通常配送無料 詳細
一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。 在庫状況について
注文確定後、入荷時期が確定次第、お届け予定日をEメールでお知らせします。万が一、入荷できないことが判明した場合、やむを得ず、ご注文をキャンセルさせていただくことがあります。商品の代金は発送時に請求いたします。
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯なし。カバーに縁寄れ、小口に多少キズありますが本文は概ね良好です
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

天才の秘密 アスペルガー症候群と芸術的独創性 単行本(ソフトカバー) – 2009/10/9

5つ星のうち 3.4 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 2,484
¥ 2,484 ¥ 1,434

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 天才の秘密 アスペルガー症候群と芸術的独創性
  • +
  • アスペルガーの偉人たち
  • +
  • 自閉症感覚 かくれた能力を引きだす方法
総額: ¥6,480
ポイントの合計: 137pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

モーツァルト、ゴッホ、アンデルセン―あの天才たちはアスペルガー症候群だった?歴史的天才たちの診断をもとに芸術的独創性を生み出すアスペルガー症候群の特性を説明。さまざまな側面をもつアスペルガー症候群の秘密を明かすユニークな書。

内容(「BOOK」データベースより)

歴史的天才たちの診断をもとに、芸術的独創性を生み出すアスペルガー症候群の特性を説明。さまざまな側面をもつアスペルガー症候群の秘密を明かすユニークな書。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 328ページ
  • 出版社: 世界思想社 (2009/10/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 479071439X
  • ISBN-13: 978-4790714392
  • 発売日: 2009/10/9
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.2 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 389,675位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.4

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
この本に取り上げられている芸術家は、作家がジョナサン・スウィフト、アンデルセン、メルヴィル、ルイス・キャロル、イェイツ、コナン・ドイル、ジョージ・オーウェル。
哲学者がスピノザ、カント、シモーヌ・ヴェイユ。
音楽家がモーツァルト、ベートーヴェン、サティ、バルトーク。
画家がゴッホ、L・S・ローリー、アンディー・ウォーホル。
皆、一風変わった作風で、時代を超えて魅力を放ち続ける作品をつくった人たちだ。
この本では、彼らが人間的にも「変わっていて」「社会に適応できなかった」ことを述べている。
それがほんとうにアスペルガー症候群の証拠になるのかどうかは疑問が残るが、彼らのほんとうに変わった性格や行動は、興味深い。
理知的な印象のあるコナン・ドイルが妖精や幽霊を心から信じていたり、アンディー・ウォーホルが「ティファニーで朝食を」のカポーティをストーカーしていたり…
幼少期も含めて丁寧に人生をなぞっていて、知られざる話題が多いので、上記の芸術家たちに興味をもっている人は、一読の価値があると思います。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
様々な分野(文学・哲学・音楽・絵画)の天才たちが持つ逸話を、アスペルガ−症候群の示す症状(社会性の欠如・狭い興味関心と強迫観念・率直さと素直さ等)に照らしてまとめたもの。自らの抱えた認識の歪みを、芸術的独創性にまで昇華させた天才(と呼ばれる人)たちの深い苦悩が窺えます。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Gori トップ1000レビュアー 投稿日 2010/4/6
形式: 単行本(ソフトカバー)
私は、早まって同じ著者の「アスペルガー症候群の天才たち」
も買ってしまったが,内容は大同小異なので,
研究者でもなければダブって買う必要はないと思われる。

欧米では,昔の天才は「みんなアスペルガーだった」
と言うような本が流行りのようで,邦訳も数点、出ている。
でも、極端に走るのは,往々にして誤りで,
天才にはアスペルガーではなかった人のほうが多かった
と言うのが事実だろう。
アスペルガーの人を元気づけるというが,
元気づけてもらえるのは,親ぐらいで,
当事者は,自分のあまりの普通さに
嘆くケースの方が多いのではないか。

本書は,文学部系の臨床心理士が監修し若手の弟子に
訳を任せている。この訳が生硬で,とても読みにくい。
さらに,私が全く信用をおいていない,
河合隼雄氏の流れをくむ臨床心理士であるのは、残念な限りである。

訳者あとがきで,精神鑑定のF氏を持ち上げているのを見て,
全文を読み終えていた私は激しく後悔した。

ちなみに「アスペルガー症候群の天才たち」の方の訳者は
医学部系の精神科医である。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
この本は良書である。
偉人がアスペルガ―であることとその根拠が書かれておりそのことは非常に参考になった。
音楽家のサティは大変人嫌いで一人でいるのを好む人間であったが、おそらく孤立型アスペルガ―であろう。
彼らが天才になれたのはアスペルガ―症候群の賜物であるという意見は正しい。
ただし、彼らが成功したのはASであるからという結論は非常に危険である。
アスペルガ―症候群の人々は社会性やコミュニケーションの障害を抱えていたといわれているが、彼らはその二つをカバーするすべを身につけているであろう。
この本には書かれていないがエジソンの交友関係は非常に幅広いものであった。
コミュニケーションと社会性の問題を抱える人間にこの交友関係を作ることは不可能である。
言い換えればコミュニケーションと社会性の問題を克服したからこそ幅広い交友関係を築けたのであろう。
アスペルガ―だといわれる人の人となりを本当に知りたいなら伝記を直接読むことが大切であろう。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
冒頭からやたらと他人の論文の引用が続いたので不審に思ったものの序章なのでこれまでの精神医学の概観を示しているだけだと好意的に理解したのだが、最後までずっと他人の論文の引用が続きそれだけで終わってしまったオリジナリティ皆無のパトグラフィ本。

ほとんど全章にウィトゲンシュタインへの言及が有り著者のお気に入りなのか思い入れがあるのかと思いきや、肝心のウィトゲンシュタインについて書いた章が無い。

著者はダブリンのトリニティカレッジで精神医学の教授をしているそうだが、精神医学が未だに科学として認められないのは、伝聞のみを元に他人が書いた論文を引用し感想を一言添えるだけで何ら疑問を抱いたり検証や考察をすることなく論文として成立してしまう、この本の著者のような姿勢の研究者の招いた結果なのだなと思わせる位、どうでもいい本でした。

論文的形式をまとった単なるエッセイ。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告