通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
天国はまだ遠く (新潮文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

天国はまだ遠く (新潮文庫) 文庫 – 2006/10/30

5つ星のうち 3.9 68件のカスタマーレビュー

その他(4)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,404 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 432
¥ 432 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 天国はまだ遠く (新潮文庫)
  • +
  • 卵の緒 (新潮文庫)
  • +
  • 図書館の神様 (ちくま文庫)
総額: ¥1,436
ポイントの合計: 44pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

仕事も人間関係もうまくいかず、毎日辛くて息が詰りそう。23歳の千鶴は、会社を辞めて死ぬつもりだった。辿り着いた山奥の民宿で、睡眠薬を飲むのだが、死に切れなかった。自殺を諦めた彼女は、民宿の田村さんの大雑把な優しさに癒されていく。大らかな村人や大自然に囲まれた充足した日々。だが、千鶴は気づいてしまう、自分の居場所がここにないことに。心にしみる清爽な旅立ちの物語。

内容(「BOOK」データベースより)

仕事も人間関係もうまくいかず、毎日辛くて息が詰りそう。23歳の千鶴は、会社を辞めて死ぬつもりだった。辿り着いた山奥の民宿で、睡眠薬を飲むのだが、死に切れなかった。自殺を諦めた彼女は、民宿の田村さんの大雑把な優しさに癒されていく。大らかな村人や大自然に囲まれた充足した日々。だが、千鶴は気づいてしまう、自分の居場所がここにないことに。心にしみる清爽な旅立ちの物語。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 183ページ
  • 出版社: 新潮社 (2006/10/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101297711
  • ISBN-13: 978-4101297712
  • 発売日: 2006/10/30
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 0.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 68件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 168,396位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
自殺を決意し、日本海側の「奥の方」へと向かった23歳の女性が主人公。

(私自身が北陸出身なので実感できるが)どこか重く湿った空気が身体に纏わりつくような土地である。

しかしそこで彼女は、自分に纏わりついていた妙な縛りを、知らず知らず解いていく。

とにかく、そこに生きる人々の姿がいい。

彼女が自殺を試みたことに薄々感づいた民宿の主の無骨さは、

下手な声掛けよりも、ずっと世界を素敵に見せてくれるし、

他人を慮ってではなく気分次第で親切だったり、主人公の好意を無碍にしたりする

近所のあばあさんは実にキュートだ。

この土地の人々は、自分で自分を生きている。

それが押し付けがましくなくて、

読後、私も主人公同様に、どこか身軽になれた気がする。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
正直、ちょっと驚いたかもしれない。もちろん、結末にではない。

読んでいる途中でラストまでばっちり予測できてしまう。
おそらく誰でも予測できてしまうだろう。所謂あっと驚くような
展開はないのである。だがきっと、これはこれでいいのだ。

疑似体験ができる小説なんだろうなと思う・・・たぶん。
少なくとも私はできた。主人公の体験を通して安らぎを得ることができた。
そしてラストで「明日からまたなんとかやっていけるさ」ってな
気分になれた。断っておくが別に陰鬱な気分だったわけではない。

冒頭の、主人公が仕事の悩みで思いつめてるシーンなんて
なかなかリアルである。こんなことは誰でも経験があるんじゃないだろうか?
それが自殺の決意まで行くかどうかは別にして。
この主人公の悩みに共感できるから、読者は主人公と自分を
重ねることができる。そして主人公の小さな冒険へダイブ。
こういった類の小説に「あっと驚くような展開」はたぶん無用で、
読者が望む予想通りの安らぎを与えることこそが必要なんだろう。

薄い本で本当にするっと読めてしまう。でも、薄いからするっと
読めるわけではない。文章が素直な感じ。あっと驚
...続きを読む ›
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ringmoo トップ1000レビュアー 投稿日 2007/1/25
形式: 文庫
作者自身の丹後での教員生活を基に書かれた作品だそうですが、実に優しく、目に見えるようです。

自殺をするために丹後に辿りついた23歳の女性が主人公です。彼女は、都会での生活に疲れ、死ぬためにやってきます。でも、大自然に包まれて、次第に「死」から遠のいてゆきます。この彼女が癒されてゆく過程が、優しく、美しく描かれてゆきます。海が、星が、緑が、彼女の疲れた心を癒してくれます。

この作者の柔らかなタッチの文章が、読む側まで和やかな気持ちにしてくれます。毎日のあくせくした人生が嫌になってしまうような、そんな本です。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 なおっち 投稿日 2006/10/24
形式: 単行本
自殺志願の女性が一人自分のことを知らないところで死のうとする。

山奥の民宿で睡眠薬自殺を計るけど・・・。

しかし、彼女は死ねなかった。

そのまましばらくその民宿で寝泊りし、

徐々に自分のあるべき場所を見つけていく。

そこはその民宿のある山奥ではなく

やはり今まで自分が住んでいた場所だった。

あるべき場所、やるべきこと

それに気付いたとき彼女はまた自分の町へ帰っていく。

淡々と進む物語。

でもそれが心地いい。

誰でも仕事に疲れ、毎日の生活に疲れ

そして自分を見失いそうになるときがある。

自分だってそうだ。

でも、その場から離れて自分を見つめなおしたら、

違う気持ちを持てるようになるんじゃないか・・・。

そんな思いを抱かせてくれる物語でした。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー