天地明察 [DVD] がカートに入りました
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 注)レンタル専用商品でディスクは1枚です。メーカーの承諾を得て販売している正規品です。★ケース交換、クリーニング済み。ジャケット、ディスクに若干のスレがありますが全体的に良好な状態です★レンタル用ラベルなど商品を傷つける恐れがある場合には剥がさずにそのままの形での郵送となります。(説明書等は入っておりません)
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,369
1pt
通常配送無料 詳細
発売元: 玉光堂
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

天地明察 [DVD]

5つ星のうち 3.6 40件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 3,127 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 977 (24%)
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:6¥ 3,127より 中古品の出品:11¥ 1,450より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 天地明察 [DVD]
  • +
  • 舟を編む 通常版 [DVD]
総額: ¥6,302
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 岡田准一, 宮﨑あおい, 佐藤隆太, 市川猿之助, 笹野高史
  • 監督: 滝田洋二郎
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 角川書店
  • 発売日 2013/02/22
  • 時間: 141 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 40件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B005743LSM
  • JAN: 4988111243409
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 22,194位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

本屋大賞第一位(2010年)に輝いた、冲方丁のベストセラー小説を映画化!

『おくりびと』で国内の映画賞を総ナメ、第81回米国アカデミー賞外国語映画賞の栄誉に輝いた、滝田洋二郎監督が岡田准一とタッグを組んで挑んだ最新作

日本映画界屈指の超豪華キャストが集結!

江戸時代、日本を縦断するダイナミックな天体観測があった! 歴史を大きく動かした一人のサムライの物語。

【ストーリー】
将軍に囲碁を教える名家の息子として生まれたものの、出世も富にも興味がないまっすぐで不器用な男、安井算哲(岡田准一)。星の観測と算術の設問を解いている時が一番幸せで、自分の好きなことに熱中しているときは周りがみえなくなってしまう。仕事である囲碁に疑問を感じ、いつも真剣勝負の場に身を置いていたいと願う熱い思いを心にひめていた。将軍・徳川家綱の後見人である会津藩主・保科正之(松本幸四郎)は、そんな算哲を見込み、800年にわたって使われていた暦の誤りを正し、新しい暦を作る大計画のリーダーに抜擢する。これには、大きな難関がふたつ待ち受けていた。ひとつは、日本全国で緻密な天文観測を実施すること。ふたつめは、古来の暦を重んじている朝廷に新しい暦を認めさせること。数々の挫折にも負けず、持ち前の誠実さとひたむきさで果敢に立ち向かっていく算哲。頼 もしい師や友人、そして愛する人に支えられ、決してあきらめない男・算哲と皆の夢をかけた、果しなき挑戦がはじまる―。

原作:冲方丁(うぶかた・とう)「天地明察」(角川書店刊)
監督・脚本:滝田洋二郎 (『おくりびと』『バッテリー』)
脚本:加藤正人(『クライマーズ・ハイ』『孤高のメス』)
音楽:久石譲 (『悪人』『おくりびと』)
撮影:浜田毅 (『おくりびと』『椿三十郎』)
照明:安藤清人 (『人間失格』『火天の城』)
録音:小野寺修 (『おくりびと』『ハナミズキ』)
美術:部谷京子 (『チーム・バチスタの栄光』『容疑者Xの献身』
編集:上野聡一 (『ザ・マジックアワー』『ステキな金縛り』)

【キャスト】
安井算哲:岡田准一/村瀬えん:宮﨑あおい/水戸光圀:中井貴一/保科正之:松本幸四郎/村瀬義益:佐藤隆太/関孝和:市川猿之助/建部昌明:笹野高史/伊藤重孝:岸部一徳/安藤有益:渡辺大/山崎闇斎:白井晃/本因坊道策:横山裕/宮栖川友麿:市川染五郎

【映像特典】 特報・予告編

*商品の内容、仕様等は変更の可能性があります。ご了承下さい。

© 2012「天地明察」製作委員会

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

岡田准一と宮●崎あおいの共演で、江戸時代に日本独自の暦作りに挑んだ実在の人物・安井算哲の生き様を描く時代劇ドラマ。星の観測と算術が大好きな青年・安井算哲は会津藩主・保科正之によって、新しい暦を作るという一大計画のリーダーに抜擢される。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

 吉川英治文学新人賞、本屋大賞など数々の文学賞を受賞した冲方丁の同名小説を映画化した作品。
 原作がものすごく面白かったので、どのように映像化されるか心配していましたが、不安が的中した感じ。
 主人公安井算哲に扮した岡田准一は、私のイメージとはかなり違っていましたが、熱演していました。尤も、「SP」の方が合っていますが……。妻えん役の宮崎あおいは、かつらと着物が似合い、楚々とし、凛としていて、存在感を示していました。後、安藤有益役の渡辺大も良かったです。
 しかし、算哲のライバル本因坊道策の横山裕、えんの兄役の佐藤隆太ほか尾藤イサオ、きたろうなど、全体的にキャスティングが如何なものか。作品を軽くしてしまった感じは否めません。
 天地明察のテーマは、「挫折と夢」?
 限られた時間では無理とわかっていても、描き切れていないし、やはり物足りませんでした。
 原作者、冲方丁が、群衆の中に混じっているそうです。
 私は見つけられませんでしたが、探してみては?
 
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
地味だが、良い映画でした。(原作未読のせいもあり)
高校の日本史の教科書に、1,2行だけ紹介されているような人がバンバン出てきて興味深かったというのもあり。
安井算哲(渋川春海)の人生は、まるで後世の伊能忠敬に通ずるものがあり、ふたりとも日本国の大事な根幹部分に関わる天命があったのだろうと思う。趣味から講じて、国の根幹をなす暦や地図を不断の努力を持続することによって成し遂げたのだから。
真摯に懸命に純粋に物事を成し遂げようとする姿に、心打たれます。
思うに平安時代以来、ズレや誤謬が生じる宣明暦を修正することなく使い続けていた朝廷も、暦を作成していた陰陽寮の官人たちは何をしていたの、職務怠慢じゃないか〜っっと、ツッコミをいれたくなります(笑)。
途中、主人公の師匠的立場になる山崎闇斎の「たかが暦、されど暦と存じまする」というようなセリフを言っていて、「たかが」ではないだろう、とちょっと引っかかりました。「暦」が大事って映画なのに…(-_-;)そして、彼が忍者みたいな人?に殺される件りも明らかに史実と違い、また安っぽい演出。蛇足かな〜。
えんとの夫婦愛も心に温かい描き方で良かった。同年同日に亡くなるなんて、それだけ想いが深かったのかしら…(*゚∀゚*)
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
囲碁界では、算哲(春海)は道策の才能に及ばずと自分を認めて、囲碁から天文の世界に移ったということになっているのだが・・・。

映画のなかで関孝和のセリフで言わせているように、数学の才能だけでは暦は作れず、算哲にとっては適職を見つけられたのだろう。

原作を活字で読むのとは違い、映画ではなんとも荒唐無稽感が否めない。反対者による観測所への集団襲撃はいくら映画とはいえ有り得ない。徒歩による測量のやり方の理論的説明が欲しかった。妻と抱き合うラストシーンはよくあるハリウッド映画風のハッピーエンディングで、噴飯ものだった。

さはありながら、数学を扱った希少性のある映画として、なんとか星二つ評価できる。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 原作がいいのだが、全体に静かな話なのでアクションシーンとか叫ぶシーンとかを入れようとしたのだろうが、それが裏目に出た感じもする。火矢での襲撃とか、山崎闇斎がそれにあたるとかありえんだろう。「中国」とか連発するのも勘弁してほしかった。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
時代考証重視派には噴飯モノの作品だろう。
しかし時代物、「和」物をこれほど親しみ易く、判り易く
現代に蘇らせた着眼点、そして手腕は大きいだろう。

これほどのドラマは無かったにせよ、
西洋科学風の発展形態をとっていなかったにせよ
江戸時代は息詰まった世界ではなく、
独自の科学・思想が展開していたという史実が
肌感覚で「判る」ことが大事なのではないだろうか?
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
若い俳優さんが力を入れて演技しているのが伝わってきます。もしこれがフィクションであるならば面白い映画なのですが、なんか納得がいきません。
ひとつは暦を作るためにどんなことが必要なのか説明されていないので、主人公の生き方がリアリティーをもって伝わってこないこと。(緯度や近日点のことをもっと詳しく説明してほしかったです。)
もうひとつは関孝和の描き方です。あれは時代考証を無視し、なおかつ関の大業績に泥をぬるものです。日本の誇る大数学者がうらぶれた長屋に住んでいるなどということはありません。

まあこれで、天文ファンが増えるといいのですが。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す