通常配送無料 詳細
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
天才は10歳までにつくられる―読み書き、計算、体操... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

天才は10歳までにつくられる―読み書き、計算、体操の「ヨコミネ式」で子供は輝く! 単行本 – 2007/4

5つ星のうち 3.5 42件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 天才は10歳までにつくられる―読み書き、計算、体操の「ヨコミネ式」で子供は輝く!
  • +
  • ヨコミネ式 子供が天才になる4つのスイッチ
  • +
  • 「ヨコミネ式」天才づくりの教科書 いますぐ家庭で使える「読み・書き・計算」の教材
総額: ¥3,996
ポイントの合計: 121pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

横峯さくらの伯父(教育者)が30年の試行錯誤の末にたどり着いた、落ちこぼれゼロの子育て法。0歳から10歳までの「自学自習」、伝統的な寺小屋方式で優秀なニッポン人のDNAにスイッチが入る。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

横峯/吉文
昭和55年、鹿児島県志布志市に社会福祉法人純真福祉会「通山保育園」を設立。現在は3つの保育園と「太陽の子・山学校演習場」、「太陽の子児童館」の理事長。園児全員が逆立ちで歩いたり、5歳児で漢字が読み書きできたり、小学1年生で割り算ができるようになる、そのユニークな「ヨコミネ式」子育ては全国的に話題となり、カリキュラムとして採用する保育園、幼稚園が急増している。昭和26年鹿児島県生まれ。横峯良郎氏は実弟。女子プロゴルファー横峯さくらのおじさん(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 199ページ
  • 出版社: ゴルフダイジェスト社 (2007/04)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 477284077X
  • ISBN-13: 978-4772840774
  • 発売日: 2007/04
  • 商品パッケージの寸法: 17.6 x 12 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 42件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 181,309位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
著者の講演を聞いて響く親9割、響かない親1割だそうだが、本書を読んだ限りにおいて私は1割の方に入りそうだ。と言っても、共感できるところは多々あるし、体罰の制限などは参考になったし、何より現場で創意工夫を重ねて独自のメソッドを確立したことは素晴らしいと思う。がしかし、ところどころ魚の小骨のように引っかかることがあり、結局飲み込めずに終わった。

最大の小骨は「3歳以降抱きしめるな」という禁止令だ。しつこい上に「成功へのキーワード」「絶対しないで」とまで言っていることから、これがヨコミネ式においてかなり重要なポイントであることがうかがえる。そして、3歳過ぎて抱きしめたりなんかした日にゃ思春期になってから性欲に溺れ、非行に走り、少年院に行き、マザコンにもなるし、ニートにもなっちゃうよと力説するが、ここでしれっと「溺愛、甘やかし」を「抱擁」に置き換えた意図は何だろうか?抱擁禁止で高じる子どもの渇望感が、ヨコミネ式の原動力になるとか?執拗な牽制は裏を返せば、高々ハグした位でヨコミネ式では伸び悩むってこと?真意はどうあれ、私は「心ゆくまで親に抱いてもらえなかった育ち残し(欲求不満)は異性に持ち越しとなり、性体験を早める」(
...続きを読む ›
コメント 324人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 happyfun120 VINE メンバー 投稿日 2011/3/18
形式: 単行本
 タイトルが少し安っぽい気がしないでもないですが…

 息子が幼稚園に入学する前に、
我が家の子育ての続きについて考え始めた時に、
少し前に話題になっていたようなので
気になって本書を読んでみました。

・3歳以降は抱きしめ禁止!
・(特に男の子は)勝ち完全主義!

などと言われると、違和感を感じるかもしれません。
もちろん、私も完全に賛同などはしませんし、
そもそも、子育てやしつけなどは、自分達に
あったものだけ(好きなものだけ)を上手に取り込み
(参考にし)加工するものだと思っています。

 少し極端な内容は表現はあるかもしれませんが、
本書で伝えようとしていうるのは、
自学自習の繰り返し学習を習慣にすること。

 著者も言われていましたが、古臭いようだけど、
結局は昔からの知恵を生かすのが一番自然だと
再認識させられます。

 子供が小学生になるまでに親が参考にするには
入門書としても良書だと思います。
(※他の「ヨコミネ式」も読んでみましたが、
内容はほぼ同じなので、どれか1冊をまず読んで
みるのは悪くないと思います。)
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
私は絶対このような子育てはしません。幼稚園で、徹底的に読み書き、体操(倒立)の訓練をしたら、こんなに出来る、という教育です。
さて、倒立が出来るようになっても、私は「芸を教える」だけのことだと思います。倒立して並んだ幼稚園児。ブリッジして並んでる幼稚園児。これって、猿に芸を教えたのと変わらないと思うのは私だけでしょうか。
そして、この本の一番の欠点は、一番欠如しているところは、「こういう子育てをして、どのような大人になったか」追跡が全く無いことです。
幼稚園でこんなことが出来るようになれる、小学校低学年で、これほどほかの子と差がある、ここまでです。
このような子は、どんな大人になるでしょうか。私は期待できません。
私はいい大人で、色々な人を知っていますが、知力、身体、心(親切心)などが優れている大人は、小さいときにもっと自由に自然遊びをしてきた人のように思います。自由に遊んで遊びたおして、大人はそのあとを付いていくくらいの子大成するように思います、少なくとも、このような子育てをされた子供ではないですね。大変危険な本です。
コメント 69人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
海外在住20年の者です。日本の年老いた両親から最近大変話題になっている教育方法なので参考にするようにと送られてきました。しかし、参考になるどころか、なんともいえない気色の悪い思想に触れてしまったと、読まなければ良かったと後悔しました。
一番ギョっとしたのは、男の子は3才以降(特に母親からの)スキンシップを受けてはいけない、性的欲求があふれる年齢になったときに道を踏み外し犯罪者になるおそれがあるという理論です。いったいナニを根拠にこのような事をいうのでしょうか?欧米だけでなく、アジア圏でも、母親が子供抱きしめるのはごくごく日常的に見られる行為です。それは子供がいくつになってもかわりません。子供が大人になり頻繁に会うことがなくなっても、母親、そして家族は再会のたびにまずは抱き合って喜びます。横峯氏はこの本で、抱擁=将来は犯罪者、非社会的行為に浸る、マザコンと結び付けていますが、子供を異様に溺愛すること=抱擁とは違うと自分は考えています。母親からのスキンシップを将来の犯罪&性欲に結びつけるこの中年男性を、自分は読んでいて気味が悪いと感じました。
もうひとつ納得のいかないのが、男の子は男の兄弟が必要だ、女の子の兄弟しかいない男の子、またはひとりっこの男の子は人生に必要な<競争に勝つ>ということを幼児期に学ぶことができないという部分。これは彼の経験に基づいているようです。
...続きを読む ›
1 コメント 120人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー