中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

天地明察 単行本 – 2009/12/1

5つ星のうち 4.1 150件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

受賞歴

第31回(2010年) 吉川英治文学新人賞受賞
第7回(2010年) 本屋大賞受賞

内容紹介

江戸、四代将軍家綱の御代。ある「プロジェクト」が立ちあがった。即ち、日本独自の太陰暦を作り上げること--日本文化を変えた大いなる計画を、個の成長物語としてみずみずしくも重厚に描く傑作時代小説!!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 475ページ
  • 出版社: 角川書店(角川グループパブリッシング) (2009/12/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 404874013X
  • ISBN-13: 978-4048740135
  • 発売日: 2009/12/1
  • 梱包サイズ: 19.4 x 13.8 x 3.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 150件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 33,795位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


関連メディア

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
光圀伝を読んで途中に出てきた改暦の話が気になったので、読んでみました。
光圀伝でも気になったのですが、今作も最後の方が尻すぼみしていて、あんまり頭に入ってきませんでした。
淡々と起こった事を書いていたので。
なので、春海の夢が叶った瞬間は個人的にあまり盛り上がらなかったです。
改暦メンバーとの、エピソードが薄くて改暦事業が淡々としていました。
個人的に山場だったのは、保科正之に改暦の任を任されるくだりでした。
保科正之の人物に惚れました。民のための政治を行い"会津に飢人なし"と称された偉人でした
その心を見習いたいです
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
学問に対する深遠さや探究心に感動します。
皆さんにおすすめします。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
本を読んですぐレビュー書こうと思ったほど素晴らしいです。天と地と、それを読み解こうとする人間との壮大なスケールの物語です。
春海が改暦を成し遂げるまでの人との交流、別れ・・。友の肉体は滅んでも志という魂は春海と共に生き、春海を静かに後押しする。
神道にも少し触れていて、日本には古来からこんなに素晴らしい考え方があったのだと目から鱗でした。小説に引き込まれ、悲しみや胸を熱くする高揚感を感じること度々でした。純粋に、この作者さんは凄い!と思えました。ただ、他の方のレビューを読んでわかったのですが、暦や算術問題について史実とは相違があるようで、ケプラーの法則の元を春海が発見していた。という、私が凄いと感銘を受けた箇所も史実でないと知り、少なからずがっくりしました・・。本を読む前に知っていればサラッとながして、読後満足感のまま☆5だったと思います・・。伝記ではなく小説ですから、人物の思考や性格、行動などは作者の思うところで良いと思いますが、史実をねじ曲げてまで小説に組み込むというのは・・どうなんでしょうか。読者に過った歴史観を与えてしまうと思いますが。しかし小説自体は本当に素晴らしいです。お勧めします。小説である。ということを念頭において読んでみて下さい。私は本作を読んだ後、渋川春海、関孝和が気になり色々調べたり、自分の知らない日本の偉人をもっと知りたくなって本を読みあさってます。読者をそういう気にさせる小説ってやっぱり凄いです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
『天地明察』は大変楽しく読みました。渋川春海と彼を取り巻く人間模様、改暦にかける情熱など、読んでいて爽快でした。
但し、天文学や数学、暦学への理解不足を諸処に感じたのが残念でした。更に中国の暦についての認識不足は免れません。
授時暦は天下の名暦ですが、食予報においては宣明暦が優れていました。だから第一回目の競争は上手くいかなかったのです。また実際のところ、中国の暦ではマテオ・リッチの後輩のイエズス会の宣教師等が中心となって明朝末期に編纂が開始され清朝初期に頒布された「時憲暦」以前、「食」を分秒単位で当てることはできませんでした。それを可能にしたのは西洋天文学です。本書にも僅かに『天経或問』を入手して西洋の視点を取り入れた記載がありますが、大和暦が宣明暦と授時暦と食予報で優位に立てたのは、マテオ・リッチが中国で紹介した西洋天文学の知識を渋川春海が取り入れたのが大きいと思います。
とはいえ、天文学や数学に相当通暁した専門家でもなければ、この本に書かれた内容の全てを完全に正しく書くのは困難でしょうし、専門家がこの爽快な人間模様を描き出せるとも思えません。むしろ難しいジャンルに挑戦した作家の勇気を称えたいと思います。もし可能なら改訂時に学術的な視点からの解説を専門家に補ってもらえたら、読者としては嬉しいです。
コメント 237人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
同書123ページ他に1684年「貞享暦」改暦当時、天文家の間で地動説は常識であったとあるが、日本での地動説紹介は1774年長崎オランダ通詞本木了永『天地二球用法』を嚆矢とし、地動説は知られてはいない。ましてやケプラーの楕円法則などはまったく紹介されてはおらず暦法理解に重大な過ちを犯している。中国暦法は渾天儀を利用した天文観測技術と古代からの天文事象の歴史記録の積み重ねによるもので、天文理解については渾天説・蓋天説などに基づく「天円地方」概念を基本としており地球の球体たることすら理解されてはいなかった。我が国での最初の西洋暦法の導入は1798年高橋至時らによる「寛政暦」改暦が最初であり、天文家の間ので地動説理解はこれ以降のこととなる。参考図書としては近著では、海野一隆『日本人の大地像』などを参照されたい。
コメント 58人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー