Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 486
ポイント : 4pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[谷山 由紀]の天夢航海
Kindle App Ad

天夢航海 Kindle版

5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 486
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 33

商品の説明

内容紹介

あの星空のどこかに、私が私でいられる場所がある

 両親の離婚で都会から地方の女子校へ編入したあさみは、どうしてもクラスになじむことができなかった。そんなとき、彼女は本屋のレジの脇にひっそりと置かれた『天夢界紀行』という小説に出会い、その作品世界に強く惹かれていく。それは、どこか別の星にあるパラダイス……天夢界からの迎えの船を、望郷の思いに身を焦がしながらこの地上で待つ天夢界人たちの物語だった。
 自分にも迎えの船が来ることを願うあさみは、ある日、本当に天夢界行きの船のチケットを手に入れてしまい……。
 天夢界に憧れる少女たちを描く連作短編集。

●谷山由紀(たにやま・ゆき)
作家。文芸同人誌活動のかたわら雑誌投稿を始め、1993年雑誌「グリフォン」(朝日ソノラマ)に短編投稿作が掲載されたのを機に、1995年『コンビネーション』(ソノラマ文庫)でデビュー。その後、『天夢航海』『こんなに緑の森の中』(いずれもソノラマ文庫)を発表。


登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 6549 KB
  • 紙の本の長さ: 172 ページ
  • 出版社: アドレナライズ (2013/10/16)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00FYKB5XW
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 159,265位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
3
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 るか 投稿日 2006/6/14
形式: 文庫
一目で、運命を感じる本というのは、あると思います。

読んでしばらくは、夜空に船を捜していました。天夢界中央港行きのチケットを作って、中学の生徒手帳に挟んでいました。行けないことはわかっていても。創作であるとわかっていても。

わたしが、わたしでいられる場所。

主人公たちのように、あこがれました。若かった。

ここにいるわたししか、「わたし」はいないのに。

「本当のわたし」を探していたあなたに。

特別な誰かに、なりたかったあなたに。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
掛け値なしの傑作。
天夢界に憧れ、いつかそこへ行くことを夢見る少女たちを描いた短編集だが、
その幾重にも及ぶ枠物語を通じ、現実と夢とを繊細、
かつ鮮明に問い直すことに成功した奇跡的作品。
ぎりぎりの筆致の中、現実に背を向けず、かつ夢を捨てずという、
ともすればあいまいに終始する話を、ここまでの完成度に仕上げた手腕には
感嘆せざるを得ない。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
主人公の女子高校生たちを通じて、現実の毎日の生き方(それぞれ色々な悩みや厳しさに向き合っている生きている様子)と同時に、彼女たちが天夢界というところに本当に行けるのではないのかしらという希望や戸惑いやドキドキ感を自分自身も痛いほど感じながら、夢中で読みました。読んだ後、とても爽やかな気持ちになりました。これからもこの作者さんの作品を電子書籍にしていただければとっても嬉しいです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover