日本外に滞在中または居住中ですか? ビデオによっては、日本外でご視聴いただけない場合があります。サインインして、利用可能なビデオをご確認ください。

天国の本屋~恋火

 (195)
6.41時間51分2004G
大切な人を失ったあなたと、大切な人を残してきたあなたへ―――竹内結子と玉山鉄二が共演したラブストーリー。地方の書店から火がつき、その感動がじわじわと全国に広がり50万部を突破するロング・ベストセラーとなった「天国の本屋」シリーズ。その第1作「天国の本屋」と第3作「恋火」がひとつの映画になった。「その花火を見た二人は恋が成就する」という伝説をもつ花火と、そこに秘められていた恋をめぐり、天国と地上を交錯させながら、愛する人へ想いを伝えることの美しさと切なさを描く、心やさしい物語。
監督
篠原哲雄
出演
竹内結子玉山鉄二香里奈
ジャンル
ドラマファンタジーロマンス
オーディオ言語
日本語
レンタル期間は30日間で、一度視聴を開始すると48時間でレンタルが終了します。
ウォッチリストに追加する
ウォッチリストに
追加する
Prime Video視聴でBOSE製品が10%OFF

キャンペーン期間中Prime Videoを視聴すると、BOSE対象商品で使用可能な10%OFFクーポンの特典が受けられます。詳細はこちら

注文確定またはビデオを再生することにより、お客様は各種規約に同意したものとみなされます。販売者:Amazon.com Sales, Inc.

詳細

出演
新井浩文あがた森魚香川京子香川照之原田芳雄
提供
松竹株式会社
レーティング
G(年齢制限なし)
購入権
すぐにストリーミング再生 詳細
フォーマット
Prime Video(オンラインビデオをストリーミング再生)
デバイス
サポートされているデバイスで視聴できます

レビュー

5つ星のうち3.9

195件のグローバルレーティング

  1. 46%のレビュー結果:星5つ
  2. 25%のレビュー結果:星4つ
  3. 16%のレビュー結果:星3つ
  4. 5%のレビュー結果:星2つ
  5. 8%のレビュー結果:星1つ
カスタマーレビューを書く
並べ替え:

トップレビュー日本から

フリッカー2020/09/30に日本でレビュー済み
3.0/星5つ中
ジーンとくるファンタジーです〜 綺麗だな・・・・竹内結子は・・・・残念です!
確認済みの購入
2004年の作品のようです。現世でピアニストの青年があの世に迷い込んでしまい、そこで出会った死者との交流を通して、自分自身を振り返るという内容ですかね。この世とあの世が交互に描かれ、ヒロインの竹内結子が二役やってます。彼女は改めて見ると・・・本当に美人ですね。惚れ惚れするくらいです・・・
星3つ。真面目に生きることに疲れた人には、お勧めです。

追記〜このところ立て続けに俳優女優が自ら命を斷っていることに、怒りさえ湧いてきます。これだけ素晴らしい感動作品に参加できる人間が・・・・なんで・・・です。彼ら彼女は・・・我々一般人に、我々凡人に”夢”を与える人たちじゃないのか?才能に満ち溢れている人たちじゃないのか?
35人のお客様がこれが役に立ったと考えています
berissa2018/10/28に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
竹内結子は本当に良い女
確認済みの購入
プライムで見させてもらいました、ありがとう!

解説しなきゃいけないのは分かるが序盤が長くてダレた感じがした。

終盤まで平坦に進んでいく感じもした。

終盤はやっぱり、音楽好きには良いと思う。ピアノが好きな人なら少しグッとくると思う。

それにしても、竹内結子って本当に良い女だなぁ。美しいと言う意味で、本当にしみじみそう感じた。うなじが綺麗みたいな、そんな感じ。

あと、玉山鉄二が若くて、最初、三浦春馬かと思った。気付いてからも、よく見ても、やっぱり玉山鉄二若くて顔が違うなぁという。
32人のお客様がこれが役に立ったと考えています
力蔵2017/05/18に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
花火は天国へのメッセージ 音楽は天国からのプレゼント
確認済みの購入
ロマンチック系の映画ではなかなかこういう大人にも好まれる作品は少ないんじゃないかな。

設定こそ奇想天外で架空の物語なのだが近代作品と根本的に違うところは「携帯とかデジタル機器が全く出てこない」で「人と人が生で触れ合う」作品になっているってことである。一つの恋愛話だけでなく多くのエピソードを含み情緒あふれる人情ドラマで本当に丁寧に作られた作品だと思う。また失われつつある田舎町の商店街や近隣とのお付き合い、それに地域社会活性化とか過疎化問題を孕んだ舞台設定とか、人と人との思いやりや義理人情を大切にした日本的で老若男女に優しいドラマにもなっているのが良かった。

すでに13年も前の作品になるが主演の「竹内結子」さんはとても可憐で綺麗でまだ23~4才の花ざかりである。主演の二役にピッタリでそれぞれに個性がちゃんと存在し観ていて安心でかつ「華」がある。
故・「原田芳雄」さんの出演作はいつも個性的な役どころだがこの作品でもアロハシャツを着た天国の本屋のあるじ役だ。それはそれは演技の幅が広く強面なのだがとてもユーモアがあって大好きな役者さんだ。
今や超売れっ子若手俳優の「新井浩文」さんもデビューして間もないころに重要な役どころで出演されている。もうすでにあの気怠そうな独特の演技はひときわ光っている。
「香川照之」さんもちょうど脂の乗りだした時期での出演でセリフは多くなかったが偏屈で意固地な役柄の演技は見事だった。言葉は無くても顔の表情としぐさですべての喜怒哀楽を自己演出できる役者だ。そういう意味ではさすが「歌舞伎役者」だ。また、完全に「数字を持っている」と思う。出るドラマや映画はことごとくヒットする。出演しているっていうだけでドラマや映画の重厚さが増す感じがする。

ストーリーは解説する必要はないだろう。なんの潜在意識も予備知識も必要ない。すべてがありえない話ではあるのだがただ観て「なんか納得してしまう」ような変な感覚になる。

最後のほうのピアノ音楽も花火もとてもいい。
松任谷由実「永遠が見える日」のエンディングテーマもとても素敵な曲だった。

天国には行ったことはないがあんな所なら安心だ。

  
37人のお客様がこれが役に立ったと考えています
Amazon カスタマー2018/04/22に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
愛する人を亡くした方へ
確認済みの購入
この映画を鑑賞して欲しいと特に思う。

大切な人の言葉、死で自分を責めて生き、自暴自棄になって生きる人。
そして、反対に逝ってしまった人はそれを天国でも責めて生きて?いた。

 大切な人を亡くせば、誰だって少しは「あの時、こうしてば良かった。」と責めてしまうことはあるだろう。
私は愛する人を亡くして自暴自棄になっていた期間が長いので香川さんの役柄に凄く感情移入した。
反対に考えれば、亡き愛する人も亡くなっても残した人への想いを馳せているし、残してきた人の幸せを祈っているのだなって思った。

最期の時はいつやってくるか誰も分からない。
だからこそ、今日が最期の時と想い、大切な人に接したいと再考した。
日頃から感謝の言葉を躊躇わずに表出したい。

そう思えた、私にとっていい映画の一作になりました。
切ないけど、心温まる名作です。

ぜひ、沢山の方に鑑賞して頂きたいです。
脇役の方もポイント、ポイントで良い味を醸し出していました^^
21人のお客様がこれが役に立ったと考えています
nakanaka2020/10/01に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
竹内さん
確認済みの購入
観ましたよ。
素晴らしいですね。
この時代の映画とは思えませんでした。

向こうで、何をされてるんですか。
こちらも、まだまだ
捨てたもんじゃないですよ。
13人のお客様がこれが役に立ったと考えています
犯人はヤス2019/10/25に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
良き映画は色褪せる事は無い。
確認済みの購入
今更ながら初めての視聴。
自分の若い頃に見ていたらそれは「ふ~ん」とかで終わっていたかもしれない。
人生色々経験して良い歳した大人になって初めて出会って正解だったのかも。
良い出会いでした。
引っ張るだけ引っ張って最後に華やかにとか、くっそくっそくっそぉおお!

参りました。

良い映画は色褪せないですね。
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
藪坊主2020/10/01に日本でレビュー済み
2.0/星5つ中
美人ピアニストに往復ビンタされたら惚れるよな。💛極上のご褒美
確認済みの購入
淡々と進行テンポ悪く気持ちが折れそうな時、竹内結子さんのビンタ炸裂で目から火花が。
ボクシング愛好家の香川照之さんに鮮烈な平手打ちです!ばしーん!
香川さん先行するも、竹内さんの強い意志を感じる往復ビンタ!
まさに、《やられたらやり返す、倍返しだ!!》状態。
香川さんふらつきながらも、ガード上げ‎次の攻撃へ備えるも完全に戦意喪失の顔に。
超美人がフルスイングで振り切る!
浴衣で見事なフォームで振り切る!
花火師に火花がでるような一撃、いや、二撃W、何故のサービス…おかわりなの?
竹内結子さん(ピアニスト)に往復ビンタされたら惚れるよな。💛極上のご褒美
松任谷由実「永遠が見える日」とてもいい曲、素敵です。
「ユーミン早く死ね」発言の反日左翼大学講師にはビンタじゃなくてグーで殴っても許されるよな。
天国の本屋だけに、ユーミンパンチ👊で Go To Heaven 観る事をオススメします。
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
hipi2020/09/29に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
タイトルになるほど本屋が重要なのかは…?
確認済みの購入
見放題終了に入っていたので鑑賞。

竹内結子さんが、しっとりした女性とシャキシャキした女性を演じ分けているのに好感。とてもステキでした。

玉山鉄二さんもお若く、少し尖った若者が似合いますねえ。

ストーリーはこそばゆいというか…しかも劇団っぽいところが少々あり…こそばゆいというか…まあ終わり良ければ宜しいのじゃないでしょうかというところ。死後の設定に関しては面白く興味深いなあと感じました。

最後に。竹内結子さんの訃報に触れ、ご冥福をお祈り申し上げます。
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
すべてのレビューを表示