天国の口、終りの楽園。 [DVD] がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 4,800
通常配送無料 詳細
発売元: ☆Banvenience☆【即日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

天国の口、終りの楽園。 [DVD]

5つ星のうち 4.1 41件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,076
価格: ¥ 4,800 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 276 (5%)
ポイント: 49pt  (1%)  詳細はこちら
残り2点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Cutting Edge Recordsが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:2¥ 4,800より 中古品の出品:8¥ 1,997より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 天国の口、終りの楽園。 [DVD]
  • +
  • ミスター・ロンリー [DVD]
総額: ¥5,727
ポイントの合計: 49pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ガエル・ガルシア・ベルナル, マリベル・ベルドゥ
  • 監督: アルフォンソ・クアロン
  • 形式: Color, Dolby
  • 言語: スペイン語, 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.37:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ナド・エンタテイメント
  • 発売日 2003/03/28
  • 時間: 106 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 41件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00008AOY1
  • JAN: 4582113260367
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 83,130位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

 『天国の口、終りの楽園。』には、英語で「s」のつくたくさんの言葉が当てはまる。sexy(セクシー)、sweet(優しい)、subtle(密やかな)、sad(悲しい)、surprising(びっくりするような)、superb(すばらしい)…セクシー、はすでに挙げただろうか? ソフトコア・ポルノと定義するに十分なほど、たくさん男女のヌードが出てくるが、それは決してこの映画の名を汚すものではなく、この活気にあふれた次世代のロード・ムービーが観る者のリビドーをかき立てることは請け合いである。登場人物の、性の芽生えに対するざっくばらんな扱い方が、この評価の定められていない映画をまさに驚くべきものにしているが、これは決して猥褻(わいせつ)でも未成熟でもない。むしろ、この2人のメキシコ人の少年(ガエル・ガルシア・ベルナル、ディエゴ・ルナ)と28歳のスペイン美人(マリベル・ベルドゥ)による3方向の冒険旅行は、力にあふれ積極的であり、また一方で、3人の関係と性的な冒険は1つや2つ(それとも3つ)の障害なしにはほとんど進展しないのも確かである。アルフォンソ・キュアロン(『大いなる遺産』)によってシリーズとして製作され、爽快で自然なスタイルで撮影されたこのさわやかなコメディドラマは、盗まれた貴重な瞬間を回顧するため博識な語り手を採用し、3つの人生を喜びと友情、そして運命という印象的な1枚のタペストリーへと織り上げてゆく。(Jeff Shannon, Amazon.com)

内容(「Oricon」データベースより)

一夏のアバンチュールを目当てに、17歳の少年2人が美しい人妻を誘って、存在するのかどうかも知らない伝説の海岸「天国の口」を目指す旅を描いたロード・ムービー。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 とん 投稿日 2011/10/17
形式: DVD Amazonで購入
ガエル・ガルシア・ベルナル、ディエゴ・ルナが、大事な部分を披露しています、が日本版は、ボカシのせいでまったく見えません、輸入盤をオススメします輸入盤は、バッチリ見えます、ガエル君表紙右の帽子のこ、恋愛睡眠のススメ?と言う映画なら日本版でも、無修正で大事な部分が見えます。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
 幼なじみのフリオとテノッチは17歳の高校生。溢れるエネルギーを持て余し気味の二人が考えることといえばセックスのことばかり。ところが、肝心のガールフレンドたちは旅行に出かけてしまい、せっかくの夏を何をするでもなく過ごしていた。そんなある日、親戚の結婚式で二人は年上の女性ルイサと知り合う。彼女をドライブに誘うためダメもとで“天国の口”という在りもしないビーチの名を口にする二人。ところが、数日後、夫の浮気を知ったルイサはテノッチに一緒にドライブ旅行に行くと告げる。慌てる二人だったが、チャンスとばかりルイサを連れアテのない旅に出るのだった……。

 メキシコを舞台にした作品。まさに青春映画といった作品で終始セックスが話題になっています。彼女が旅行で不在なのをいいことにひと夏の青春を求めて海岸「天国の口」を目指しますが、ルイサを通して2人は成長していきます。それは必ずしもいいことばかりではないですが、その経験によって2人は成長していきます。見所は3人の登場人物でしょうか。表情、行動に非常にうまく表現して見る者を話しません。お気楽な短絡的な映画のようですが、最後には少し記憶に残るような展開となっています。るイサの最後に2人に送る「人生は波のようなもの」というのが印象に残っています。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
若いやんちゃな男の子2人と年増の女性1人による、楽しくも儚い旅を描いた作品。

この映画には常に寂しさが付きまとっている。それはところどころにルイサの隠れて泣くシーンが添えられているからである。その本当の理由は最後の最後にに分かるのだが、これらのシーンがあるために、3人がどんなにおちゃらけていても、その陰に隠した寂しさを感じずにはいられないのである。

少々表現がきつい映画ではある。特に、私が映画館で見たときには、モザイクがかかっていなかったし、まだ若かった私は辟易しつつも、少なからず興奮していた。しかし、改めてこうしてDVDで見てみると、あまりいやらしさは感じなかった。と言うか、それもこの映画の主題の一つであって、やはり寂しさを際立たせるための演出であり、かつ、青春というものの儚さを描く演出でもあったのである。

日本ではなかなかこのような作品は作れないであろう。メキシコという国の、明るく、乾いた土地柄が、この作品に一種の爽やかさを与えているのだと思う。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
町では左翼系のデモが繰り広げられ、経済的にいきずまったメキシコを舞台に、SEXしか興味のなかった17歳の少年2人が、孤独な人妻と3人で旅に出る。
登場人物はそれぞれに問題をかかえ、(ある意味では何処にでもあるような悩みなのかもしれない)けして明るいとはいえない現実のなか、旅やSEXを通じて、最後には少しだけ大人になる話です。
美しくリアルな手持ちカメラの映像が、誰にも経験のあるノスタルジック思いに共鳴する。水の中の映像やラブシーンは豊潤なフルーツのようである。スタンドバイミーと大きく異なるのは、客観的視点によるナレーションで、ドキュメンタリータッチにしているともいえる。
ザッパの音楽も映像にマッチしていい感じです。
見終わったあとに少しだけ旅をした気分になることでしょう。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
毎日が刺激的・でもココロのどこかでちょっと退屈している二人の少年と、死に至る病を抱え夫にも裏切られた美しい女性、この三人のあてども無いロードムービー。
あてども無い、と書いたけど「天国の口」という架空の場所を目指すと少年達はウソを言う。女性は、ウソだと気づいていながら架空の旅にのる。(でまかせではあるけれど、三人とも「あって欲しい、あるかもしれない。」と感じていたのだろう。)
旅の途中で出会う人々、ちょっとした諍い、どれもが瑞々しくて懐かしい。最新の技術を駆使した美しい映像ではないけれど、三人の笑顔が太陽の下で眩しく感じる。
ラスト付近、海辺に辿り付いた三人のとった行動は衝動的・刹那的に感じるかもしれないが何故か美しくて哀しいです。マリベルにとっては人生の終わりの片道切符、ガエルとディエゴにとっては少年でいられた最後の夏の片道切符。
復路は描かれない。それぞれに訪れたのは「終わりの楽園」だっただろうか?ガエルとディエゴのラストの会話が、若くて、無謀で、繊細で、傲慢で、そして身一つだった頃を懐かしく思い出させ、また切なくなる。
人生で出会う「成長」という名の初めての悲哀と「死」という全く正反対の絶対的悲哀を自然な語り口で絡めてある秀作。
マリベルの自然な美しさとガエル&ディエゴの一見屈託が無い笑顔の影に浮かぶ微かな陰りが見事
...続きを読む ›
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す