殺しがちの日本社会に必要な発想の転換。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 228ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2009/6/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4569771076
  • ISBN-13: 978-4569771076
  • 発売日: 2009/6/16
  • 商品パッケージの寸法: 17.4 x 10.8 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 1.6 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 612,481位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 1.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
織田信長、葛飾北斎、南方熊楠、野口英世、中内功を題材にとり、「発達障害にはプラスの側面はある」と主張している書。
著者の言う、それを悪とだけ取ることは間違い、という部分に異論はないのだが、著者の主張の論理展開は滅茶苦茶の一言である。

まず、何よりも、この書で取り上げた人物は発達障害なのか、という疑問がわく。
例えば、織田信長は、幼い頃から粗暴で奇抜な行動を取っていた、などということだけだし、野口英世にしてももの凄い浪費癖があったこと、だけが著者の主張のよりどころである。さらに、中内功の「戦争体験によって、人生観が変わった」に至っては発達障害とは関係がない。
さらに、著者の言う発達障害そのものの話についても疑問だ。
野口英世の章で、生物は直感的に数を認識したり、計算を行う能力を有している。しかし、発達障害でその部分に困難を来し、数字のセンスなどを欠く者がいる。ここまでは良いとして、そこから、「サラ金地獄やカード破産などが起こるのはそのため」などと言い出す。論理をすさまじい勢いで明後日の方向へと飛躍させてしまうのである。他にも、様々なエピソードを無理矢理に発達障害に(それも、かなり誇張の多い表現で)結びつけているだけの部分が多い。

著名人のエピソードを記した著書としても面白くない。
先にも書い
...続きを読む ›
コメント 49人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
「初めに結論ありき」の本だった。著者の専門分野を越えた部分についてはほぼ推測。納得できるものではなかった。

織田信長、葛飾北斎、南方熊楠、野口英世、中内功の5人を取り上げている。このうち、著者が言うには「発達障害」と思われるのは信長、北斎、野口英世の3人。5人を取り上げたのはその5人が天才だというのが理由だそうだ。

しかし、話の持っていき方があまりに強引すぎ。決めつけがほとんどだし、推測がほとんど。さらに、当時の彼らのエピソードだけ描いてくれれば読みやすいのだが、文章の中に現代のそういったケースの話をやたらと挟むので、結局何を言いたいのかもよくわからなくなってくる。

野口英世の項目に至っては、ほとんどが野口に対する批判に終始しているようだ。天才だから取り上げた、という最初の前提も忘れられているかのようだった。信長のところでは、彼が「三助」という名前にこだわっていたので次男に「三介」という幼名をつけた、と書いてあったのだが、だったらなぜ長男には「三介」と付けずに「奇妙」とつけたのか。そこには全く触れられていない。さらに、確か信長の次男の幼名は「茶筅」だった気がするが。そういう部分が納得できない理由の一つでもある。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Gori トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2011/7/24
形式: 新書 Amazonで購入
キレやすい織田信長。
片付けられない葛飾北斎。
てんかん持ちの南方熊楠。
放蕩癖の野口英世。
サバイバー(虐待、災害経験、戦争など、辛い経験から立ち直った人をこう呼ぶ)の中内功。

これらを一括りにして「発達障害」と呼ぶのは無理があるだろう。
「発達障害」への誤解を助長しかねない本である。
「発達障害」の本が売れているので、それに便乗したとしか思えない。
極端に過ぎるのである。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
たしかに、そうかもしれない。
でも、歴史上の人物に対しての
「筆者は推測する」から、
「日本社会に必要な発想の転換」まで、
つなげてしまってよいものか…。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
発達障害者は、興味を持ったことであれば常人を上回る集中力を発揮するなど
場合によっては有利となる特性があることは前々から知られており
作者独自の視点とは言えない。
障害に正の部分があることは発達障害について書かれた本であれば大抵書いてある。
歴史上の人物が発達障害者であったかどうかは今となっては調べようが無いが、
学術書ではない一般書籍ならこの程度の推論は許されると思う。
偉人達の意外な一面を解説してる部分は楽しく読めた。
激しく賞賛や批判をする部分はあまりなく、無難にまとめられた本。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告