天地明察 [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【国内正規品】レンタル中古品でしたが、 新品のケース(白か黒色)に交換して発送します。 内容は、新品ケース1枚、DVD1枚です。 【ディスクについて】 再生に問題はありません。 ※レンタル中古品の為、多少の傷みや、写真には写っていない場合でも ディスクとジャケットに管理シールを貼っている場合がございます。 【発送について】 AMAZON配送センター管理の為 品切れがなく、防水包装などをしてすぐに発送します! (注文完了後、通常24時間以内) コンビニ受け取りも対応しています。 【支払いについて】 代金引換、お急ぎ便、コンビニ、ATM、ネットバンキング、電子マネー払いも可能です。 【プレゼント対応】 ギフト包装、ギフトメッセージにも対応しています。 【お問合せ】 万が一、違う商品が届いたり、商品の不具合や、 シーン途中でフリーズ等ございましたら、 取引完了の評価をされる前に、注文履歴→出品者に連絡する、から、 当店に状態などをご連絡ください。 迅速にメールにて折り返しのご連絡をさせていただきます。 内容を確認次第、商品の交換、返品、返金などの対応をさせていただきます。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,127
通常配送無料 詳細
発売元: ハピアス商会
カートに入れる
¥ 3,369
1pt  (0%)
通常配送無料 詳細
発売元: 玉光堂
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

天地明察 [DVD]

5つ星のうち 3.6 40件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 3,127 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 977 (24%)
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:6¥ 3,127より 中古品の出品:8¥ 1,310より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 天地明察 [DVD]
  • +
  • 舟を編む 通常版 [DVD]
総額: ¥6,302
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 岡田准一, 宮﨑あおい, 佐藤隆太, 市川猿之助, 笹野高史
  • 監督: 滝田洋二郎
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 角川書店
  • 発売日 2013/02/22
  • 時間: 141 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 40件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B005743LSM
  • JAN: 4988111243409
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 29,894位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

本屋大賞第一位(2010年)に輝いた、冲方丁のベストセラー小説を映画化!

『おくりびと』で国内の映画賞を総ナメ、第81回米国アカデミー賞外国語映画賞の栄誉に輝いた、滝田洋二郎監督が岡田准一とタッグを組んで挑んだ最新作

日本映画界屈指の超豪華キャストが集結!

江戸時代、日本を縦断するダイナミックな天体観測があった! 歴史を大きく動かした一人のサムライの物語。

【ストーリー】
将軍に囲碁を教える名家の息子として生まれたものの、出世も富にも興味がないまっすぐで不器用な男、安井算哲(岡田准一)。星の観測と算術の設問を解いている時が一番幸せで、自分の好きなことに熱中しているときは周りがみえなくなってしまう。仕事である囲碁に疑問を感じ、いつも真剣勝負の場に身を置いていたいと願う熱い思いを心にひめていた。将軍・徳川家綱の後見人である会津藩主・保科正之(松本幸四郎)は、そんな算哲を見込み、800年にわたって使われていた暦の誤りを正し、新しい暦を作る大計画のリーダーに抜擢する。これには、大きな難関がふたつ待ち受けていた。ひとつは、日本全国で緻密な天文観測を実施すること。ふたつめは、古来の暦を重んじている朝廷に新しい暦を認めさせること。数々の挫折にも負けず、持ち前の誠実さとひたむきさで果敢に立ち向かっていく算哲。頼 もしい師や友人、そして愛する人に支えられ、決してあきらめない男・算哲と皆の夢をかけた、果しなき挑戦がはじまる―。

原作:冲方丁(うぶかた・とう)「天地明察」(角川書店刊)
監督・脚本:滝田洋二郎 (『おくりびと』『バッテリー』)
脚本:加藤正人(『クライマーズ・ハイ』『孤高のメス』)
音楽:久石譲 (『悪人』『おくりびと』)
撮影:浜田毅 (『おくりびと』『椿三十郎』)
照明:安藤清人 (『人間失格』『火天の城』)
録音:小野寺修 (『おくりびと』『ハナミズキ』)
美術:部谷京子 (『チーム・バチスタの栄光』『容疑者Xの献身』
編集:上野聡一 (『ザ・マジックアワー』『ステキな金縛り』)

【キャスト】
安井算哲:岡田准一/村瀬えん:宮﨑あおい/水戸光圀:中井貴一/保科正之:松本幸四郎/村瀬義益:佐藤隆太/関孝和:市川猿之助/建部昌明:笹野高史/伊藤重孝:岸部一徳/安藤有益:渡辺大/山崎闇斎:白井晃/本因坊道策:横山裕/宮栖川友麿:市川染五郎

【映像特典】 特報・予告編

*商品の内容、仕様等は変更の可能性があります。ご了承下さい。

© 2012「天地明察」製作委員会

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

岡田准一と宮●崎あおいの共演で、江戸時代に日本独自の暦作りに挑んだ実在の人物・安井算哲の生き様を描く時代劇ドラマ。星の観測と算術が大好きな青年・安井算哲は会津藩主・保科正之によって、新しい暦を作るという一大計画のリーダーに抜擢される。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

  江戸時代の日本の天文知識がどのくらいだったのか、映画を見て推察できて面白かった。伊能忠敬のことは本で読んだり、佐原の記念館で実際の道具なども見て分かっていたが、その以前の様子については知らなかったので、この安井算哲(渋川春海)から天文方渋川家が始まったのか~とか、非常に興味深かった。春海が地球が丸いのを知っていたこと、丸いからこそ地域によって時差が生じるという考えが理解できたので、それまでは今思えば、そんな当たり前の前提が人々には理解されていなかった。そんな時に、今のように本や情報が入ることもない環境の中で、天体の実際の観察から日食を明察した凄さをしっかり実感できた。
  実をいうと、他のレビューを見ると、冲方丁氏の本を先に読んだ人からは評価が低いようだが、私は先にDVDから見たのでそれなら本も読んでみようと思ういいきっかけになった。 たぶん、天体にこの映画をみて興味を抱いてくれる人もあるのではないかと期待する。

 史実に基づいてないということろも1部あるようだが、私は確認してないが最後に断りがテロップで流れたとか。
 名前を少し変えてフィクションと最初から謳って映画にすることも出来たかもしれないが、大きな意味でしっかり当時の史実を捉えた映画だったのでOKと私は思う。

   「おくりびと」も素晴らしい作品だったが、監督に拍手。俳優もそれぞれにいい味を出していて拍手。いい映画でした。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
本屋大賞:冲方丁をおくりびとの滝田監督が映画化。なんでもアクションスペクタクルにしたがる角川カラーは健在ですが、それぞれの実力派俳優や、やる気のある若手がしっかりと役作りをしていますし、浜田毅さんのカメラが適度に豪華でわくわくするような良い意味での映画的な画面にまとめてくれてますので楽しく観ることが出来ます。
 
江戸時代前半期に今まで誰もしなかった天文の実測による日本独自の暦の改易を成し遂げた安井算哲と、彼を助ける協力者たち。情熱的に失敗や困難に立ち向かう男たちと、それを宮崎あおいさん演じるしっかりものの奥さんが協力して支えます。良い意味で仕事に人生を懸けた男たちの戦わない時代劇といって良いと思います。
 
いちばん役にハマって本人たちも楽しそうに演じているのは北極星観測行脚で算哲の上司先輩となる笹野高史と 岸部一徳のじいさんコンビです。笹野さんが若い岡田くんを誉める時に「おぬし、良い学び方をしておるっ!」って嬉しそうに言うのですが、これって、V6だけでなく役者の道に当時進み始めた岡田くんに向けた笹野さんの本心の様に聞こえます。僕もこんな風に誉められたいもんです。一年も後半、仕事頑張るぞ、というガッツを貰いたいときにはぴったりの映画でございますよ。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
地味だが、良い映画でした。(原作未読のせいもあり)
高校の日本史の教科書に、1,2行だけ紹介されているような人がバンバン出てきて興味深かったというのもあり。
安井算哲(渋川春海)の人生は、まるで後世の伊能忠敬に通ずるものがあり、ふたりとも日本国の大事な根幹部分に関わる天命があったのだろうと思う。趣味から講じて、国の根幹をなす暦や地図を不断の努力を持続することによって成し遂げたのだから。
真摯に懸命に純粋に物事を成し遂げようとする姿に、心打たれます。
思うに平安時代以来、ズレや誤謬が生じる宣明暦を修正することなく使い続けていた朝廷も、暦を作成していた陰陽寮の官人たちは何をしていたの、職務怠慢じゃないか〜っっと、ツッコミをいれたくなります(笑)。
途中、主人公の師匠的立場になる山崎闇斎の「たかが暦、されど暦と存じまする」というようなセリフを言っていて、「たかが」ではないだろう、とちょっと引っかかりました。「暦」が大事って映画なのに…(-_-;)そして、彼が忍者みたいな人?に殺される件りも明らかに史実と違い、また安っぽい演出。蛇足かな〜。
えんとの夫婦愛も心に温かい描き方で良かった。同年同日に亡くなるなんて、それだけ想いが深かったのかしら…(*゚∀゚*)
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
興味はあったけど、時代考証(特に女性の髪型や服装)が明らかにこの時代のものと思えず
「その程度の映画なんだ」と思い、映画館に行かずDVDで鑑賞。思っていたよりは好印象。
ただ、素材はとても興味深いし役者はよいし、見所がたくさんあるのですが
途中でテンションが落ちてしまうポイントが沢山あり、
映画館で観ていたらやはり印象は悪かったと思います。

最初の旅で感動しすぎ、そこで1本観終わっちゃった気分になってしまったこと。
その後も色々イベントを盛り込みすぎて気持ちがついて行かない。
公家とのシーンがやたら長くてねちねち。
画面が暗いせいか、人間の肌色が青黒くとても不快な色味(特に光圀公とのシーン)。
最後の勝負のシーンも引っ張り過ぎ。
エンドロールがなぜか科学番組みたいで浮いている。

でも、あとでまた部分的に見返したくなるので、購入予定です。
特に最初の旅までとか、地道に夫婦で観測し続けている所はそれだけで作品になっていると思います。
映画ではなく連続ドラマだったら、すごい傑作だったかもしれません。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す