通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
天国までの百マイル (朝日文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

天国までの百マイル (朝日文庫) 文庫 – 2000/10/1

5つ星のうち 4.3 141件のカスタマーレビュー

その他(4)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 514
¥ 514 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 天国までの百マイル (朝日文庫)
  • +
  • 椿山課長の七日間 (朝日文庫)
  • +
  • 鉄道員(ぽっぽや) (集英社文庫)
総額: ¥1,680
ポイントの合計: 52pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

商品説明

   主人公の城所安男は、自分の会社をつぶしてしまい、いまや別れた妻子への仕送りもままならぬほど落ちぶれた中年男。ある日、心臓病で入院する母を見舞った安男は、主治医から病状の深刻さを告げられ愕然とする。そのまま治療を続けても母の余命はごくわずか。残された道はただひとつ、謎の天才外科医にバイパス手術を施してもらうこと。衰弱した母をワゴン車に乗せた安男は、房総のひなびた漁村にあるカトリック系病院目指して、100マイルの道のりをひた走る。はたしてその先に奇跡は待っているのか――。

   年老いた親の介護や終末医療というテーマはきわめて現代的で、自らの身の上と重ね合わせずに本書を読み進めることはまず不可能にちがいない。そして、それぞれに成功者となり、老母とのかかわりを避けようとする主人公の兄たちの冷淡ぶりに怒りが込み上げてくる。だが一方で、その兄たちの姿がそのまま、読む者自身を写し出す鏡であることにも気づかざるを得ない。そんな恐ろしい一面を隠し持つ作品でもある。

   また、特筆すべきは安男の同棲相手のマリだろう。「ブスでデブ」を自認するホステスのマリは、不幸な生い立ちにもかかわらず底抜けに明るく、安男に惜しみない愛情を注ぐ。この上なくリアルなキャラクターでありながら、同時に、男にとっての理想の女に描かれていることは驚きに値する。本書をせつない男女の恋物語たらしめている名脇役に、ぜひ注目してほしい。(西村 匠)

内容紹介

事業に失敗し最愛の妻子とも別れたダメ中年の城所安男。極貧の中で育ててくれた母の命を救うため天才心臓外科医のいる病院へひた走る --このテキストは、文庫版に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 293ページ
  • 出版社: 朝日新聞社 (2000/10/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4022642483
  • ISBN-13: 978-4022642486
  • 発売日: 2000/10/1
  • 梱包サイズ: 14.8 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 141件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 181,298位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
中年の医師です。
病気の母と事業に失敗した息子と愛人、ベタな展開で始まった感がありましたが読み進めるうちにその奥の深さ、取り巻く人たちの繊細な心の描写にただただ驚きと感動でした。
母のわが子に対する気持ち、母を思う気持ち、愛する人への気持の深さ、医師のあるべき気持ち等が心に突き刺さりました。
私も明日から新たな気持ちで診療にのぞめそうです。
多くの人に読んでもらいたい1冊ですね。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
年齢に関係なく独居の人は増えている。それなりの背景や事情もありそうならざる得ない、あえて好んでとか事情は色々だろう。
私にとっては人生の終末は一人になるもの、というとらえ方もあり既婚、独身に関係なく子供は親元を離れて自立させることが親の務めと
してきた。でもこの本の中にあるセリフには思わず泣いた。家族という結びつきの深さは一緒にいるとう安堵があるということ。
でも憎しみ合う家族もいる。一言でこれがベストというものもなく、その人なりに感じるところで一人で律して生きていけるように、
私が今できること、健康維持を少しでも続けられる努力と老後資金をきちんとする、ということくらいかな。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
母を助けるためにいくつかの難関を乗り越え、息子が母を自家用車で搬送する。その距離が百マイル。ここまでは良いのだが搬送の途中で都合のいいことばかりが起こってくる。そんなにうまくいくものかな、という印象がぬぐえない。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
いいじゃないか。ひとりで生きている訳ではないということ、自分の幸せのために生きていこうとすることが、そのまた誰かに、ひとりで生きている訳ではないということを想起させることになるのであろうよ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
読み出したら止まらず、あっと言う間に読み切ってしまいました。人の幸せとは何なのか、考えさせてくれる本でした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
とっても読みやすく、簡単に泣けます。電車では気を付けて下さい。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
心のあたたかさと、冷たさを 深く感じさせられた
また、諦めたらそれで終わり。諦めなければ道は開ける。
その事も、改めて教えられました。

私は、この本の中の 一番最後の ある女性の言葉を読んだ瞬間 涙が溢れてきた。

暖かな気持ちになれました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
浅田さんの作品の中で実は少し避けていた作品でした。読んでいく内やはり辛く涙が出て電車の中で困ってしまったくらいです。しかし、いつのまにかストーリーの世界に漬かってしまっている自分がいる・・そんな作品です。

主人公の安男が最初はどうしようもない人間に感じているのですが、読み進めて行くにつれて共感が出来て、いつの間にか一生懸命応援してしまいます。また、「お金で幸せが買える」と言う言葉に含まれた苦労と愛情と人生への思いにいつも聞く同じ言葉とは違う心を感じました。

中年以降の男と女が家族を人生を仕事をそして思ってくれる人々を愛しているのか、愛していないのか、愛したいのか、若い時とは違う人間的な愛を語っている小説です。100マイルは遠い気がしますが、それを乗り越える思いや愛情が越えさせてくれています。

読み終わった時、人間が嫌いだけど好きだと思える様になりました。そして今日も明日も色々あると思うけど「頑張るぞ!」と思える様にもなり、でも暫く動かずにストーリの余韻に慕っていたい気にもなり・・でした。

キャストの中で一番好きなのはホステスのマリさんです。

寂しい人だとは思いますが、ちょっと太り過ぎで羽があるけど飛べなくなった天使の様な人を想像してしまいました。そして、新宿・池袋あたりの店
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Edgeworth-Kuiper-Belt 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2012/11/10
形式: 単行本 Amazonで購入
ここのレビューを見て、泣ける小説と評判だったので読んでみた。
これは泣ける。確かに泣ける。

かつての事業の成功は過去のものとなり、
離婚して妻子とも別れ、苦しい生活を続ける城所安男が、
重度の心臓病を抱え生命の危機を迎えた母親を借りたワゴン車に載せて、
160Km先のアメリカ帰りの名医の元へ走る物語。

高男、優子、秀男。貧乏な家庭から巣立った兄弟たち。
マリ。英子。片山。藤本医師。曽我医師。
様々な想いを燃やして走る安男。
そして。。。

A hundred miles, a hundred miles
A hundred miles, a hundred miles
You can hear the whistle blow
A hundred miles

少々無理のあるストーリのようにも思われるが、
深い余韻を、心に残す作品だった。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー