ポイント: 8pt  (1%)  詳細はこちら
無料配送: 5月8日 - 9日 詳細を見る
最も早いお届け日: 明日
2 時間 53 分 以内に注文した場合.
詳細を見る
残り2点 ご注文はお早めに 在庫状況について
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元 Amazon.co.jp
販売元 Amazon.co.jp
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
天才アラーキー 写真ノ方法 (集英社新書) がカートに入りました
+ ¥249 配送料
お届け日 (配送料: ¥249 ): 5月8日 - 12日 詳細を見る
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 【書込み、マーカー無し】表紙は軽いスレ程度で表紙に光沢があり、角折れも無く、その他、状態は良いです。また、中身も開き癖も無く、書き込み、ヨゴレ、角折れ、スレ等ございません。その他状態としては良いです。配送はアルコールにてクリーニングをし、防水梱包を施して配送致します。また、希望する配送方法がありましたらメールにて承ります。宜しくお願い致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


天才アラーキー 写真ノ方法 (集英社新書) (日本語) 新書 – 2001/5/17

5つ星のうち3.6 17個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
新書
¥814
¥814 ¥1
この商品の特別キャンペーン 【最大370円OFF】対象の本とSUUMO住宅情報誌の同時購入で合計金額から割引。 1 件
  • 【最大370円OFF】対象の本とSUUMO住宅情報誌の同時購入で合計金額から割引。
    【*期間限定なし*この商品の特典】Amazon.co.jpが販売する【A】SUUMO住宅情報誌と【B】対象の本をまとめて同時にご購入いただくと、注文確定時に合計金額から最大370円OFFに。詳しくは こちら 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 【*期間限定なし*この商品の特典】Amazon.co.jpが販売する【A】SUUMO住宅情報誌と【B】対象の本をまとめて同時にご購入いただくと、注文確定時に合計金額から最大370円OFFに。詳しくは こちら 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

よく一緒に購入されている商品

  • 天才アラーキー 写真ノ方法 (集英社新書)
  • +
  • 写真ノ説明 (光文社新書)
  • +
  • 森山大道 路上スナップのススメ (光文社新書)
総額: ¥3,003
ポイントの合計: 29pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

商品説明

   写真というのは生きること。生きることの原点だと、著者は言う。写真は過去、現在、未来を1枚で見せる。一瞬のうちに消えていく時間に生を与え、それを自分の心のレンズで撮る。写真家アラーキーこと荒木経維にとって、写真とは生と死に対する愛、人生を生きることそのものなのである。

   著者は1940年東京生まれ。電通マンを経て独立し、自ら「天才写真家」と称する個性豊かな写真家であり、その作品は海外からも高く評価されている。本書は、そのアラーキーが本音で語る写真の世界への旅のガイドブックである。どのレンズを選ぶのか、「あの写真」はどのカメラで撮ったのか。身近な人や街、仏像からヌード、愛するものをどう撮るか、発表するか。その写真術のすべてを、著者は惜しげもなく明かしてくれる。「レンジファインダー」「ヘキサーの35ミリ」など専門用語も多数登場するが、欄外に細かく注釈があるので、長く写真を撮っている人にも写真をはじめたばかりの人にも役立つはずだ。

   また、撮影に興味がない人には、著者の最新作や、随所に散りばめられた写真哲学やエッセンスに触れるだけでも著者の人生観を見ることができるので、エッセイとして楽しめる。「写真を撮るっていうのは簡単に言うと人づきあい」、「去り際のタイミング、ここが憎まれるか愛されるかの分かれ道。何かいい風を残していくということが問題なの」などの言葉には、著者の人生に対する熱く優しいまなざしと人間臭さが自然と伝わってくる。(増渕正明)

出版社からのコメント

写真つーのはさ、生きることなんだよね。

「天才アラーキー 写真ノ方法」は、この約二年間、荒木先生の創作に立ち会わせていただいて、その場で伺った話をまとめたものです。
ときは世紀末から新世紀、場所は、フィレンツェや台北の現代美術館での大個展会場、人妻ヌードの撮影現場、夕立の新宿大ガード下、歌舞伎町のカラオケスナック、昔の作品をおさめてある小部屋など。
いつでもどこにいてもアラーキー先生は天才写真家です。面白い!と感じるやいなやもう写真を撮っている。そしてお酒を飲みながらのエッチな話も結局写真論につながっている(その反対もまたしばしばあるのですが)。
そして、保管しているうちにくっついてしまった昔の貴重な作品を「えいっ」と引き剥がしたところ半分破けてしまい「やー、もっと名作になったぞ!」と喜んで、そこから写真論が始まる、現像したばかりでまだ濡れていて干してある写真を題材にお話が始まる。そんなことはもう、しょっちゅう。
この本は六〇歳を超えてなお日本を代表する写真家として世界的に大活躍を続けている写真家による、湯気の立つような写真をもとにした今の写真論です。

写真について何の知識もないような担当者にあらゆる形で語りかけてくださったのは、写真の見方、撮り方、そして人生の楽しみ方。聞き手の分かりが悪いために結局そのお考えの核心や写真論の真髄まで言葉にされて、結局、先生は手のうちを全部さらけ出してくださったようです。木村伊兵衛賞をとられた人気写真家の長島有里枝さんが「私も先生とはお話させていただく機会はあるけれど、ここまで話してくださることはなかった!」と驚かれたほど。
当代一のアーチストの創作の内側は、写真を趣味にする方のみならず、生きること、愛することを大切にしたい方すべてに、刺激と元気をプレゼントしてくれることうけあいです。

登録情報

  • 出版社 : 集英社 (2001/5/17)
  • 発売日 : 2001/5/17
  • 言語 : 日本語
  • 新書 : 268ページ
  • ISBN-10 : 4087200906
  • ISBN-13 : 978-4087200904
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち3.6 17個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.6
星5つ中の3.6
17 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2017年12月29日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2010年7月13日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2013年3月22日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2014年1月4日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2015年11月1日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2016年2月4日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2015年4月12日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2006年11月15日に日本でレビュー済み
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告