通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
天地明察(下) (角川文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: ほぼ新品
コメント: ほぼ新品の本です
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

天地明察(下) (角川文庫) 文庫 – 2012/5/18

5つ星のうち 4.4 93件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 596
¥ 596 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 天地明察(下) (角川文庫)
  • +
  • 天地明察(上) (角川文庫)
  • +
  • 舟を編む (光文社文庫)
総額: ¥1,862
ポイントの合計: 43pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

改暦の総大将として選ばれたのは渋川春海。碁打ちの名門に生まれた春海は己の境遇に飽き、算術に生き甲斐を見出していた。彼と「天」との壮絶な勝負が幕開く。渋川春海の二十年にわたる奮闘・挫折・喜び、そして恋!

内容(「BOOK」データベースより)

「この国の老いた暦を斬ってくれぬか」会津藩藩主にして将軍家綱の後見人、保科正之から春海に告げられた重き言葉。武家と公家、士と農、そして天と地を強靱な絆で結ぶこの改暦事業は、文治国家として日本が変革を遂げる象徴でもあった。改暦の「総大将」に任じられた春海だが、ここから想像を絶する苦闘の道が始まることになる―。碁打ちにして暦法家・渋川春海の20年に亘る奮闘・挫折・喜び、そして恋。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 290ページ
  • 出版社: 角川書店(角川グループパブリッシング) (2012/5/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4041002923
  • ISBN-13: 978-4041002926
  • 発売日: 2012/5/18
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 93件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 12,806位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?



関連メディア

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
子供の頃、4年に一度オリンピックと共に覚えたうるう年、2月29日の存在、そして春分、秋分、日蝕、月蝕・・・これまで当たり前のことだと思ってきた暦の世界に、こんなハラハラドキドキのドラマがあったとは。一人で勉強したら一体何年かかるだろうかという圧倒的な取材と情報量、興味深いエピソードの嵐。それをたった2冊に凝縮された世界で味わえるとは・・・ 読書の至福を堪能した作品。素晴らしいの一言。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
正確な暦を作るのにこんなに熱いドラマがあったとは知りませんでした。歴史的事実としては興味深いものがありますが、全体に漫画の筋書きみたいで、文章としてイマイチ無味乾燥気味の印象です。また読んでみようという気になれず、一気に筋だけを追いかけてそれで読んだ気になってしまいました。これは確かに映画は見てみたい気がしてきましたが、昔、森村誠一の推理小説のキャッチコピーのような”読んでから見るか、見てから読むか”という気にはあまりなれません。映画見たら本は読んでも読まなくても同じような感じです。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
マンガを先に見つけて、買おうかどうしようか迷っていたところ、実は原作があることを知り、
これは原作を買うべきだろうということで、読んで見ました。
正直マンガ買っといた方がよかったですね。最後まで読むのがかなりしんどかったです。
心理・心情描写がいちいち大げさです。
四文字熟語がやたらと多いです。
(四文字熟語による簡潔な情況・心理描写ではなく、平易な言葉で丁寧に表現できなかったのでしょうか?)
主人公は本来侍ではないのに、腹を切ろうとする意味がわかりません。
腹を切ろうとする原因となった誤りをいろんな人に「良い誤謬(ごびゅう)だ」と
褒められるのですが、理由が不明です。
北極出地に行くことになった経緯が説明不足です。そもそもこれ自体何が目的だったんでしょう?
妻となる女性が「幸せです。」と、何度も云うのですが、その人物像も背景も詳しく描かれていません。
保科正之公の逸話というか、功績がやたらと解説されていますが、ストーリーに必要ですか?
宗教(特に神道)を詳しく解説していますが、このストーリーに好影響を
与えているとは思えません。
中盤までの主人公は人は良いけれど、なんとも頼りない人物像で描かれているのに、
ラストではとんでもない策士
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
一筋の思いを貫いている若々しい主人公がとても心地良かった。
その後の挫折のあとに立ち直り、思慮深く目的達成の為に気を張り巡らせ対処する姿は、
さらに好ましく思えました。
「優れているからといって、それが通用するとは限らない。」は、言い得て妙である。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
優れた小さな製品。 偉大な価値と見栄え 良い品質は、製品の予想よりも、非常に満足フィット。評判は非常に良い、非常にタイムリーな配信、悪い上司ではなく、次の時間は何を購入する シンプルな製品ですが、非常に効果的です。 良い契約! それはとてもよく、とても安価であることのための素晴らしい仕事をしません
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
著者は旧暦に関する理解が乏しいにもかかわらず、この小説を書き上げたことです。
したがって、小説としての完成度もとても低い。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
下巻に入り、春海が新たな暦を作成することになると、話にぐいぐい引き込まれる。
一度目の失敗の後、関と初めて会った春海の新たなる挑戦は興奮の連続である。

そして自分の暦が採用されるために抜け目なく布石を置いていくあたりはまさに囲碁打らしい。

それにしても暦とは大いなるものなのですね。たかが暦、されど暦。宗教、政治、文化、経済の全てに君臨するものと記して、この物語をさらりと書いた著者の力は素晴らしい。
久しぶりに夢中になって読めた小説でした。

それにしても春海とはなんと幸せな人物だろう。生涯をかけてもいいという仕事に出会い、有能な仲間に恵まれ、素晴らしい伴侶に出会い、寛容な先輩たちに出会えるのだから。
これもひとえに春海の真面目な人柄故かもしれない。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
不勉強にして、渋川春海という人物を知らなかったが、その人の人生に、星と算術と暦と碁と政治が縦横無尽に絡まりあい、大河ドラマが語られていて、少しでも先を先をという気分にさせられた。
話自体は、決して派手なアクションがあるわけでもないが、こんな人物まで登場するのか、という愕きやその人物の描き方が魅力的であった。
このある意味キャラが立っていると言う部分が、他のレビューにライトノベル的な軽さと批判されている部分でもあると思う。その部分に読み終わってから見返すと同意できる部分もゼロではないが、読んでいる間は、それを気にする以前に話しにグイグイ引っ張り込まれた感じがする。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー