通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
天使の囀り (角川ホラー文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 東京 ブック
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ヤケ、擦れ、軽いヨレが見られますが、その他特に大きな損傷などなく概ね良好です。アマゾン掲載画像とカバーデザインなどが違うことが御座います。中古品の為、使用感がある場合もありますがご了承くださいませ。【検品担当者より】中古品の為、できる限りの確認作業を心がけておりますが、もし見逃しがあった場合はご了承下さい。※土日、祝日出荷作業は行っておりません。2営業日以内に日本郵便ゆうメールにて発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

天使の囀り (角川ホラー文庫) 文庫 – 2000/12/8

5つ星のうち 4.2 199件のカスタマーレビュー

その他(4)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,836 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 864
¥ 864 ¥ 50

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 天使の囀り (角川ホラー文庫)
  • +
  • 黒い家 (角川ホラー文庫)
  • +
  • クリムゾンの迷宮 (角川ホラー文庫)
総額: ¥2,332
ポイントの合計: 72pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

こちらの商品は2012/10/22にカバーデザインが変更となりました。
ご注文いただくタイミングによっては、
お届けする商品のカバーとサイトに表示されている画像が異なる場合がございますが、ご了承くださいませ。

北島早苗は、ホスピスで終末期医療に携わる精神科医。
恋人で作家の高梨は、病的な死恐怖症だったが、新聞社主催のアマゾン調査隊に参加してからは、人格が異様な変容を見せ、あれほど怖れていた『死』に魅せられたように、自殺してしまう。
さらに、調査隊の他のメンバーも、次々と異常な方法で自殺を遂げていることがわかる。
アマゾンで、いったい何が起きたのか?高梨が死の直前に残した「天使の囀りが聞こえる」という言葉は、何を意味するのか?
前人未到の恐怖が、あなたを襲う。

内容(「BOOK」データベースより)

北島早苗は、ホスピスで終末期医療に携わる精神科医。恋人で作家の高梨は、病的な死恐怖症だったが、新聞社主催のアマゾン調査隊に参加してからは、人格が異様な変容を見せ、あれほど怖れていた『死』に魅せられたように、自殺してしまう。さらに、調査隊の他のメンバーも、次々と異常な方法で自殺を遂げていることがわかる。アマゾンで、いったい何が起きたのか?高梨が死の直前に残した「天使の囀りが聞こえる」という言葉は、何を意味するのか?前人未到の恐怖が、あなたを襲う。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 526ページ
  • 出版社: 角川書店(角川グループパブリッシング) (2000/12/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4041979056
  • ISBN-13: 978-4041979051
  • 発売日: 2000/12/8
  • 梱包サイズ: 14.8 x 10.6 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 199件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 12,068位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
「黒い家」に続き何を読もうかな・・・と思いこちらにいきあたりました。
いやー今回も文句なしに怖い。貴志さんの取材力に脱帽。
どんな道の話もスペシャリスト並みの深さで書いて頂けるので怖さが激増します。
いつもこちらが恥ずかしくなるような、いきなりその話振るの!?みたいな
恋のオハナシが来るのですが、今回はそれがむっちゃ怖い。気づいた主人公が偉すぎる。
なんにせよ、生命の危機を感じさせる仕上がりに今回も大満足です。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
※具体的な名前を出すのは避けますが、割とネタバレっぽくなっているので、未読者はご注意下さい。

文句なく面白く、1日で読破したが、振り返ると色々惜しい作品でもある。

一つには、ミステリ仕立ての煽り文の割に、謎の部分は冒頭部分からほぼ一目瞭然であり、
色々専門的な説明をされなくても、テラフォーマーズ辺りを普通に読んでれば「割とよくいるえげつない感じのアレなアレね」と想像がついてしまい、
後は人間ドラマくらいしか楽しめないという点がある。

ホラー度も「黒い家」などに比べると遥かに低く、セミナーが出てきた辺りで、制御不能な災厄という印象すら薄れ、人間に利用可能な程度の代物に化けの皮が剥がれまくってくる。

更にもったいないのが、セミナーの主催者が出てきた辺りで、
「必ずしもマイナスばかりではない可能性」が示されたにも関わらず、
結局そっちの方向には行かず、セミナーハウスやその後の展開で、その有益性は徹底的に否定される。

その辺まで来ると、もはや気になるのは主人公も犠牲になるのか、もしくは防ぎようもなく世の中に広がって行くのか、
という点くらいに絞られてくるのだが、まあそのラストについては言及は避ける。

というふう
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
貴志祐介は新世界よりから始まり、ほとんど読みました。読み始めると止まらなくなるので難儀しています。
貴志さんの発想はどこから生まれるのだろうと、いつも感心しています。おそらく昆虫好きで精神分析にも造詣がが深い方なのでしょう。
いずれにしても奇想天外なストーリーで読者を飽きさせません。ストーリー展開で?と思うところもありますが、そこはここまで読み手を夢中にさせる作品なのだからOKです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 tabineko 投稿日 2017/4/3
形式: Kindle版 Amazonで購入
序盤のメールのくだりを乗り切ることが大事。
最後の描写はリアルすぎてこわいです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
貴志さんの作品ははやり面白いですね。特にこういう作品はとても好きです。読み応えありました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 山崎 投稿日 2014/8/17
形式: Kindle版 Amazonで購入
十数年前に文庫で購入していましたが、本自体が遠い実家に置いてあるために最近読めなかったこともあり、久しぶりに読んでみたくなり、購入。やはり面白い。貴志さんの作品ではこれが一番細部にまでこだわって書かれてあるような気がします。最近の作品ももちろんおもしろいのですが、これは主観的と客観的な視点で描かれているバランスがとてもいいと思います。
また読み返したいと思います。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 匿名 投稿日 2013/5/20
形式: 文庫 Amazonで購入
まさかの展開で、
さすが貴志さんと思いました。
最後まさか涙が出るとは思いませんでしたが、
読んで損はないです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
「黒い家」、「悪の経典」、「新世界より」などなど、おおよそ貴志祐介氏の著書は読んできたが、中でもこれは会心の作品。
医学、動物学など丹念に良く調べ、バイオホラーとしてストーリーと内容を練りに練った力作。
この作品自体は古いようだが、作品ごとに顔を変える、著者の知識と探究心の広さには感服する。
ストーリーの先にあるものはだいたい想像できるが、ただの恐怖ではなく、人間の怖いけど先を知りたいという欲求が、次々とページをめくらせていき、ついにその先にある想像を超える衝撃は圧巻。
ファンならずとも、貴志氏ワールドをたっぷりと堪能できるおススメの本です。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
レビューは他の皆さんのおっしゃる通り、素晴らしくて少々気持ち悪い(苦笑)です。
でもなんでしょう。この後引く面白さ。読めば読むほど、新たな発見ができます。
はっきり言って一回読んだだけではこの本の面白さの半分も理解しきれないと思います。
私はこの本を購入したのが高校1年の時(16歳)でしたが、23歳になった今でも繰り返し読んでいます。
最初は文庫版しか持っていなかったのですが、新書版を買い直したくらいです!
それほどにのめり込ませるのは一体なんなのでしょうか。やはり貴志先生の手腕でしょうか。
一気読みさせるプロですよね!
でも、3作目でこの手腕。今後も楽しみにしていきたいです。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー