天使のくれた時間 デラックス版 [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 5,000
通常配送無料 詳細
発売元: 【送料無料】年中無休・即日配送
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

天使のくれた時間 デラックス版 [DVD]

5つ星のうち 4.5 198件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 4,300 通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、[春の売り尽くしSALE!!]free life styleが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)で天使のくれた時間 (字幕版)を今すぐ観る ¥ 300 より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【NBCユニバーサルストア】 -外国映画新着ニューリリースや『ブルーレイ2枚 3,090円』などユニバーサルの最新情報はNBCユニバーサルストアへ

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 天使のくれた時間 デラックス版 [DVD]
  • +
  • オーロラの彼方へ [DVD]
総額: ¥5,227
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ニコラス・ケイジ, ティア・レオーニ, ドン・チードル, ジェレミー・ピヴェン
  • 監督: ブレット・ラトナー
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ジェネオン エンタテインメント
  • 発売日 2004/11/25
  • 時間: 125 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 198件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000657NRW
  • JAN: 4988102035839
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 53,881位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   ウォール街の企業の社長として成功している男ジャックはクリスマスイブの夜に妙な黒人男と出会う。その翌朝目覚めると、13年前に別れたはずの恋人と家庭を築き、2児の父となった「もう1人のジャック」となっていた。自動車用品店での仕事、典型的な郊外住まいの隣人たち、そして妻や子どもがそばにいる暮らし。それまでの人生とはあまりにも違う生活だったが、その生活を続けるなかでジャックはあることに気付いていく…。
   前半部のあらすじだけを紹介すれば、「もしもあのとき別の選択肢を選んでいれば別の(もっとすばらしい)人生が待っていたのに」という決して目新しくない話のように思えるのだが、後半になって意外な展開となる。まったく別の人生を選択したはずの2人のジャックは、やがて「お互いに近づいていく」のだ。
   家庭での安らかな幸せと、仕事で認められ昇りつめる幸せ、人は必ずしも「どちらかを選ばなければならない」わけではなく、本人の志と努力次第でどちらも手に入れることができる。そんな非常にアメリカ映画らしいポジティブなメッセージがそこにはある。実はこの映画、ぱっと見の印象よりずっとヒネリが効いている。(安川正吾)

内容(「Oricon」データベースより)

「あの時違う決断をしていたら、今どうなっていたか」という誰もが考える事を題材にした恋愛ファンタジー。監督はブレット・ラトナー、出演はニコラス・ケイジ、ティア・レオーニほか。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Amazonビデオ Amazonで購入
こんな素敵な映画があったなんて知らなかった。

ニコラス・ケイジは彼独特の『濃厚さ』でどれもこれも同じような映画にしてしまうけど、この作品は彼の出演作品の中でいちばん良かった。
最初のほうで歌うジャック(ニコラス)の見事なオペラ、別の人生の中の友達も集まったパーティーでケイト(ティア)にささげるシャイなオールディーズナンバー「Lala Means I Love You」、この二つの対比をしてみてほしい。それだけでも価値がある。

「幸せ」っていったい何なのだろうってもう一度考えてみたり、人生の目的を見つめ直したり、自分が生きる力の原点に戻ることって、これから長い人生を歩んでいくのに絶対に必要なんじゃないのかなって思える映画だ。
人生にはいつも選択肢があり、僕たちの誰もがいま選んだその道を生きている。あの時別の道を選んでいたらと後悔したり逆に安堵したり、そんなタラレバを繰り返すのが人生だったりする。

だが、この映画はそうは言っていない。

取り返しも付かないのが人生だと諦めることはないってことだ。
あのときのあの気持ちにすっと戻れたら・・・それはほんの一瞬前のことのようにやり直しがきくってことに相違ないのだ。

いやー本当にいい映画だった。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
思いがけず良い映画に出会いました。

ストーリーは、富と名声を得た主人公が、過去の自分がくだした重大な選択肢のうち、もう1つの世界(可能性)へ行くといったファンタジーです。
おそらく誰もが一度は「あの時、あの決断をしておけば今は・・」など過去の自分の決断を省みたことがあるかと思います。
そんな普遍的な思いを「金」と「愛」を対象的に映しだしています。両方手に入れられれば苦労ないんですけどね・・

この映画の面白いポイントは、主人公がすでに富と名声を得ているところです。
しかし、愛する人も、愛される人もおらず、生活はパッとしません。中年の鬱状態をニコラス・ケイジが良い感じで演じます。
そして天真爛漫な愛する人を演じるティア・レオーニが可愛らしいです。

自分の人生を満たしてくれるモノとは?
そんな疑問をコメディタッチでシンプルに問いかけてくる良い作品でした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
評価に悩む映画です。サクセスストーリーの逆でしょうか。バリバリの企業経営者が、ある日、不思議な空間に移動。そこでは、初恋の女性との家庭があった。子供二人との4人家族。中流階級という所か。結局、主人公は、この家族を認めその中の幸せを感じてくるというストーリー。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
地位でもお金でもなく、本当に人を豊かにできるのは純粋な感情だということを教えてくれる映画です。
ここまで心を動かされた映画は初めてでした。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
40代前後の男性、特に、仕事や家庭で負担感が大きく、
この先の人生に新しい希望を見つけられず辛い精神状態になってしまった方にお勧めします。

ニュージャージーの親友が主人公に語る「中年の危機」の問題。
本作の主題は実はここにあるのではないかと感じました。
日本ではさほどなじみがありませんが、欧米で「Midlife crisis」はかなり一般的な概念のようです。

誰しも(特に男性は)40代くらいになると、仕事や家庭において背負う責任が非常に重くなり、
それらを投げ捨てることは現実的に許されない状況に陥る。
そして、この先の自分の人生はだいたい想像がついてしまい、
「本当にこれでよかったのか」「もっと違う生き方があったのではないか」と思い悩むようになる。
客観的に見ればそれぞれに魅力的な人生なのだけれど、自分の人生を客観視することは難しい。

本作では「天使」のはからいによって別人になり、それを客観視する機会を得て、より良い人生へ歩みだします。
ウォール街の社長が現実、ニュージャージーの小市民が空想として描かれていますが、
設定は逆であっても物語の主題は成立したと思います。

私自身、この映画を見て自分が「中年の危機
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー