通常配送無料 詳細
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
天帝妖狐 (集英社文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

天帝妖狐 (集英社文庫) 文庫 – 2001/7/1

5つ星のうち 4.2 50件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 475
¥ 475 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 天帝妖狐 (集英社文庫)
  • +
  • 平面いぬ。 (集英社文庫)
  • +
  • 夏と花火と私の死体 (集英社文庫)
総額: ¥1,566
ポイントの合計: 50pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

行き倒れそうになっていた謎の男・夜木。彼は顔中に包帯を巻き、素顔を決して見せなかった。やがて、夜木を凶暴な事件が襲い……。ホラー界の新星・乙一の第2作品集。(解説・我孫子武丸)

内容(「BOOK」データベースより)

とある町で行き倒れそうになっていた謎の青年・夜木。彼は顔中に包帯を巻き、素顔を決して見せなかったが、助けてくれた純朴な少女・杏子とだけは心を通わせるようになる。しかし、そんな夜木を凶暴な事件が襲い、ついにその呪われた素顔を暴かれる時が…。表題作ほか、学校のトイレの落書きが引き起こす恐怖を描く「A MASKED BALL」を収録。ホラー界の大型新人・乙一待望の第二作品集。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 250ページ
  • 出版社: 集英社 (2001/7/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4087473422
  • ISBN-13: 978-4087473421
  • 発売日: 2001/7/1
  • 梱包サイズ: 15.2 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 50件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 58,304位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 カスタマー 投稿日 2003/7/7
形式: 文庫 Amazonで購入
【トイレのタバコさん】は何となく
芯から怖さを感じさせられて、其れもとても善かったのですが
【天帝妖狐】はアタシにとって凄くグっとくる御話でした。
本当に人の心の弱さとか脆さとかを切実に書かれて居て
潜む孤独感とかそういうのがよかったです。
愛についても感動させられてしまって泣いてしまう程綺麗でした。
御薦めです。本当に。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 投稿日 2004/6/14
形式: 文庫
「A MASKED BALL」は、学校のトイレの落書きから徐々に膨らんで、主人公を包み込んでいく恐怖感が秀逸。犯人が誰かと推理する楽しみも味わえます。ただ、終わりが妙にスッキリしていると言うか、アッサリしていると言うか・・・。物足りない感じがありました。
表題作の「天帝妖狐」。体中に包帯を巻きつけ素顔を隠す、不可思議な雰囲気を持つ謎の青年・夜木と心優しい少女・杏子の出会いと別れ。夜木のけして幸福ではなかったこれまでと、杏子と出会ってからの何気ない日常の様子が、どれほど彼にとって幸福な時間であったかが、悲しいほどに伝わってきます。二人の最後の別れの場面などは、その光景が頭に浮かんできさえして思わず、うっとりとしてしまいます。ただ一つ、題名とのつながりがちょっと弱いかなと。もう少し『狐』を匂わせるような場面が欲しかったかなと。
全体の印象としては、キレイです。ちょっとひねりのあるストーリーは、思わず唸らせられます。なるほど、これなら「期待の大型新人」と評されるのも納得がいきます。もう少し、他の作品を読んでみたくなりました。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
短編の方が乙一独自の濃さがあって面白いな。と思った小説。

A MASKED BALL の解説がトイレの落書きが引き起こす恐怖と書かれていて、

は?と思い全く理解出来ないと思う部分もありましたが、あまりに身近すぎる話で

目の付け所がいいなぁ。と思った。この身近さが恐怖と思える一番の理由なんだろうな。

天帝妖孤は人が考えるような暗さではなくここまでなんで悲しいストーリーにするの?

と有り得ないほどに主人公達に感情移入してしまい、泣いてしまいました。

出来すぎた話のように感じますが、こんな風に悲しさを表現する人なのかと興味が沸く作品でした。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
特に表題の「天帝妖弧」は読むのがしんどくなってしまうくらい、
大好きな小説です。

日常に非日常がするりと入り込んで、
普通では体験できない状態におかれているのに、
情景が生々しく浮かび、
登場人物たちの感情が不思議なリアリティを持って迫ってきます。

決して明るいお話ではありませんが、おすすめです。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 私が乙一の本を読むのはこれで3作品目となりますが、個人的にこれが一番のお気に入りです。

まず、1話目の A MASKED BALL ですがこれはネットでよく見る掲示板を昔風にトイレの落書きで表してる作品ですね。その辺のセンスが巧いと思います。あえて落書きで表すわけですから。この作品は後のGOTH シリーズと雰囲気が似ているなと感じました。最初は落書きを通じて特殊な仲間を形成し楽しんでいた主人公、しかしその中の一人が・・・・・ これ見てて

あ、こいつはこの人かな?とか推理するのが面白かったですよ。

次に表題作、天帝妖狐ですがこれはただ一言切ない・・・・ 読み終わった後胸の締め付けが中々とれなかった。それ程悲しい、そして寂しい物語です。 これは読んでもらったほうが絶対にいい話です。

この本、夏花などの話に押されてイマイチ有名ではないです。ですがこの本は読んだ後絶対に後悔しない本でしょう。私はそう感じます。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 これは乙一作品で私が初めて読んだ本です。これはとても良い!表題作である“天帝妖狐”は主要人物である二人の視界から交互に話が展開されています。内容は一言で言えば、夜木の長い人生の中で小さな、けれど本当に幸せな一瞬を切なく描いたものです。本当に切ない…。
 “A MASKED BALL”これは非常に面白い内容だと思います。トイレで、顔の見えない者同士の言葉の交換。壁に書いて、また消して。その中で一人異質な者が出てきます、その人は冷静に壁に書いた内容を実行していきます。冷静さと異質さが奇妙で不気味。何が目的でそうしているのか、分かりますかね♪そしてV3はいったい誰でしょうね♪
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー