通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
天国までの百マイル (講談社文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆少し、小口に使用感があります。少し、カバーに使用感があります。他はきれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

天国までの百マイル (講談社文庫) 文庫 – 2015/8/12

5つ星のうち 4.2 136件のカスタマーレビュー

その他(4)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 514 ¥ 1
文庫, 2015/8/12
¥ 670
¥ 670 ¥ 290

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 天国までの百マイル (講談社文庫)
  • +
  • 椿山課長の七日間 (朝日文庫)
  • +
  • 鉄道員(ぽっぽや) (集英社文庫)
総額: ¥1,836
ポイントの合計: 58pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



『安眠ウエーブ枕 プレミアム 特製オリジナル枕つき 熟睡できて、首こり・肩こりも解消!』
『安眠ウエーブ枕』が進化。眠りやすさがアップし、首・肩コリの解消、自律神経の調整、疲れとり、いびき改善といったさまざまな体の不調の改善に役立つ。 今すぐチェック

商品の説明

商品説明

   主人公の城所安男は、自分の会社をつぶしてしまい、いまや別れた妻子への仕送りもままならぬほど落ちぶれた中年男。ある日、心臓病で入院する母を見舞った安男は、主治医から病状の深刻さを告げられ愕然とする。そのまま治療を続けても母の余命はごくわずか。残された道はただひとつ、謎の天才外科医にバイパス手術を施してもらうこと。衰弱した母をワゴン車に乗せた安男は、房総のひなびた漁村にあるカトリック系病院目指して、100マイルの道のりをひた走る。はたしてその先に奇跡は待っているのか――。

   年老いた親の介護や終末医療というテーマはきわめて現代的で、自らの身の上と重ね合わせずに本書を読み進めることはまず不可能にちがいない。そして、それぞれに成功者となり、老母とのかかわりを避けようとする主人公の兄たちの冷淡ぶりに怒りが込み上げてくる。だが一方で、その兄たちの姿がそのまま、読む者自身を写し出す鏡であることにも気づかざるを得ない。そんな恐ろしい一面を隠し持つ作品でもある。

   また、特筆すべきは安男の同棲相手のマリだろう。「ブスでデブ」を自認するホステスのマリは、不幸な生い立ちにもかかわらず底抜けに明るく、安男に惜しみない愛情を注ぐ。この上なくリアルなキャラクターでありながら、同時に、男にとっての理想の女に描かれていることは驚きに値する。本書をせつない男女の恋物語たらしめている名脇役に、ぜひ注目してほしい。(西村 匠) --このテキストは、文庫版に関連付けられています。

内容紹介

事業に失敗し最愛の妻子とも別れたダメ中年の城所安男。極貧の中で育ててくれた母の命を救うため天才心臓外科医のいる病院へひた走る

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 352ページ
  • 出版社: 講談社 (2015/8/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062931656
  • ISBN-13: 978-4062931656
  • 発売日: 2015/8/12
  • 商品パッケージの寸法: 14.6 x 10.4 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 136件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 25,050位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
 また泣いてしまった。それも滝のように涙。浅田次郎の本はいつもこうだ。術中にはまるものか、と普段にも増して頭を冷却して読む。
 正直言うと『鉄道員(ぽっぽや)』あたりからこの作業に少々疲れ、浅田次郎の本が苦痛になってきていた。食傷気味だったのだ。人間は泣けと言われても、簡単には泣けないものだ。根がへそまがりなものだから、これでもかこれでもか、とやられるとそっぽを向きたくなる。わかっているんだ。浅田次郎の術はわかっている。
 しかし、、この本では浅田次郎の術に見事にハマリまくってしまった。90ページを過ぎた辺り、藤本医師の100マイル発言あたりからあやしくなってきた。もう涙が止まらない。あとは涙涙。途中ちょっとたるみもあった。前半後半の落差について行けない部分もあった。が、これはメルヘンなのだ。応援歌と言っても良いかもしれない。今は、素直に浅田次郎に応援されたい気分なのだ。
 これだけ素直に読んで良かった、と思える本はめずらしい。本当にこの本を読んで良かった。心底そう思う。明日も頑張ろっと…。
コメント 55人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
正直、浅田次郎はぽっぽやしか読んでなくて、ベストセラー作家だし~映画かなんかにもなってたし~金儲けだけなんじゃないの~?!
なんてなめた気持ちで読み始めました。。。。。が!
術中にはまってしまったわけです。
凄すぎます。
本読んでて泣くことなんてそんなないんだけど、やられました。
眠れなくて、眠くなるために読み始めたはずなのに、明け方にはぼろぼろです。
でも何か読後感はすっきりしていて、久しぶりに前向きでさわやかな気持ちのいい朝を迎えることが出来ました。
数日後2回目読んだのですが、今度は冷静に技術的なことに見が向きます。
この作家凄いです。
めちゃくちゃに調べてあるだろうにかかわらず、そのことを一切感じさせません。例えば専門的な医者同志の会話が凄く自然に聞こえてくるんです。
ベストセラーはあえて避けるような、私のようなサブカル人間もだまされたと思って1回読んでみてください。
コメント 56人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
いつになったら泣けるどんでん返しが来るかと通勤電車で読んだ。
特段そういうこともなく終わった。
母親のことを思えば、金出してくれる兄弟に頼るのが正解なのに
自分の意地ではねつけるあたりが親孝行と思えない。
マリに対する仕打ち、ラストの父親との対話という形の行動の正当化が
ムカムカした。この本読んで泣けなかった自分には何か欠けているのだろうかと
憂鬱になった。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
悔いを残さないために、何をするか、その勇気を与えてくれる作品です。主人公は、煮え切らない部分もある、平均的な、人物像ですが、心の奥底から、そうしたいと思ったことに、素直に従い、やりたい、やらねばと思ったのならば、やればいいではないか、という思考経路を経て、内なる声に従って行動します。そのストレートさに胸を打ちますし、悔恨をさまざま抱えている者としては、本書の中でその解消ができることに、感謝したいものです。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
男は、母親を亡くしてからが1人前という。
なるほど、この作品は、あくまで創作ではあるが、男一般が持っている母親への思いを書いているのだろうなあ。
そう思えば、納得。
この主人公の甘さ、幼さ、都合のいいこと。
この作品が、あくまでも男のある種の夢物語であることと解釈したらわかる気がしてきた。
この主人公安男の5年後10年後を、書いてほしいなあ。
母親を失ってから1人前になっているかなあ。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2001/9/28
形式: 文庫
母子の物語として秀逸なのは言うまでもないのですが、脇役の人々の描き方が素晴らしい。「外科医になれなかった」藤本医師、道中で出会うトラックやタクシーの運転手、英子に無理して悪態をつくマリは勿論。月並みですが、人間って捨てたものじゃないですね。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
マリの安男に対する無償の愛は、本当に心に響く。安男の母への愛や、兄弟に対する憤慨よりも、私はマリの一途な愛に心惹かれ、涙しました。本当に泣けます。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
初めてこの本を読んだとき、主人公の母親に、病院で亡くなった自分の母の姿

が重なり、何度も涙を拭いました。病床で母はこんなことを思っていたんだろ

うな、あのときああしてやればよかったなという思いがわき上がってきました。

浅田文学のテーマになっているのは、「落魄した人間の誇りの回復」「無償の

愛の尊さ」というものだと思いますが、それが見事に絡み合っている作品です。

母を助けたい一心で百マイルの道を走る落ちぶれた息子、その息子が立ち直る

ことだけを願っている母、二人をいろいろな形で支える人たち、神懸かり的な

天才ドクターの登場…。終盤の展開を思い出しただけでも目頭が熱くなる。

多くの人に読んでほしいと思う名作です。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック