この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


天才たちは学校がきらいだった (日本語) 単行本 – 1994/4/1

5つ星のうち5.0 2個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「MARC」データベースより)

非凡な脳はなぜ学校でつまずくか? 近代世界の構造を生みだした人々の中でも高い位置にいるエジソンやアインシュタインなどをとりあげ、創造性と学習障害との不思議な関係を検証する。

著者について

【トーマス・G・ウェスト】
1970年、南カリフォルニア大学大学院国際関係学科修士過程修了。1972年、ジョージタウン大学大学院国際関係学科博士過程を中退後、コンピュータ・システム、エネルギー探査、国際技術交流などの分野の企業、公的機関でマネージャー、コンサルタントを経験。電気・電子技術者協会会員。1987年以降はワシントンD.C.を本拠地として著述と講演、それにコンサルントとして多忙な毎日を送っている。本書は米国で出版後4ヵ月で完売になり、それをきっかけとして米国各地、ヨーロッパ、オーストラリアなどに招待講演の足をのばしている。

【久志本克己】
早稲田大学卒業。訳書に『アインシュタインを超える』『らくらく相対論』『地球の最期』(以上、講談社ブルーバックス)、『マイ・ブラザーズ・キーパー』などがある。物理学、SF関係の翻訳書多数。


登録情報

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
星5つ中の5
評価の数 2
星5つ
100%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
2007年7月5日に日本でレビュー済み
26人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2002年8月19日に日本でレビュー済み
33人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告