中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆除菌クリーニング済み◆外観・冊子内に軽度の擦れや使用感がございます◆目立つ傷み等なく綺麗な品となります◆本商品はアマゾンコンディションガイドラインに則して出品している商品となります(ご注文前にご参照下さい)◆中古商品の為、発行年によりカバーデザインが異なる場合がございますのでご理解ください(本文内容に問題がある場合のみ、返品対応となります)◆【帯・ハガキ・チラシ】等の封入物や【アマゾン商品詳細欄に記載の無い付属品】は原則付属しないものとしてお考え下さい(ある場合は付属しての発送となります)◆アマゾン専用販売品の為、在庫切れはありません◆最終検品時に製品に問題があった際は、ご注文キャンセルにてご対応とさせて頂きます★商品の発送:ご注文日より2日以内に発送となります(土日/祝祭日は順次発送)★配送業者:ヤマト運輸・佐川急便・日本郵便のいずれかを利用しての発送となります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

天川天音の否定公式〈3〉 (MF文庫J) 文庫 – 2010/1

5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

夏休みを利用して瑛子の別荘に別びに来た雪道たち。そこに突然現れたのは、真っ白な司祭装束をまとった少女だった。自らをシステム・コッペリアと名乗る彼女は“領域”から逃げてきたと言うけれど…。「きみは、一体誰なのかな」「ノウ、そのような哲学的質問に答えることはできません」見えぬ敵から彼女をかくまいつつも休暇を過ごす一同だが、無垢な人形『狂った時計』コッペリアの時の爆弾が発動するまでにいくばくもなかった。そして引き寄せられるように“待ち人”なる本来の雪道の姿がついに顕現する―。守り抜くため、その力と、時を否定せよ!!激動の第三巻登場。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

葉村/哲
広島生まれの広島育ち、現在も広島在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 258ページ
  • 出版社: メディアファクトリー (2010/01)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4840131511
  • ISBN-13: 978-4840131513
  • 発売日: 2010/01
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,131,842位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
話が深いと思います
伏線もけっこうあるのでそのうち回収するのでしょうか。
設定がやや複雑です
しかし、何回か読めば理解できました
どっちかと言ったらシリアスな内容だと思います
四巻が待ち遠しいですね。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
前半は旅行に行った先でコッペリアと出会いデートしたりするラブコメパート。

コッペリアが雪道とやたらと仲良くして、それに嫉妬する他の女子達という、まあいつものような構図です。

後半はバトル・シリアスパートです。相変わらずよくわからない設定でまだ全容は把握し切れませんね。

感想としては決して優しくはない物語だと感じましたね。
今後もある程度の鬱展開は覚悟しておいた方がいいかもしれません。

個人的にはラブコメパートが楽しいので、そちらを重視して
バトルパートもそれほどシリアスにならないようにしてもらいところですが・・・。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告