通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
天地明察(6) (アフタヌーンKC) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品ですので、多少の傷み・小口ヤケがある場合がございますがご容赦くださいませ。その他の状態につきましては、Amazonコンディションガイドラインに準拠いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

天地明察(6) (アフタヌーンKC) コミックス – 2014/3/20

5つ星のうち 5.0 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 627
¥ 627 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


この商品には新版があります:

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 天地明察(6) (アフタヌーンKC)
  • +
  • 天地明察(7) (アフタヌーンKC)
  • +
  • 天地明察(5) (アフタヌーンKC)
総額: ¥1,902
ポイントの合計: 58pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

異才・冲方丁初の時代小説にして、数々の賞を受賞し映画化もされたベストセラーを実力派絵師・槇えびしが爽快に描く新感覚時代漫画! ついに始まった改暦事業。山崎闇斎、安藤有益らに囲まれた充実の日々、そして不測の事態。だが春海の研鑽は止むことはない。己の想いと、己に託された数々の人々の想いを叶えるために。そして託された想いが今、一つ現実となる──。渋川春海、挫折と躍進の第六巻!

著者について

槇 えびし
挿画、短編漫画などを経て、現在は漫画連載を主に活動。端麗風雅な絵柄で人気上昇中。主な連載作品は『天地明察』(原作 冲方丁) 『朱黒の仁』など。
冲方 丁
1977年2月14日生まれ。1996年、『黒い季節』(角川書店)でデビュー。その後『マルドゥック・スクランブル』(日本SF大賞受賞)『シュピーゲル』シリーズ『シュヴァリエ』『蒼穹のファフナー』『ヒロイックエイジ』『カルドセプト』など、全メディアの枠を軽々と越え、創作の場を拡大する「文芸革命児」!!! 『天地明察』は初の時代小説。


登録情報

  • コミック: 178ページ
  • 出版社: 講談社 (2014/3/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063879666
  • ISBN-13: 978-4063879667
  • 発売日: 2014/3/20
  • 梱包サイズ: 18.2 x 13 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
6
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(6)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 devidead トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2014/6/4
形式: コミック
改暦イベントの第二段階が終了しつつ、
囲碁イベントを絡めての算哲の成長、周囲のキャラの変転を見せていくのが見事。

保守的勢力との軋轢を「戦」として恐れていた算哲が
囲碁を通じて「勝負」として腹をくくる様が自然に描かれます。
(これは月刊誌で読んでいる時には気づきにくい)

道策や知哲のwツンデレも微笑ましい。
一方で妻が天球義を抱く様に亡き建部様を思う算哲と
夫が自分に飾ることなく涙を見せてくれる事を幸せに思う、おこと。
直後に小さくなってしまった伊藤様が描かれている辺りは
本誌で既に展開された結末を示唆しているようで、涙…。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 BT_BOMBER トップ500レビュアー 投稿日 2014/3/26
形式: コミック
前巻でいよいよ始まった改暦事業、、、ですがこの巻ではいったんストップ。
作戦会議のような状況が続く改暦よりも、この巻のメインは初手天元をめぐる道策との真剣勝負でしょう。
目標にしていた相手を超えた道策と、負けを悟った算哲の表情の対比は何ともいえないものがありました。

原作未読なので、この先も囲碁が出てくるのか知らないのですが、
少なくとも一つの区切りになるであろう名場面だと思います。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 LATO 投稿日 2014/4/10
形式: コミック
保守的で変化を嫌う朝廷。建部様の意思を引き継ぎ、本懐を遂げることができるのか?様々な思惑が交錯する中で立ち振舞う春海に注目です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告