通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
天才数学者はこう賭ける―誰も語らなかった株とギャン... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 竜迅堂
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに若干の擦れがございますが、汚れ・書き込み等なく気持ちよく使用できる状態です。ご注文をお受け次第、迅速・丁寧に発送致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

天才数学者はこう賭ける―誰も語らなかった株とギャンブルの話 単行本 – 2006/11/1

5つ星のうち 4.0 22件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,592
¥ 2,592 ¥ 1,777
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 天才数学者はこう賭ける―誰も語らなかった株とギャンブルの話
  • +
  • 科学で勝負の先を読む -投資からテニスまで先を読むため・読まれないための実践ガイド-
  • +
  • ツキの法則―「賭け方」と「勝敗」の科学 (PHP新書)
総額: ¥5,681
ポイントの合計: 173pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

大勝ちの歓びを一度でも味わいたい!株・債券から競馬・ルーレット・カードまで、あらゆる投資に必勝のセオリーを知っていたらどうなるか。確率・統計学そして金融工学に熟知した天才的頭脳が、場に臨んで打って出る必勝の手とは。誰もが知りたい、幸運の法則と究極の資産運用を開示する―。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

パウンドストーン,ウィリアム
MITで物理学を学ぶ。物理学と情報理論を専門とする。ロサンジェルス在住

松浦/俊輔
翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 438ページ
  • 出版社: 青土社 (2006/11/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 479176305X
  • ISBN-13: 978-4791763054
  • 発売日: 2006/11/1
  • 梱包サイズ: 19.2 x 13.6 x 3.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 22件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 40,732位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
株とギャンブルを研究し、
実践した天才数学者の話でした。

LTCMの破綻の話は
トレードする上で
参考になりましたが、
話の中心は株とギャンブルではなく
天才数学者であるため、
ページ数が多く読むのに時間がかかる割には
どう考えて、どう賭けるかということを学ぶという視点では、
あまり得るものがなかったように思います。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
他の方が書かれているように句読点の位置がおかしく読みづらい。
また人名ついて「Ivan Boesky」が本書では「アイヴァン・ベスキー」となっておりますが通常は「アイヴァン・ボウスキー」です。
英文に詳しくはわけではありませんが他の投資等の本をある程度読んだ人が読む本と思われる本書でこれは無いだろう。と思います。
内容がいいので訳についてだけ書きました。
しかしこのような本を日本語読めるだけでも幸せかも、文句はあっても、✧5つ。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 アルチザン トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2007/3/24
形式: 単行本
出版社のつけた「幸運の法則」なんて帯がこの本の価値を貶めているように感じました。
ギャンブルと株について、数学者がどうアプローチしたかについて丹念に取材した本です。
数学者の考え方を難しい式を使わず、いいたとえ話とグラフで見事に説明してくれています。
出てくる人は情報理論の基礎を築いたシャノン、記録的な投資信託を作り上げたソープなど有名人がたくさん出てきます。彼らがギャンブルについてどう考察し理論を作り、かつ、行動したか。そんなことをやっていたことすら知ってる人は、ほとんどいないと思います。見方をかえると、アメリカの金融工学の元ネタの歴史のような本です。
また、賭け方の究極「ケリー基準」について知っておくことは投資を志す人なら損にはならないと思います。私も知りませんでしたが、投資活動とケリー基準についてガルブレイスを始めとし、多くの学者がいろんな考え方をしているのです。
数式がないとはいえ、固い本だしギャングの話など本題と関係ない話もかなり延々と続きます。しかし、読み終えた時、投資理論についてまた一歩、理解を得た気がします。
たしかに翻訳があまりこなれてはいないので星をひとつ減らしました。
コメント 59人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
そのままダイレクトに日本のマーケットに活用できる訳でもないが、トレードへのヒントが満載。学生時代、数学が得意だった方には最良のトレード本になろう。マーケットを経済問題としてではなく、数学問題として捉えられるようになれば、利は飛躍的に増大するであろう。巻末の参考文献も充実していて、好著と言えるレベル。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
翻訳に失笑です(笑)

翻訳者が自分の頭の中身と文章を切り離せていないし、
本の後半がやっつけです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この本の内容
ケリー基準(たとえば、p94によれば、自分の手元も残高のうち、エッジをオッズで割った比率に相当する額を、有利な対象にかけるべきだという基準)を中心として、ギャンブル(株も含む)の必勝法についての議論が書かれている本。
評価
ケリー基準そのもの、ならびに、賭け方についての議論は参考になる。ただ、最初の部分が冗長に感じること、結構難しい(意外と図が少ないと感じた)ところで星1つ引いて、星4つ。
その他
単にギャンブルの方法論が知りたい方は、谷岡一郎さんの『ツキの法則』を一読すべし。この本と矛盾はしない。この本は、方法論というより、歴史が書かれた本ともいえる。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 mccann 投稿日 2014/2/17
形式: 単行本 Amazonで購入
MBAの現役、卒業生は必読の書です。
確立・統計はMBAの必須です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 メタルギルド VINE メンバー 投稿日 2010/10/9
形式: 単行本
内容は非常に興味深く、面白い。
クロードシャノン、エドワード・ソープを中心とした天才数学者の
ギャンブルやマーケットへの取組み、ケリー基準などが解説されている。

内容はいいのだが、歴史的な記述も多い上、いきなり話題が飛んだりするので
読みにくい。さらに元の英語なのか翻訳のせいなのか、文章自体も読みにくくて
ちょっと難儀であった。

文章や翻訳が読みやすければ、★5つの評価ができる1冊だ。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
公平なゲーム(ゼロサムゲーム)において、ゲームの参加者の利益は
平均的にはゼロになるはずである。

実際には、ハウス側(カジノの胴元や証券会社)の手数料の存在等により、
公平なゲームにおいても、ゲームの参加者は平均的には損失を被ることになる。

しかし、もしゲームにおいて他の参加者やハウス側が気づかないルールの穴や、
計算等により期待値が1以上になる状況をを見つけることができたらどうだろうか。

そこでは、他のゲームの参加者を差し置き、ほぼ確実に利益をあげることができる。
(それはもう、ギャンブルではなくビジネスというべきかもしれないが。。。)

本書では、そのような天才学者が見つけた賭けの期待値が1以上になる状況
(本書ではエッジと呼んでいる)について、競馬からブラックジャック、株式から
オプション取引まで、いろいろな実例を記載している。

ギャンブルはとても楽しい。しかし、通常は楽しんだだけの対価を求められ、
場合によっては苦痛を感じることもある。
本書では、苦痛を感じることなく、賭け事または金融市場において収益を得るために、
先人(天才)達はどのようなことを考えてきたのかを知ることができる
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー